スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和麻雀回顧録 第六話 「玄人の最期」



同シリーズ

第一話
第二話
第三話
第四話
第五話



217 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:48:37 ID:S5Id85ak

              __...__    _,,,,,_
            ,.‐';;; . : ::.::::.:´::::::::::::::::`''ー-、,
          ,.-';:;:;:;:;:; . : ::.::::.:´::::::::::::::::;;;;;;;;; `i、
        ,.-';:;:;:; . ..:::::;:;:;;;;;;;;:;:;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;::::::: .ヽ,
      ,.-'´;:;:;:;:;:; . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::`i
    ,.-'´;;;;;:;:;:;:;  . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;:::ヾ :::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::'i
    / . : ::.::::;;;;;;;;; ,- 、r'ヽ,;;;;;;:::::::::::`ヽ:::::::::::}::::::::::::::::::::::}
   r' . : ::.::::.;;;;;;;;:::{一 v-'´1;!ヽ!ヽ,;;}从:::,::::::::iΞ;;;;;;;;;;;;;;;:::}
   レ;;; . : ::.::::.:;;1;;;{ ,,,,,__,,,..};} } }/  jノl:::::ノ:Ξ::;;/^`i;;;;1
    { . : ::.::::.:;;;;;;!ヽ1           jノ `'ヽΞ;1l`i..};;j-‐-、
    ',;;;;;;;;;;; . : ::L   } i i:::.,,,,....-ー''''''ー-、,ノ ミ;|⌒〉 |;j_: : : `''一--、
    ヽ,;;;;;;;;;;;'t´-=-〈〃ヾ ヽ一=''-、_-、, _,, ミl`'';;)}|:::::::::'ー、 : : ::  `'、
     `ヽf`ヽヽ、_,--=〉;;:彡:::. `''ー一'" == . : `i、ノ `ヽ、:::i、 : : ::  : :
           l `''´;r'    `''-‐'´  : ::  ;;{     l::::i : : ::  : :
           | `'';;;|   __       :::,,,  ;;l . ..:、  l:::::!: : ::  : :
           i、 ;;;|    _}`''‐-='''' ̄l:   ;i . ..:.i  1:::::}: : ::  : :
         ,.-'´/ヽ、`''‐‐'´    ヽ,   j   ノ  . .l  1:::::i': : ::  : :  「ひ、久々に会ったってのに
       ,.-':::::::/::::::: `i _,,,.-='''" ,.'´;;;  ) ,.‐'  . ..〉 |:::::j: : ::  : :   随分と つ、冷てぇじゃねぇか、息子よう」
      /:::::::::: /::::;; : : :l ---ー一'´、  ノ/;;;;;; . ... ../ 1;;;:,': : ::  : :
     /::::::::::::/ : :;; : : : :`-、 .:.::. ..    /;;;;;;;;;; . .  ./ /:::::1: : ::: :
     /::::::::::::/ : :;; : : : ;;;;;;;;;!       ,く;;;;;;;;;;;; .   . / /:::::,': : :: : :
    ./::::::::::::/ : :;; : : : ;;;;;;;;::::`''--ー一'" `''ー .    / /::::::/: : :: : :




                  __
                  /    丶
               ヽ、 、__,ノ  `                「なぁにが息子だ!
                 (●)(●.) ノL|                テメェなんぞ親でもなんでもねぇわ!」
                    (_人_)  ⌒ |
                |}r┬‐|     |       __
                '、`⌒ ´   , ト、    _r┘ `ヽ、
                   | 、     ,イ//`ー‐ー-r'‐、'ヽ `、{
                `ォニニ二´/ィ : : : : : : { 、 `   |
                _/ /\  / : : : : : : : :ヽ,」    |、
                /:/|イ:::::/∨ : : l : : : : : : :/ :|    |、{
            r''/ : :| ./`Y / : : : 」 : : : : :: | /ゝ_,./ ノ:Y
            ノ/ : : :| i::::::|/ : :/ : : : : : : : 、 : :.〈── ´: : |
           / |./: : : :|/:::::/ : : : : : : : : : : : : .ヽ : :l : : : : : : : |


       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃                                        ┃
       ┃   「親に向かってなんて酷い事を言うんだ!」             ┃
       ┃   と憤る方もおられるかもしれない。                ┃
       ┃   しかし、実際 私と彼は親子でもなんでもないのである     ┃
       ┃                                        ┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


219 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:48:53 ID:S5Id85ak




                 ┏──────────────┓
                 │                      │
                 │      玄 人 の 最 期      │
                 │                      │
                 ┗──────────────┛



.



220 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:49:10 ID:S5Id85ak

         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃                            ┃
         ┃   私は妾(めかけ)の子であった。    ┃
         ┃                            ┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

           |::|:::::::::::::lゞー'゚          | | ::::::|:::|∧:::::::.
           l∧:::::::::::::ヘ   '        レ|:::::::j_/:::::ヽ ::::ヽ
            \::\:::: ゝ/ ̄ ̄`丶、_ /:: イ_:::::::::\::::\
                   ̄ ̄/         ̄}〃  ̄レ=―‐-、:::::\
                /          /||  /     \ ::::\
              /            /: || /        ヽ ::::::\
                /           /: :.ル′       o   ',::::::::::ヽ
             /               /: :.〃   ∨   o o  l::::::::::::::::.
               /             |: :〃  r勺'|フ' /      |:::::丶 :::::',
           /           |    | : /  ‘えVア /       .|::::::::::',::::::l
             /         {    |:./   Y了  / , -―‐- 、|:::::::::::i::::::|
          /             \   |/¬― ┴|-‐/'´     ∧::::::::::::::::|
            /          \    \. l|       | ノ      / ハ::::::::::::::|
          /l       \rー\     ヘ|――‐‐-/        ,'  }│ :::::::: |
       〈 │      (二    \   l|三三三/        |  /│ :::::::: |
       ヽ、|       ヽ-  /⌒>'´ ̄\ /        j/  l ::::::::::::|


              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              ┃                                      ┃
              ┃     父親はどこの誰かまったく知らない。           ┃
              ┃   物心がついた時から 一度も会ったことは無かった。   ┃
              ┃                                      ┃
              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


221 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:49:24 ID:S5Id85ak

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃                                                    ┃
      ┃  妾宅には使用人と思われる男が 毎月一回お手当を持って現れるのみ。  ┃
      ┃       思うに、父には母に対する愛情などは無かったのだろう。       ┃
      ┃                                                    ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                   ,、       ,、
                | \ ___/ |
                | /     \ |
                i.           i
              _.l           l
              ,. . .、:::::l  ⌒   ⌒  l:::::::;: : : . .、
            ィi: : : : ',::::::  ,--、  ,--、  :::/: : : : : iヽ
          i: : i: : : : :',:::::\   !   /:::/: : : : : i: : : !
         ,i: : : i: : : : .〉::::i ` 二 ´ i::::〈: : : : : :i: : : : !
         i: : : : i: /:::::::::i./{;.;.;.}\i:::::::::\: : :i : : : : i
          i: : : : : i: ',::::::::::::!. i;.;.;.;.!. !:::::::::::/: : :i: : : : : :l
         l: : : : : i::::',:::::::::::!. i;.;.;.;.;i !::::::::::/: : ::i: : : : : : l
          l: : : : : :i : :',::::::::::! i.;.;.;.;.;!!::::::::/: : : :i: : : : : : :.{
          l: : : : : :,、: : :',:::::::::!l.;.;.;.;.;!::::::/: : : : :t、: : : : : ::l
         i : : : : : | l: : : :',:::::::!;.;.;.;.i::::::/: : : : : :| } : : : : : l
        {: : : : : ´v: : : : :',::::::!;.;.;.!::::/: : : : : : :l/:`: : : : :|


        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                  ┃
        ┃  遊びで抱いた女が孕み、仕方なく妾として囲った。  ┃
        ┃       そんなところかもしれない。            ┃
        ┃                                  ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


222 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:50:10 ID:S5Id85ak

            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ┃                                              ┃
            ┃  昭和16年。第二次世界大戦が勃発したこの年に、母が病で死んだ。┃
            ┃                                              ┃
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


    . _,,,.. -ー''''"´                _,, ‐''゙´       _..-'"゛.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.,..-'"  .,..‐'゛
ー''''"´                     _,, ‐''"        _..-''.;.;.;.;.;.;.;".;.;.;.;_..-'"   .,..-'´
                    _,, ‐''"         _,, ‐'.;.;.;.;.;.;.;".;.;.;.;._..-'"   ._/゛    .,/ ,
             _,.. -'''"゛             _..-'"゛.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;._..-'"    ._/゛     /  .,/
'"゛         _,, -‐'"            _..-'".;.;.;.;.;.;.;゛.;.;.;.;.;,..-'"     .,..-'´     .,/  ,/
   ._,, ‐''"゛            _..-'"゛.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.,..-'"     ,/゛      /   . ,/
, ‐''"                 _..-'"゛.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;._..-'"     .,..-'´      .,/    ,/
                 _..-'"゛.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.,..-'"  ミ  .,/゛       /    ./
             ,.. ‐'″.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;_..-'"     ミ -'゛       ./゛    ,/
 __,,....;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;:.     〆´⌒`ゝ,      ../゛    ./
(    `゛¨ '' ‐- ...,, _. ..;.;.;.;.;.;:;.       (/ ´⌒`ヽ.ヽ    /゛    /    .
 ゛'' ..,,   (;;;;;;;;;;;;;)   .`゛¨ '' ‐ - ...,, _| l/"゙\l |/    _,,,,,,,,,,________ ./
,,./ '″  .゛''..`"'"´                 l. i .ハ /.l ̄ ̄ ̄        ,,,....,,,        ̄丶
.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;_..-'" .゛'゛¨ '' ‐- ...,, _..        l  i ./ /        __,,.. . (;;;;;;;;;;;;;):::_ ,,...-‐ ''
.;.;.;.;.;.;.;,..-'"         ゛'' ..,,.l        .l . ソ  /       i  _ ,,...-‐`"'"´´   /
._..-'"          _/゛     ∪゛'' ..,,... l    /   _,..-‐'∪'"~        ./   ./      ,i
      .;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;゛∥   /_,.-‐''~;:;:;:;:;:;:;:;:;::       /    ./      /
         /         ..;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;r[`'ヽ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::    /      /
      _/゛            ,.___| |  i/;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ,..-'´        ( ̄ ̄ ̄ ̄      | | /  ̄~~゛゛''''ー ...__
..,..-'゛  ,.:⌒ヽ    (.::  ̄~~゛゛ ''''''ー--´| |丶----  、____>
゛   .(.:::    '   (       ヽ.:⌒ヽ`"'"´         r´⌒ヽ.


        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                          ┃
        ┃          幼いころなのでよく覚えてないが、             ┃
        ┃   葬式等は父親の手筈で事務的に進められたのだと思う。    ┃
        ┃                                          ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


223 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:50:27 ID:S5Id85ak

           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ┃                                  ┃
           ┃     参列者に誰がいたのかも覚えていない。      ┃
           ┃     もしかしたら父親もいたのかもしれないが、    ┃
           ┃    名前も顔もわからないのではどうしようもない。    ┃
           ┃                                  ┃
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                          ┃                                            ┃
                          ┃   唯一覚えているのは、正妻と思われる女が私に投げかけた    ┃
                          ┃                                            ┃
                          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
         i: : ヽi: : : : ::i゙.i      、     i i: : :.i
       j: : : :}:i: : : : ::| i          ij: : : :i
         i: : : :/:i: : : : :i i    ,_、    /: : : i   「泥棒猫の子など、野垂れ死ねばいい」
      ./: : : : : |: : : : :i|` 、       ィ: : : : : :i
      /: : : : : :/i: : : : :i、  ` ァ-イ: : : : : : : :/
     ./: : : : :>'´i: : : : |ヘ   /i \: :/i: : : : i
     /: : :>'   i: : : : | ヽ、 } |   |`ヽ|: : : :i
   /: /      i : : : |  .ヘ∨.i  i  .|: : : i
   .i/       |: : : :|    `く}  i  .|: : :.iヽ、
   /         j .i: : : :ト、    i  i   |: : :i  ヽ
  ./        / i: : : :| ヽ  /  i.  |: : i    ';
  { ´`ヽ、    /  i: : : |  ヽ {    i  .|: :/    }


               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               ┃                                ┃
               ┃    という呪詛めいた言葉だけであった。   ┃
               ┃                                ┃
               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


224 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:51:20 ID:S5Id85ak

        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                        ┃
        ┃      私は、正妻宅へ引き取られることは無かった。      ┃
        ┃       「死んだのならもう金を渡す義理は無い」        ┃
        ┃  とばかりにお手当は打ち切られ、妾宅は引き払われた。   ┃
        ┃                                        ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                            ノ 、 、
                            。゜○ ○))。゜。
                         0 (人__) | ο
                          /^)  .ノ
                           ヽ   ヽ
                         |   | |
                         ゝl  lし'
                              `(_ノ


        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                                ┃
        ┃  頼れる親戚等もおらず、幼くして天涯孤独の身となったのである。   ┃
        ┃                                                ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


225 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:51:45 ID:S5Id85ak

        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                            ┃
        ┃   浮浪者同然の生活をしていた時に現れたのがこの男だった。   ┃
        ┃                                            ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

         _,,、r-''¨::´:::::::::::`::`''-、_
      ,rー-´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
   /¨{:::、::::、:::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 _,,r':::;:::::ヽ::ヽ::ヽ:::';::';::i:::i、、、;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::i,
 .〃/:::::::::::i:;、:ヽ、i;;;|:;i:::!::|ミミミミミメ、、:::::::::::::::::i
  i{ |:;i:;i!:::::i!´i::/ i! .!`|::!::iミミミミミミミミメ、:::::::::|
 . ゙ .i! ! .∨ .!'_,,,,、 ' !'|/ ミミミrー''、ミミミミミメ、!
     ヽゝェチ'´``,    ミミi´./.~ iミミミミミミ!
      'i` .ィェァ '    ミ' .〈ヘ~ .}\ミミミミ!``ヽ
      i´  ー '´    .'  〈'´ ./ ,  `ヽ、ミミメ  ヽ
      .j  ,,、        'ーi!'´ .i     7   ヽ
     .(_,,、r-'`ヽ、 ''i!´    .! .i l    ./
        L,rェュ、 ',  '     !  .! !   ./  .,         「おいガキ。俺の仕事を手伝うか?
         (二,r'ヽ     /   |    /  ./  .,        そしたら飯をたらふく食わせてやる」
          !     ィ´    !   /   /  ./
         ゝ、  ,ィ' .ゝ、     /    /  /
            ̄ /   7ァ   /    ./  /
             ./   /''!´  ./    /  /  .,
            /    ,i .!,r'7´   ./  .'  j





     ./ ̄ ̄\
     /  ⌒ ⌒
    |     ● ●
    |.⊂⊃(__人_.)
  /⌒ヽ   '、_ノ.||/⌒i
  \  ヽ,_   _ノ/  /
  人l||l       |l||l 从 バンバン
  ( ⌒ )      ( ⌒ )


                      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                      ┃                                  ┃
                      ┃  飯と聞いて私は 一も二もなく飛びついた。  ┃
                      ┃                                  ┃
                      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


226 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:51:57 ID:S5Id85ak

        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                          ┃
        ┃     元々はサイコロ賭博で食っていた男だったが、       ┃
        ┃  今後は麻雀が流行ると見て その相方を探していたらしい。  ┃
        ┃                                          ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

            、_x ≦ ̄ ̄ `ヽ
         ー=≠´         ヽ
         ,イ/ ∠__ ヽヽヽ`ヽ三ミヾ!
        /{ /{{-- jナナノ 川三ミミj
         {({二{ ≠、_jノノハア^Y
             に・(_`ー=・ァー jノ|ノj|__
           (..:|  、`='´ / Lノ\}ヽへ、     「とりあえずひと通りルールと役を覚えろ。
            ヽfrr┘`'ー ': : } 、 }  ` \__    打つのは俺だから大まかでいい」
              {にニ> : : }/  ∨!    ∨^}‐- .._
            //ノ「: : : : //  ノ/ |     /     >、
           / // `77{´\  /{  |    |}   /   \
.         / /   〃 ト、 ∠厶  }    |/   /ハ


           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ┃                                                ┃
           ┃   麻雀などやったことは無かったが、飯のために私は必死で覚えた。   ┃
           ┃                                                ┃
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


227 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:52:19 ID:S5Id85ak

        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                    ┃
        ┃  そうして息子と称して私を雀荘に連れていき、   ┃
        ┃      敵の手を通させていたのである。       ┃
        ┃                                    ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

              __...__    _,,,,,_
            ,.‐';;; . : ::.::::.:´::::::::::::::::`''ー-、,
          ,.-';:;:;:;:;:; . : ::.::::.:´::::::::::::::::;;;;;;;;; `i、
        ,.-';:;:;:; . ..:::::;:;:;;;;;;;;:;:;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;::::::: .ヽ,     「すんません、私が打っている間、
      ,.-'´;:;:;:;:;:; . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::`i     ちょっと息子を店内に置かせておいてくれませんかね?
    ,.-'´;;;;;:;:;:;:;  . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;:::ヾ :::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::'i     おとなしい子だから邪魔にはならんと思いますんで」
    / . : ::.::::;;;;;;;;; ,- 、r'ヽ,;;;;;;:::::::::::`ヽ:::::::::::}::::::::::::::::::::::}
   r' . : ::.::::.;;;;;;;;:::{一 v-'´1;!ヽ!ヽ,;;}从:::,::::::::iΞ;;;;;;;;;;;;;;;:::}
   レ;;; . : ::.::::.:;;1;;;{ ,,,,,__,,,..};} } }/  jノl:::::ノ:Ξ::;;/^`i;;;;1
    { . : ::.::::.:;;;;;;!ヽ1           jノ `'ヽΞ;1l`i..};;j-‐-、
    ',;;;;;;;;;;; . : ::L   } i i:::.,,,,....-ー''''''ー-、,ノ ミ;|⌒〉 |;j_: : : `''一--、
    ヽ,;;;;;;;;;;;'t´-=-〈〃ヾ ヽ一=''-、_-、, _,, ミl`'';;)}|:::::::::'ー、 : : ::  `'、
     `ヽf`ヽヽ、_,--=〉;;:彡:::. `''ー一'" == . : `i、ノ `ヽ、:::i、 : : ::  : :
           l `''´;r'    `''-‐'´  : ::  ;;{     l::::i : : ::  : :
           | `'';;;|   __       :::,,,  ;;l . ..:、  l:::::!: : ::  : :
           i、 ;;;|    _}`''‐-='''' ̄l:   ;i . ..:.i  1:::::}: : ::  : :
         ,.-'´/ヽ、`''‐‐'´    ヽ,   j   ノ  . .l  1:::::i': : ::  : :
       ,.-':::::::/::::::: `i _,,,.-='''" ,.'´;;;  ) ,.‐'  . ..〉 |:::::j: : ::  : :
      /:::::::::: /::::;; : : :l ---ー一'´、  ノ/;;;;;; . ... ../ 1;;;:,': : ::  : :
     /::::::::::::/ : :;; : : : :`-、 .:.::. ..    /;;;;;;;;;; . .  ./ /:::::1: : ::: :
     /::::::::::::/ : :;; : : : ;;;;;;;;;!       ,く;;;;;;;;;;;; .   . / /:::::,': : :: : :
    ./::::::::::::/ : :;; : : : ;;;;;;;;::::`''--ー一'" `''ー .    / /::::::/: : :: : :


228 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:52:38 ID:S5Id85ak

                    ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
                    ┃                      ┃
                    ┃   これは存外うまくいった。   ┃
                    ┃                      ┃
                    ┗━━━━━━━━━━━━━━┛

     ./ ̄ ̄\
     /   ― ―
    |     ● ●
    |.⊂⊃(__人_.)    (対面の手は二萬五萬待ち、
    |    n,っ |      上家は中単騎だよ!)
   ノヽ,_  / /_ノ
   (  m/  ノi  )
   乂_  イ _ノ




                       __
                     .<////////`ー─--、
                     ノ////////////////////\
           `=-<////////////////////////∧
              >////////////////////////////∧
             ///////////癶 VVV/⌒ヽヽ////////}
              |//〃//////〃  ヽV/    } }/////// }
              |//{{///|////{         / レ///////}     (お、そうか!)
            \ハ,///∧//ゝ      ´ ` / ノイ///⌒Yj:
                八/{  ゝ    ノ  癶、   /// j⌒Y}:::,
              ゝ }`≦ニニフ  /`ゝ 二二ノ/ { 〉 /::::',\
                  /Υ ゝ `=' ゝ 、ノ `≠^フ } / ∧::::::, \
               /   | `--‐ i  ` `-‐  〉   / ',:::::|   |\
              /    |\   、}  、    /  Y   ,::::|  | \
           //    /::::::}  / `ヽ イゝ、 / } ;:;:|     ::|  !
          /:::/ /   ,':::::::∧;:`ヾー====イ / /:;:/    :::|
       /::::::/ /   {:::::::j ゞ、 ゝエエエエイ   //     i:|
     /:::::::::/ ,'    }:::::{   ヽ `ー=‐≠  ,イ      '::|     !
    /:::::::::::::,'    / ̄ ̄\   ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ;/      '::::|     |
  /:::::::::::::::::i   /  ノ⌒ヽ \  ` -──'’ .:     '::::::::|     |

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃                                                ┃
      ┃ なにしろ、当時麻雀のイカサマといえば積み込みや左手芸といった、  ┃
      ┃       自分一人でやるものがほとんどである。                 ┃
      ┃                                                ┃
      ┃       相方を作って二人で稼ぐという手段は珍しい。           ┃
      ┃      ましてや子供を使うなんて方法は尚更だ。              ┃
      ┃                                                ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


229 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:52:54 ID:S5Id85ak

            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ┃                                    ┃
            ┃  だが、二人の仲は数ヶ月の間だけであった。   ┃
            ┃                                    ┃
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                    ,.ィ  , -''7 ,.ィ
             ,.イ ./ l/   ,'/ |  ,
            ,ィ ./ l/   "    "   レ' |
        / l/                  レ1
          i           ,.、       ,'ィ
          .|ヽ  /^ヽ._./  \       /ィ
         |   /_       l  __ヽ      /
          |ヽ  l‐-゙ニユ  Lニギ-‐'7.    "7
         ゝ   :!=。=、  ,,=。== | r=、  ∠_,
          ゝ  l ー-/   ーr '´ :l:|f‐リ   _/
           ヽ   l/ 7 ̄_ , |   |L:ソ  _,フ
          \  l ‘"____,  /l   _フ
          ,>、l   __   V: | _,ラ\_
     _,,.. -‐''/,r ,. l     ヽ/::  「  、 ヽ ヽ.  ̄
  ,ィ''"    / / / /:l___/::  /シ、 ヽ.ヽ. ヽ
 / |    / /' / ,イ.l:キ::::::::::::: /ツ" ト、  l i l


          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃                                  ┃
          ┃   ある日、格上の玄人集団にぶち当たった。   ┃
          ┃                                  ┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


230 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:53:16 ID:S5Id85ak

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃                                                  ┃
       ┃彼らも父と同じく、複数人で稼ぐ強さに いち早く注目していた者達だった。 ┃
       ┃                                                  ┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


       , '"  ̄` ー''⌒ヽ、
    /           \
.   /               ヽ
   l       ,ィ j`ヘ. ハ .、   l
  │    ,.ィノ-jノ  lノ-リ‐l  N
.   |. r'コ.r'=ヒァ= _ ;セァ=:|nノ
    l |.ヒ|.| `ー- '  / ー ' :||.|
.    l. ヽl| u'     冫   :ル'                      __、-、ーv‐;z._
    ヽ ト.、  'ー----   /″                     ≧ ,、,、,、,、  ´ヽ
   /ヽ|. \  ー  ,:く                       ヾ''く´u   _,.>''ァ !
-‐''"|:.:.:.:.:ト、   \._. イ:.:.:.|`''ー-                      /ヽ,_ll l[,.. ‐''´/ :|
:.:.:.:.:| .:.:.:.:| \ ,⊆ニ_ヽ、|:.:.:.:.:.                     「||lii;,jニ「|llii「 jTfヽ|
:.:.:.:.|:.:.:.:.:.|.   / r─--⊃、.:.:.:                    !ー‐'.へ `ー‐ ' |Lソj
:.:.:. |:.:.:.:.:.| ,.イ   `二ニニうヽ.:.::                    |u ー─一  ト、 ハ
                                      __,.ヘ.' '  ̄ ' ' ' 'ノ .ソ:::::}ー-
                                       {::::::l ̄ ̄ ̄ /:::/
                                        \:lー---‐ァ'::/
                                    {|',',',',',',|}´  ,_,‐z._
                                         {|,',',',',',|}   'ァ ;‐-、ヽ

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃                                                ┃
       ┃   相手が全員玄人で、尚且つ組んでいたと気づいた時にはもう遅かった。    ┃
       ┃                                                ┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


231 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:53:30 ID:S5Id85ak

        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                                  ┃
        ┃   しかも皆 巧妙に牌を伏せ、後ろで見てる私にわからないようにしていた。   ┃
        ┃                                                  ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

     ./ ̄ ̄\
     /U ノ  ヽ
    |     ● ●
    |.⊂⊃(__人_.)      (うう……肝心な部分だけ伏せられてる……
    |    `⌒´|        あれじゃ何待ちかわからないよ……)
    ヽ,_    i⌒ヽ
   r'~     λ  )
  /         }  }




                    ,.ィ  , -''7 ,.ィ
             ,.イ ./ l/   ,'/ |  ,
            ,ィ ./ l/   "    "   レ' |
        / l/                  レ1
          i           ,.、       ,'ィ
          .|ヽ  /^ヽ._./  \       /ィ
         |   /_       l  __ヽ      /
          |ヽ  l‐-゙ニユ  Lニギ-‐'7.    "7
         ゝ   :!=。=、  ,,=。== | r=、  ∠_,
          ゝ  l ー-/   ーr '´ :l:|f‐リ   _/
           ヽ   l/ 7 ̄_ , |   |L:ソ  _,フ      (ふふっ……)
          \  l ‘"____,  /l   _フ
          ,>、l   __   V: | _,ラ\_
     _,,.. -‐''/,r ,. l     ヽ/::  「  、 ヽ ヽ.  ̄
  ,ィ''"    / / / /:l___/::  /シ、 ヽ.ヽ. ヽ
 / |    / /' / ,イ.l:キ::::::::::::: /ツ" ト、  l i l


              ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
              ┃                                                    ┃
              ┃          普通なら子供など警戒するはずもないが、                 ┃
              ┃   もしかしたら子連れの玄人の噂は 意外と知られていたのかもしれない。 ┃
              ┃                                                    ┃
              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


232 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:53:42 ID:S5Id85ak

                  ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
                  ┃                        ┃
                  ┃    父は、したたかに負けた。    ┃
                  ┃                        ┃
                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛

         _,,、r-''¨::´:::::::::::`::`''-、_
      ,rー-´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
   /¨{:::、::::、:::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 _,,r':::;:::::ヽ::ヽ::ヽ:::';::';::i:::i、、、;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::i,
 .〃/:::::::::::i:;、:ヽ、i;;;|:;i:::!::|ミミミミミメ、、:::::::::::::::::i
  i{ |:;i:;i!:::::i!´i::/ i! .!`|::!::iミミミミミミミミメ、:::::::::|
 . ゙ .i! ! .∨ .!'_,,,,、 ' !'|/ ミミミrー''、ミミミミミメ、!
     ヽゝェチ'´``,    ミミi´./.~ iミミミミミミ!
      'i` .ィェァ '    ミ' .〈ヘ~ .}\ミミミミ!``ヽ
      i´  ー '´    .'  〈'´ ./ ,  `ヽ、ミミメ  ヽ
      .j  ,,、        'ーi!'´ .i     7   ヽ    「ちっ。悪ぃがちょっと金が足りねぇ。
     .(_,,、r-'`ヽ、 ''i!´    .! .i l    ./         取りに行ってくるから待っててくれや」
        L,rェュ、 ',  '     !  .! !   ./  .,
         (二,r'ヽ     /   |    /  ./  .,
          !     ィ´    !   /   /  ./
         ゝ、  ,ィ' .ゝ、     /    /  /
            ̄ /   7ァ   /    ./  /
             ./   /''!´  ./    /  /  .,




                       __
                     .<////////`ー─--、
                     ノ////////////////////\
           `=-<////////////////////////∧
              >////////////////////////////∧
             ///////////癶 VVV/⌒ヽヽ////////}
              |//〃//////〃  ヽV/    } }/////// }
              |//{{///|////{         / レ///////}
            \ハ,///∧//ゝ      ´ ` / ノイ///⌒Yj:
                八/{  ゝ    ノ  癶、   /// j⌒Y}:::,
              ゝ }`≦ニニフ  /`ゝ 二二ノ/ { 〉 /::::',\       「なぁに、逃げやしねぇよ。
                  /Υ ゝ `=' ゝ 、ノ `≠^フ } / ∧::::::, \      息子を置いておくからよ」
               /   | `--‐ i  ` `-‐  〉   / ',:::::|   |\
              /    |\   、}  、    /  Y   ,::::|  | \
           //    /::::::}  / `ヽ イゝ、 / } ;:;:|     ::|  !
          /:::/ /   ,':::::::∧;:`ヾー====イ / /:;:/    :::|
       /::::::/ /   {:::::::j ゞ、 ゝエエエエイ   //     i:|
     /:::::::::/ ,'    }:::::{   ヽ `ー=‐≠  ,イ      '::|     !
    /:::::::::::::,'    / ̄ ̄\   ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ;/      '::::|     |
  /:::::::::::::::::i   /  ノ⌒ヽ \  ` -──'’ .:     '::::::::|     |


233 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:53:54 ID:S5Id85ak

        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                        ┃
        ┃  しかし、それから何時間経っても 父は戻ってこなかった。  ┃
        ┃                                        ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

          ,.ゞ ̄ `ヽ,. -‐;z..__
           /         ′ <
          /              \
        i         , ノ'ヘ    l
.        l       ,.ィ /|./ u│ハi、 |
       |      /‐l/、'   ,レ-'‐W
.      | r=、 r' ====`   ,'===/
.        | {にl |  `゚ー '  /゚-‐7
.     /| ヾ=lノ ij     u  ̄//      「あのおっさん、帰ってこないですね……」
    _/‐|  / ヽ.   ⊂ァー--〈、
 ¨  ̄ l=|/    \  l ',二二}j
 : : : : |=|ヽ.       \|,'  ;‐─{、
 : : : :.|=|  \     ,_l ,'   lニン : `丶
  : : : |=|、   \ _//,ヽ.___ノイ: : : : :
  : : : |=|::\  ,.イoト〈/./ /.//: : : : : :





     ./ ̄ ̄\
     /  ノ  ヽ
    |     ○::::○
    |.⊂⊃(__人_.)
    |    `⌒´|
    ヽ,_    _ノ


                    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                    ┃                            ┃
                    ┃  私は、捨てられたのだと悟った。    ┃
                    ┃                            ┃
                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


234 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:54:19 ID:S5Id85ak

        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                                ┃
        ┃                 私は泣いた。                        ┃
        ┃  雀荘で金を払えない奴が ボコボコにされるのを何度も見てきた。  ┃
        ┃      自分も、同じような目にあうのだろうと思った。           ┃
        ┃                                                ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

     ./ ̄ ̄\
     /  ノ  ヽ
    |  。o゚> <゚o
    |.⊂⊃(__人_.)
    |    `⌒´|
    ヽ,_    _ノ

            ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
            ┃                                        ┃
            ┃   だが、そんなことよりも、捨てられたのが悔しくて泣いた。   ┃
            ┃       私は父の相棒のつもりであったが、              ┃
            ┃   彼にとって私は 単なる使い捨ての道具だったのだ。     ┃
            ┃                                        ┃
            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


235 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:54:37 ID:S5Id85ak

   __、-、ーv‐;z._
  .≧ ,、,、,、,、  ´ヽ
 ヾ''く´u   _,.>''ァ !
  /ヽ,_ll l[,.. ‐''´/ :|
 「||lii;,jニ「|llii「 jTfヽ|     「ボウズ、とうちゃんのいる場所わかるか?」
  !ー‐'.へ `ー‐ ' |Lソj
  |u ー─一  ト、 ハ
__,.ヘ.' '  ̄ ' ' ' 'ノ .ソ:::::}ー-
 {::::::l ̄ ̄ ̄ /:::/
  \:lー---‐ァ'::/
    {|',',',',',',|}´  ,_,‐z._
   {|,',',',',',|}   'ァ ;‐-、ヽ




     ./ ̄ ̄\
     /  ノ  ヽ
    |  。o゚> <゚o
    |.⊂⊃(__人_.)       「とうちゃんなんかじゃない……!
    |    `⌒´|        あいつはボクのとうちゃんじゃない……!」
    ヽ,_    _ノ


             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             ┃                                          ┃
             ┃       私は、天涯孤独の身の上だということ、          ┃
             ┃      宿を点々としていたので 特に家は無いこと、          ┃
             ┃   そのため男の居場所もわからないことを 玄人達に告げた。  ┃
             ┃                                          ┃
             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


236 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:54:49 ID:S5Id85ak

           ,ィ  ,.イ   ,.イ  _,,
.        .、 / | / | / .レ'' / ,.ィ
        、 | ヽ!   ′ ´   ′ '" レ!
        | ヽ|              │
        lヽ|                 レ1
.       |      ./´\__,/\     ./_,
.      |\     ./_     i _,ゝ     '"/
       .|      /`'-ニ_┐ r,キ‐''´!   ∠ィ
       .|ヽ  r=!| =tr=゙  =tf= :|r=、  ノ
       ト   {h|| `ー l.i  T´ u.||hリ ‐'フ
       ヽ  ヾl| /' 、廾,、  \ |!ノ .∠       「薄々わかってたが、やっぱそういうことだったのか……」
           ゝ、,._V' ヾニニニつ  /i`''<´
       _/ ;;'' |:ヽ   --  ヽ/ ;|   ヽ_
  , -‐_''.二/  ;   |::::ヽ.    ./ .;|    l_  ̄
,イ ̄    /  '    |:::::::`ー─ '   |    |   ̄
  'ー- 、'   ,. -‐、|、::::::::     ,レ-‐-、  |


237 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:55:02 ID:S5Id85ak

          ,.ゞ ̄ `ヽ,. -‐;z..__
           /         ′ <
          /              \
        i         , ノ'ヘ    l
.        l       ,.ィ /|./ u│ハi、 |
       |      /‐l/、'   ,レ-'‐W
.      | r=、 r' ====`   ,'===/
.        | {にl |  `゚ー '  /゚-‐7
.     /| ヾ=lノ ij     u  ̄//     「どうします……?」
    _/‐|  / ヽ.   ⊂ァー--〈、
 ¨  ̄ l=|/    \  l ',二二}j
 : : : : |=|ヽ.       \|,'  ;‐─{、
 : : : :.|=|  \     ,_l ,'   lニン : `丶
  : : : |=|、   \ _//,ヽ.___ノイ: : : : :
  : : : |=|::\  ,.イoト〈/./ /.//: : : : : :




                    ,.ィ  , -''7 ,.ィ
             ,.イ ./ l/   ,'/ |  ,
            ,ィ ./ l/   "    "   レ' |
        / l/                  レ1
          i           ,.、       ,'ィ
          .|ヽ  /^ヽ._./  \       /ィ
         |   /_       l  __ヽ      /
          |ヽ  l‐-゙ニユ  Lニギ-‐'7.    "7
         ゝ   :!=。=、  ,,=。== | r=、  ∠_,
          ゝ  l ー-/   ーr '´ :l:|f‐リ   _/     「どうするったって、ガキを殴るわけにもいかねーだろう。
           ヽ   l/ 7 ̄_ , |   |L:ソ  _,フ       殴って金が取れるわけでもないしな」
          \  l ‘"____,  /l   _フ
          ,>、l   __   V: | _,ラ\_
     _,,.. -‐''/,r ,. l     ヽ/::  「  、 ヽ ヽ.  ̄
  ,ィ''"    / / / /:l___/::  /シ、 ヽ.ヽ. ヽ
 / |    / /' / ,イ.l:キ::::::::::::: /ツ" ト、  l i l


238 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:55:17 ID:S5Id85ak

        __   __
    /    `´ -=`
    /          ヽ
   l      /ヽ   ヾ`
   |   ノレナメ |j-レリ トl
  │fr|.代。ラ 〈。ラレ
  │ゞ||  u  7 /
.   | /\ ⊂ニ⊃/       「いや、そうじゃなくてこの子……」
-‐f´|/   \  /__
:::::|=|       `i=|::::::::::::::
:::::|=|ヽ    /|=|::::::::::::::




         /∨
        |∨
       |  ヘ_ ノ⌒
       | /ヽ .u .//_|
      | | \|| ||/|| |
       |. |== ) === | |⌒
       .|[|-・'/=-・-'u.| |))|  /
       | .| / _ 、    ||`‐' /       「ん……?あ、あー……そうか……」
        | | ──¬  、/  /
         |  =. ̄ 、/\/
       _ |___ / /|⌒ヽ_
 _._._._  / |  /\  /  |  /


239 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:55:28 ID:S5Id85ak

               __
 .           , イ, ''" ,∠-‐ '',Z.._
          /  ′       ′ ∠__
 .     /l/             ′,∠,
     /         ,.、           /
 .    ト'  ,.へ.__, ‐'´  ヽ       '7
    l 、/ u     | _,⊥       /
     |`テニ'_┐ iir _',ニ-‐''1     'ィ
 .    ! l=。ミ′‘≦。= = r',.-、   /
     ! l` ‐;Z..__゙ ーr '´v|.|^!.|   ,/
     ヽl/ __-, u  l ij |ノ_'ノ   /       「しょうがねぇな……
       ゙T ───- ヽ∧    ∧        おい、ボウズ……!」
      ,/!  ‐一   /. ヽ  ∧ ヽ._
 ,, -‐''7 /.!     v  V.    \∧ ヽ. ヽ
     / / └;┬──'     ,.くト、ヽ i |
    i  i i l |>、      ,.く.>'l. l. | | |
 .   | │ l | トニゝ    /ニ/ |  |. | | |




     ./ ̄ ̄\
     /  ノ  ヽ
    |  。o゚> <゚o
    |.⊂⊃(__人_.)
    |    `⌒´| グスッ
    ヽ,_    _ノ


240 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:55:40 ID:S5Id85ak

       ./ |/                           ::/
       /                              :/
      /                _, へ、             / /
    |\|     ,ヘ.       __,-‐'   ::::\           //:/
  . |    ./' ヽ    __,-'      :::::\            /
    |.    /    \_, ‐'      |     ::::\         / /
  . l\  ヾ`ヽ、            ∥__,-‐' 〃::::::>       /:/
   |    ./\::\         __,-‐' __,-''"::::/          :/
  . |.... l.  \: \   _,-‐'  _,ll‐'  ::::/          :/
   |  | ___\:||  |||::_二____ ::|  /⌒.i       /
    |  |  ̄ ̄o ラ  ≡ ̄ ̄ ̄ ̄o ̄ ::|: |l⌒l:|      /
     |   | ` ‐-‐'/,:::::   ` ‐---‐ '´   ::| ||⌒|:|     :/
     |....| -‐/===--    ∥    ::|: |l⌒l:|     /
     |...| :/,:::::::::::::      |     :::|::||ノ丿    :/
  .     l.  | /,::::::::::::_::)         ::::::|:|-‐'    :/       「麻雀、できるんだろう……?
        l. (.:: '           , \::::::/|\    :/\        俺達の仲間になるか……?」
        ヽ |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   :\/: '\    l  :\__
  .       /ヽ|  /  __      :::::/::   \  l  ヽ. ヽ ─
  .   _/   |〃    ::::::::     ::::/::     \l ヾ ヾ  :l_
    ─ / /  |          \/:::     // | ::|   |
  .  _/ /: /: |          ::/:::     /ll/| :|  :|  |
     / /:: /:   l______/::::    /lll/ | ::|  :|  |
    / /:: /::  /|lll\::::::::::::    /llll/  |  :| :::|  |







                  ./ ̄ ̄\
                  /u ノ  ヽ
                 |    ○三○
                 |.⊂⊃(__人_.)
                 |.    |r┬|.|      「えっ……?」
                 ヽ,_   `ー'ノ


241 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:55:57 ID:S5Id85ak

           ,ィ  ,.イ   ,.イ  _,,
.        .、 / | / | / .レ'' / ,.ィ
        、 | ヽ!   ′ ´   ′ '" レ!
        | ヽ|              │
        lヽ|                 レ1
.       |      ./´\__,/\     ./_,
.      |\     ./_     i _,ゝ     '"/
       .|      /`'-ニ_┐ r,キ‐''´!   ∠ィ
       .|ヽ  r=!| =tr=゙  =tf= :|r=、  ノ
       ト   {h|| `ー l.i  T´  ||hリ ‐'フ      「俺達はお前を使い捨てたりはしない……!
       ヽ  ヾl| /' 、廾,、  \ |!ノ .∠        だが、子供扱いもしない……!
           ゝ、,._V' ヾニニニつ  /i`''<´        一人の人間として、玄人として扱う……!」
       _/ ;;'' |:ヽ   --  ヽ/ ;|   ヽ_
  , -‐_''.二/  ;   |::::ヽ.    ./ .;|    l_  ̄
,イ ̄    /  '    |:::::::`ー─ '   |    |   ̄
  'ー- 、'   ,. -‐、|、::::::::     ,レ-‐-、  |




               __
 .           , イ, ''" ,∠-‐ '',Z.._
          /  ′       ′ ∠__
 .     /l/             ′,∠,
     /         ,.、           /
 .    ト'  ,.へ.__, ‐'´  ヽ       '7
    l 、/ u     | _,⊥       /
     |`テニ'_┐ iir _',ニ-‐''1     'ィ
 .    ! l=。ミ′‘≦。= = r',.-、   /
     ! l` ‐;Z..__゙ ーr '´v|.|^!.|   ,/
     ヽl/ __-, u  l ij |ノ_'ノ   /         「それはもしかしたら、普通の生活よりもずっと厳しいかもしれない……
       ゙T ───- ヽ∧    ∧          それでもいいなら、俺達と来い……!」
      ,/!  ‐一   /. ヽ  ∧ ヽ._
 ,, -‐''7 /.!     v  V.    \∧ ヽ. ヽ
     / / └;┬──'     ,.くト、ヽ i |
    i  i i l |>、      ,.く.>'l. l. | | |
 .   | │ l | トニゝ    /ニ/ |  |. | | |





     ./ ̄ ̄\
     /u ノ  ヽ
    |    ●三●
    |.⊂⊃(__人_.)
    |.    |r┬|.|
    ヽ,_   `ー'ノ


                       ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
                       ┃                        ┃
                       ┃   私は、その誘いを受けた。     ┃
                       ┃                        ┃
                       ┗━━━━━━━━━━━━━━━┛


242 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:56:13 ID:S5Id85ak

          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃                                      ┃
          ┃   私の玄人としての技術は この師匠から全て習った。  ┃
          ┃   師匠が関東でもトップクラスの玄人だったというのは    ┃
          ┃     私にとって、とても幸運な事だったであろう。        ┃
          ┃                                      ┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

       ./ |/                           ::/
       /                              :/
      /                _, へ、             / /
    |\|     ,ヘ.       __,-‐'   ::::\           //:/
  . |    ./' ヽ    __,-'      :::::\            /
    |.    /    \_, ‐'      |     ::::\         / /
  . l\  ヾ`ヽ、            ∥__,-‐' 〃::::::>       /:/
   |    ./\::\         __,-‐' __,-''"::::/          :/
  . |.... l.  \: \   _,-‐'  _,ll‐'  ::::/          :/
   |  | ___\:||  |||::_二____ ::|  /⌒.i       /
    |  |  ̄ ̄o ラ  ≡ ̄ ̄ ̄ ̄o ̄ ::|: |l⌒l:|      /
     |   | ` ‐-‐'/,:::::   ` ‐---‐ '´   ::| ||⌒|:|     :/
     |....| -‐/===--    ∥    ::|: |l⌒l:|     /
     |...| :/,:::::::::::::      |     :::|::||ノ丿    :/
  .     l.  | /,::::::::::::_::)         ::::::|:|-‐'    :/
        l. (.:: '           , \::::::/|\    :/\
        ヽ |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   :\/: '\    l  :\__
  .       /ヽ|  /  __      :::::/::   \  l  ヽ. ヽ ─
  .   _/   |〃    ::::::::     ::::/::     \l ヾ ヾ  :l_
    ─ / /  |          \/:::     // | ::|   |
  .  _/ /: /: |          ::/:::     /ll/| :|  :|  |
     / /:: /:   l______/::::    /lll/ | ::|  :|  |
    / /:: /::  /|lll\::::::::::::    /llll/  |  :| :::|  |


      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃                                                  ┃
      ┃          師匠の名前は伏せるが、昭和初期に名の知れていた            ┃
      ┃               ”二の二の柴久”こと大柴久作や                  ┃
      ┃  ベタ師の六郎 通称”ベタ六”こと剣崎六郎に匹敵する玄人だった、といえば    ┃
      ┃     その当時を知る人なら「もしやあの人では」と思いつく程の人である。    ┃
      ┃                                                  ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


243 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:56:42 ID:S5Id85ak

               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               ┃                                                ┃
               ┃  その後 師匠は終戦後、麻雀不況が訪れると麻雀にあっさり見切りをつけ、  ┃
               ┃          稼いだ金を持って田舎に引っ込んでしまった。             ┃
               ┃                                                ┃
               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


                    / ̄ ̄\
                  /   ,ノ ヽ、_
              |    ( ●)(●)
             |     (___人__)
                  |        、'
                 |       |
                }._\     , |
        .__ __ ,.〈\\>ニニァ´
       /: : < : : : : : : \  /゙i ゙i、
      , ' .: : : : : : : : : : :l: : : .∨',:::::ト|゙i \_
     .{ : : : : : : : :゙i : : :」 : : ::', Y´゙i. |: : : : .\
      |: : : : : : : : :\ : : :\ : ',|::::::i |: : : : ',: : `,
     ', : : : : : : : : : | : : : : : : :.',:::::゙i|: : : : . ',: : }
       (,:/:/ニ`ン---r : : : : : ',::::| : : : : : ',: : ',
        `: ´ : : : :V ,r'二ヽ_: : : : :',:|: : : : : : ',_,rー'、
       {∨ : : :└」_,r' 二 ヽ: : : : ',|.: >< ̄\.: \
       {: ∨ : : : : :」.ゝ-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : ゙i ム: : : ' ,
         l: : ∨: : : ./: : : : : : : : : : : : : : : : 、/: : : : : : }
        }: : : \ : : : : : : : : : : : : : : : /゛ ̄: : : : : : : :, '


           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ┃                                                    ┃
           ┃    私は玄人として関東に残り、細々と生きながらえていたわけだが……   ┃
           ┃                                                    ┃
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


244 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:56:53 ID:S5Id85ak

          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃                                              ┃
          ┃  ある日、十数年ぶりに、この男と偶然ガード下で再会したわけだ。   ┃
          ┃                                              ┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   !〃:::::::::::::|:::::::::i':::i''''''''∨'''´ヾ!.ヾ:!ヘ::::::::i i!.i::::i i::::|三三三,r=、ミミ
    i!.i:::i::::::::::;i:::::::::i!i::{::     :i! .li! .ヘ:::::j ! .!::! .}::i 三三/,r、 ヾミ
    !:i!::::::::ハ:::::::{ ヾ、        .リ  }:;rェ=+ 〃  三ミi i' !  iミ
    l:ト;:::::::i::::\:::!    `i,       ,;r'㌢´       彡 i、,,、r' .!ミ
     ! ';::::::i::::::::`iド-   j  i' `ミ三シ´ー - 、     ."´  ,r 、! .iミ
      ';:::ハ:iヾ、:!∠ェュ彡!、. `ゝィ´ ムーャォ=ァ- 'ニ´.   ( 7ノ }
       ',{ ヾ、_.`ヽ、__,,rェァ{、  ' _,r ヽ、`¨¨´_,,    ,;  γ /
       ゙.       { ゝ-'´,ィ’       ̄       !   'r:-'
              ! `:-'´::!             _,ノ    !:
              l   .::::l    ''ヽ. ミ ー 、__,,r'´|    i::
              ,ゝ、:::::::::!  ,,rィ-'  `ヽ、   ヘ    ,!:
            /::/ 入:::`7''´i ヽ_,,,,,_   )    .}  ,r'::
           /:::::/ /  .i  .,fこシ=-`=、_     ,r'::::
         ,r':::::::::/ /    i (  _,,、r ‐ - '´    ,r'::::::::
        r'´:i:::::::::/ /    ,ゝ、 ̄        ,r':::::::::::
         .,'::::::i::::::,'. .'   i /  `|        /::::::::::::
       ,':::::::::!:::,'     .i! ,   ゝ、_,,,,。r,-‐'´`::ー、
      ,'::::::;:::::i,'      .| ,'    ./:::/::|ll! : : : : : : : i     .i
      ,':::::::i:::::,'      .| ,'   //::::::::!l! : : : : : : :      :ノ


        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                                  ┃
        ┃   私は通りかかっただけだが、男はガード下で寝泊まりしているらしかった。   ┃
        ┃      ようするに、浮浪者同然の生活をしているということだ。              ┃
        ┃                                                  ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


245 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:57:23 ID:S5Id85ak


              __...__    _,,,,,_
            ,.‐';;; . : ::.::::.:´::::::::::::::::`''ー-、,
          ,.-';:;:;:;:;:; . : ::.::::.:´::::::::::::::::;;;;;;;;; `i、
        ,.-';:;:;:; . ..:::::;:;:;;;;;;;;:;:;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;::::::: .ヽ,
      ,.-'´;:;:;:;:;:; . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::`i
    ,.-'´;;;;;:;:;:;:;  . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;:::ヾ :::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::'i      「あ、あの時は俺がお前をひ、拾ってやったが……
    / . : ::.::::;;;;;;;;; ,- 、r'ヽ,;;;;;;:::::::::::`ヽ:::::::::::}::::::::::::::::::::::}      た、立場が逆にな、なっちまったな」
   r' . : ::.::::.;;;;;;;;:::{一 v-'´1;!ヽ!ヽ,;;}从:::,::::::::iΞ;;;;;;;;;;;;;;;:::}
   レ;;; . : ::.::::.:;;1;;;{ ,,,,,__,,,..};} } }/  jノl:::::ノ:Ξ::;;/^`i;;;;1          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    { . : ::.::::.:;;;;;;!ヽ1           jノ `'ヽΞ;1l`i..};;j-‐-、       ┃                                  ┃
    ',;;;;;;;;;;; . : ::L   } i i:::.,,,,....-ー''''''ー-、,ノ ミ;|⌒〉 |;j_: : : `''一--、 ┃  そう言って男は自嘲じみた笑いをもらす。   ┃
    ヽ,;;;;;;;;;;;'t´-=-〈〃ヾ ヽ一=''-、_-、, _,, ミl`'';;)}|:::::::::'ー、 : : ::  `'  ┃                                  ┃
     `ヽf`ヽヽ、_,--=〉;;:彡:::. `''ー一'" == . : `i、ノ `ヽ、:::i、 : : ::  : : ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
           l `''´;r'    `''-‐'´  : ::  ;;{     l::::i : : ::  : :
           | `'';;;|   __       :::,,,  ;;l . ..:、  l:::::!: : ::  : :
           i、 ;;;|    _}`''‐-='''' ̄l:   ;i . ..:.i  1:::::}: : ::  : :
         ,.-'´/ヽ、`''‐‐'´    ヽ,   j   ノ  . .l  1:::::i': : ::  : :
       ,.-':::::::/::::::: `i _,,,.-='''" ,.'´;;;  ) ,.‐'  . ..〉 |:::::j: : ::  : :
      /:::::::::: /::::;; : : :l ---ー一'´、  ノ/;;;;;; . ... ../ 1;;;:,': : ::  : :
     /::::::::::::/ : :;; : : : :`-、 .:.::. ..    /;;;;;;;;;; . .  ./ /:::::1: : ::: :
     /::::::::::::/ : :;; : : : ;;;;;;;;;!       ,く;;;;;;;;;;;; .   . / /:::::,': : :: : :
    ./::::::::::::/ : :;; : : : ;;;;;;;;::::`''--ー一'" `''ー .    / /::::::/: : :: : :



           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ┃                                              ┃
           ┃   酒のせいだろうかそれとも病気だろうか、腕はブルブルと震え、  ┃
           ┃            喋りも吃音が酷かった。                      ┃
           ┃  昔と違い 身体は細くなり 頬は痩せこけ、背中は丸まっていた。  ┃
           ┃                                              ┃
           ┃                    しかし……                          ┃
           ┃                                              ┃
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


246 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:57:37 ID:S5Id85ak

         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃                              ┃
         ┃    玄人特有のギラついた目……      ┃
         ┃  それだけは唯一 昔と変わらなかった。 ┃
         ┃                              ┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

            /   }////   |////      }/////}
          /    }///    |/// _ -‐<////////>
      /  /        j//    |//<//////////////////>
      :: ;::____,,,,,// -‐<////////////>///    j/
      { i ヽ///////////////////////> ¨  /イ      /
   `ゝ.ヘ \\///////////////> ¨
          \////>  / ¨ 「¨≧-‐y . ____
   ⌒ヽ   ヽ、    -=<    ゝ.// ソ     //^ゝ
     i  ヽ         ゝ _   ¨    //
     j    Y  ゝ、  `ヽ.   ¨  -=ニ
     /       !    ヽ                     '⌒ヽ
    /       l       .              /
             |       ゝ           /
   /      |         `  -=ニ __ -'
            |
            |


247 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:57:57 ID:S5Id85ak

             / ̄ ̄ \
           /  __,ノ 'ヽ、_                「そうだな。俺が玄人ってとこまで かつてのあんたとおんなじだ。
           |   ( ●) (●)                 だが、俺はあんたをオヒキにしたりはしないがね」
.            |    (___人__)
             |    └ー '´ノ
            |     ⌒ |            , ァァ┐
             i ヽ      |         ┌、  ///./ 7
            }、 `> ー-´-くヽ- 、___、 _ | l ///./' /
           _ノ >-ー< ̄/ :/ :: : : : : .7 ノ / ヽ_/' /
        __/ :}Λ:::√ У: : :/ : : : : : : / //  / 丿
     ,.-< : : : : :i /::::「 / :< : : : : : : : : / : |  /  /
    r´ : : : : :「: i/::::::i / .: : : 〉 : : : : : : : : : ヘ  {  イ
     } : :, : : : i :./:::::::i/ .: : :/ : : : : : : : : : :「ム __厶┐
    f : :i : : : :i ,':::::::/ : : / : : : : : : : : :i : : |` ー一一'|
   / : :i : : : :i i::::;::,' : :./ : : : : : : : : : : :V : :| : : : : : : : |
  /: : : :i : : : :i i:::::,' : :/ : : : : : : : : : : : : :r : :|.: : : : : : : |




              __...__    _,,,,,_
            ,.‐';;; . : ::.::::.:´::::::::::::::::`''ー-、,
          ,.-';:;:;:;:;:; . : ::.::::.:´::::::::::::::::;;;;;;;;; `i、
        ,.-';:;:;:; . ..:::::;:;:;;;;;;;;:;:;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;::::::: .ヽ,
      ,.-'´;:;:;:;:;:; . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::`i
    ,.-'´;;;;;:;:;:;:;  . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;:::ヾ :::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::'i
    / . : ::.::::;;;;;;;;; ,- 、r'ヽ,;;;;;;:::::::::::`ヽ:::::::::::}::::::::::::::::::::::}
   r' . : ::.::::.;;;;;;;;:::{一 v-'´1;!ヽ!ヽ,;;}从:::,::::::::iΞ;;;;;;;;;;;;;;;:::}
   レ;;; . : ::.::::.:;;1;;;{ ,,,,,__,,,..};} } }/  jノl:::::ノ:Ξ::;;/^`i;;;;1
    { . : ::.::::.:;;;;;;!ヽ1           jノ `'ヽΞ;1l`i..};;j-‐-、
    ',;;;;;;;;;;; . : ::L   } i i:::.,,,,....-ー''''''ー-、,ノ ミ;|⌒〉 |;j_: : : `''一--、
    ヽ,;;;;;;;;;;;'t´-=-〈〃ヾ ヽ一=''-、_-、, _,, ミl`'';;)}|:::::::::'ー、 : : ::  `'、
     `ヽf`ヽヽ、_,--=〉;;:彡:::. `''ー一'" == . : `i、ノ `ヽ、:::i、 : : ::  : :
           l `''´;r'    `''-‐'´  : ::  ;;{     l::::i : : ::  : :
           | `'';;;|   __       :::,,,  ;;l . ..:、  l:::::!: : ::  : :
           i、 ;;;|    _}`''‐-='''' ̄l:   ;i . ..:.i  1:::::}: : ::  : :
         ,.-'´/ヽ、`''‐‐'´    ヽ,   j   ノ  . .l  1:::::i': : ::  : :  「は、ははっ。ば、玄人かよお前。
       ,.-':::::::/::::::: `i _,,,.-='''" ,.'´;;;  ) ,.‐'  . ..〉 |:::::j: : ::  : :    そ、そうか。お前がなぁ……」
      /:::::::::: /::::;; : : :l ---ー一'´、  ノ/;;;;;; . ... ../ 1;;;:,': : ::  : :
     /::::::::::::/ : :;; : : : :`-、 .:.::. ..    /;;;;;;;;;; . .  ./ /:::::1: : ::: :
     /::::::::::::/ : :;; : : : ;;;;;;;;;!       ,く;;;;;;;;;;;; .   . / /:::::,': : :: : :
    ./::::::::::::/ : :;; : : : ;;;;;;;;::::`''--ー一'" `''ー .    / /::::::/: : :: : :


                ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                ┃                              ┃
                ┃    男は、さもおかしそうに笑った。      ┃
                ┃                              ┃
                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


248 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:58:10 ID:S5Id85ak

           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ┃                                  ┃
           ┃   ひとしきり笑った後、男は唐突に こう切り出した    ┃
           ┃                                  ┃
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

            、_x ≦ ̄ ̄ `ヽ
         ー=≠´         ヽ
         ,イ/ ∠__ ヽヽヽ`ヽ三ミヾ!
        /{ /{{-- jナナノ 川三ミミj
         {({二{ ≠、_jノノハア^Y      「お、おい。金、持ってるか……?」
             に・(_`ー=・ァー jノ|ノj|__
           (..:|  、`='´ / Lノ\}ヽへ、
            ヽfrr┘`'ー ': : } 、 }  ` \__
              {にニ> : : }/  ∨!    ∨^}‐- .._
            //ノ「: : : : //  ノ/ |     /     >、
           / // `77{´\  /{  |    |}   /   \
.         / /   〃 ト、 ∠厶  }    |/   /ハ
.          } /   {{   | `¬//∨    {   /{   }




    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( 一)(●)       「あっても、テメーなんぞにゃやらねーぞ?」
  |     (__人__)
   |     `⌒´ノ
   |   ,.<))/´二⊃
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
''"::l:::::::/    __人〉
:::::::::|_/ヽ.   /|||||゙!:゙、-、_
:::::::/´∨/`ー'〉゙||i l\>::::゙'ー、
:::y′.: ',ゝ、_/ヽ.||||i|::::ヽ::::::|:::!
/: ://: : : :|:::ヽ|||||:::::/::::::::i::|


249 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:58:32 ID:S5Id85ak

         _,,、r-''¨::´:::::::::::`::`''-、_
      ,rー-´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
   /¨{:::、::::、:::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 _,,r':::;:::::ヽ::ヽ::ヽ:::';::';::i:::i、、、;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::i,
 .〃/:::::::::::i:;、:ヽ、i;;;|:;i:::!::|ミミミミミメ、、:::::::::::::::::i
  i{ |:;i:;i!:::::i!´i::/ i! .!`|::!::iミミミミミミミミメ、:::::::::|
 . ゙ .i! ! .∨ .!'_,,,,、 ' !'|/ ミミミrー''、ミミミミミメ、!
     ヽゝェチ'´``,    ミミi´./.~ iミミミミミミ!
      'i` .ィェァ '    ミ' .〈ヘ~ .}\ミミミミ!``ヽ
      i´  ー '´    .'  〈'´ ./ ,  `ヽ、ミミメ  ヽ     「ば、馬鹿野郎。恵んでもらおうなんざ、お、思っちゃいねーや。
      .j  ,,、        'ーi!'´ .i     7   ヽ     し、勝負だよ。お、俺たちゃ玄人だ」
     .(_,,、r-'`ヽ、 ''i!´    .! .i l    ./
        L,rェュ、 ',  '     !  .! !   ./  .,
         (二,r'ヽ     /   |    /  ./  .,
          !     ィ´    !   /   /  ./
         ゝ、  ,ィ' .ゝ、     /    /  /
            ̄ /   7ァ   /    ./  /
             ./   /''!´  ./    /  /  .,
            /    ,i .!,r'7´   ./  .'  j
           ./,    ハ .',/ .,    /    .j




            ,.., ,...,__
        ,...::-‐''"/     ``ー 、
    、_,;ー'"    /          `"'-,
 `ー=,  /  /              ヽ
   ,/      f       \       `l、
   l/'i / /´rヾMFヾ \  ヽ  、       .1
   ! | l l ヾ(:::::   ヽ〉ヽ)ヽ `l  ミ ー  .、 |
    | {レヽ〈:::~``'' ´  ソ |! l }   ミ. ミ    ト
    レヽ,;:::''''`':;|;il~,. -‐'  ル )ノl / ミ ノr^,ヾ !    「こ、こんな身体にな、なっちまってもよ……
     ゝ l;ュ=≡{., (;;,(ニ===、-.l! li /ソ ;;)|./     さ、サイコロぐらいはまだ、ふ、振れるんだぜ?」
      `!;ェ‐・オ ""'''< `・ーz'ー'~ |/ フ;;i |!
        |:'""`')'  ^ヽ;` ̄,. -‐'^  i|;;;;ノ/\ー-、-.,_
        !;:.. .:;i|   ;,  ~、´    ,/ |,..ノ;  \ ゝ ヽ``)、.,_
       ``ヽ(__,,,,...)  \_,,..-'   |;;;     |〉   トli ヽ
         |::::::::J..,,_ ^ヽ,  : 1, ;!;:     /l、    ) |
         ヽ::r,―--一' . , il/:::  ::  / !    ;  /
         .//'i`ー-'´; ' ;. ',/;;;:::::  .:::::∧  }    ヽイ
      /  /  L.;_';_._,`.ノ;;;;;;:::::::...::::::::::/ ヽ l     ´{
     /   |/::::::::::/;;;;/;;|;;;;;:::::::::::::::::::::::(   〉{     〈
    /    /:::''''''''/;;;/ :::::|::::::::::::::::::::::::::ト   / 〉     |
     |   /     |;;〈   ::|::::::::::::::::::::::::::::\/  /      {

         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃                                                ┃
         ┃  そう言って男は懐から、サイコロを2つと なけなしの金を取り出した。 ┃
         ┃                                                ┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


250 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:58:56 ID:S5Id85ak

              __...__    _,,,,,_
            ,.‐';;; . : ::.::::.:´::::::::::::::::`''ー-、,
          ,.-';:;:;:;:;:; . : ::.::::.:´::::::::::::::::;;;;;;;;; `i、
        ,.-';:;:;:; . ..:::::;:;:;;;;;;;;:;:;:::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;::::::: .ヽ,
      ,.-'´;:;:;:;:;:; . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;::::::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::`i
    ,.-'´;;;;;:;:;:;:;  . ..:.:.:::::;:;:;;;;;;;;:::ヾ :::::::::::ヾ::::::::::::::::::::::'i
    / . : ::.::::;;;;;;;;; ,- 、r'ヽ,;;;;;;:::::::::::`ヽ:::::::::::}::::::::::::::::::::::}
   r' . : ::.::::.;;;;;;;;:::{一 v-'´1;!ヽ!ヽ,;;}从:::,::::::::iΞ;;;;;;;;;;;;;;;:::}
   レ;;; . : ::.::::.:;;1;;;{ ,,,,,__,,,..};} } }/  jノl:::::ノ:Ξ::;;/^`i;;;;1
    { . : ::.::::.:;;;;;;!ヽ1           jノ `'ヽΞ;1l`i..};;j-‐-、
    ',;;;;;;;;;;; . : ::L   } i i:::.,,,,....-ー''''''ー-、,ノ ミ;|⌒〉 |;j_: : : `''一--、
    ヽ,;;;;;;;;;;;'t´-=-〈〃ヾ ヽ一=''-、_-、, _,, ミl`'';;)}|:::::::::'ー、 : : ::  `'、
     `ヽf`ヽヽ、_,--=〉;;:彡:::. `''ー一'" == . : `i、ノ `ヽ、:::i、 : : ::  : :
           l `''´;r'    `''-‐'´  : ::  ;;{     l::::i : : ::  : :
           | `'';;;|   __       :::,,,  ;;l . ..:、  l:::::!: : ::  : :
           i、 ;;;|    _}`''‐-='''' ̄l:   ;i . ..:.i  1:::::}: : ::  : :  「こ、この板の上でサイコロを振って、
         ,.-'´/ヽ、`''‐‐'´    ヽ,   j   ノ  . .l  1:::::i': : ::  : :   ご、合計がお、多かった方の勝ちだ」
       ,.-':::::::/::::::: `i _,,,.-='''" ,.'´;;;  ) ,.‐'  . ..〉 |:::::j: : ::  : :
      /:::::::::: /::::;; : : :l ---ー一'´、  ノ/;;;;;; . ... ../ 1;;;:,': : ::  : :
     /::::::::::::/ : :;; : : : :`-、 .:.::. ..    /;;;;;;;;;; . .  ./ /:::::1: : ::: :
     /::::::::::::/ : :;; : : : ;;;;;;;;;!       ,く;;;;;;;;;;;; .   . / /:::::,': : :: : :
    ./::::::::::::/ : :;; : : : ;;;;;;;;::::`''--ー一'" `''ー .    / /::::::/: : :: : :




                / ̄ ̄\
               _,ノ ヽ、_   \
               (●)(● )    |
               (__人___)     |            「ああ、いいぜ」
                    '、        |
                |       |           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               | ,     /_.{            ┃                                    ┃
               `ァニニ<//〉、__ __     ┃   私は、男の出した金と同等の額を板の上に置いた。   ┃
               ,./ /\  / : : : : : : > : :\    ┃                                    ┃
            _/ /|イ:::::/∨. : : :l: : : : : : : : : : :.丶   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
          /. : : : :| ./`Y / : : : 」: : : /: : : : : : : : }
         ,´ : :/: : : :| i::::::|/ : :/: : : /: : : : : : : : :|
          { : :/. : : : :|/:::::/ : : : : : : : | : : : : : : : : : ,'
        / : :,' : : : : : |::::/ : : : : : r---く´ニ\: ヽ:ノ
       、'ーr,_| : : : : : :|:/ : : : : :_/二ヽ V: : : : ` :´
      / :./ ̄>< :./ : : : : :/ 二 ヽ_」┘: : : ∨}
     / : : :ム / : : : : ̄ ̄ ̄ ̄~゙''-ゝ.」: : : : : ∨ :}
    { : : : : : :\、 : : : : : : : : : : : : : : : :\. : : :∨ : :l
    ヽ: : : : : : : : ̄"\ : : : : : : : : : : : : : : : / : : :{


251 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:59:07 ID:S5Id85ak

         ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
         ┃                                    ┃
         ┃   男は震える手で、丁寧にサイコロを振った。   ┃
         ┃                                    ┃
         ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


       ______
     /  ●  ●  /|
   /  ●  ●  /  |
 /  ●  ●  / ● |
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ●  .|
 |        ●  |     .|
 |            |   ●.|
 |            |. ● ./            ______
 |  ●        |  /            /  ●  ●  /|
 |            |/            /          /  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            /  ●  ●  /    |
                       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|.     |
                       |        ●  |. (圭)..|
                       |            |     .|
                       |            |    /
                       |  ●        |  /
                       |            |/
                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                   ┏━━━━━━━━┓
                   ┃                ┃
                   ┃   出目は10。   ┃
                   ┃                ┃
                   ┗━━━━━━━━┛


252 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:59:18 ID:S5Id85ak

         _,,、r-''¨::´:::::::::::`::`''-、_
      ,rー-´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
   /¨{:::、::::、:::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 _,,r':::;:::::ヽ::ヽ::ヽ:::';::';::i:::i、、、;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::i,      ┃                          ┃
 .〃/:::::::::::i:;、:ヽ、i;;;|:;i:::!::|ミミミミミメ、、:::::::::::::::::i     ┃  男はチッと舌打ちした。          ┃
  i{ |:;i:;i!:::::i!´i::/ i! .!`|::!::iミミミミミミミミメ、:::::::::|     ┃  12を狙ったのに失敗したからだ。   ┃
 . ゙ .i! ! .∨ .!'_,,,,、 ' !'|/ ミミミrー''、ミミミミミメ、!     ┃                          ┃
     ヽゝェチ'´``,    ミミi´./.~ iミミミミミミ!     ┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛
      'i` .ィェァ '    ミ' .〈ヘ~ .}\ミミミミ!``ヽ
      i´  ー '´    .'  〈'´ ./ ,  `ヽ、ミミメ  ヽ
      .j  ,,、        'ーi!'´ .i     7   ヽ
     .(_,,、r-'`ヽ、 ''i!´    .! .i l    ./
        L,rェュ、 ',  '     !  .! !   ./  .,
         (二,r'ヽ     /   |    /  ./  .,
          !     ィ´    !   /   /  ./
         ゝ、  ,ィ' .ゝ、     /    /  /
            ̄ /   7ァ   /    ./  /




                  _    _、
         \ー=≡ニ ̄` ` ̄´ `゙ ヽ 、
          ,.≧ _ 、、           ヽ
        /'イ´二_、ヽ∨≦=-、- 、     ゙、
        //,´ニ-=、ヾ、,ヘ、ヽ 、ヽ`、    ヽ
            /イ/, ' _ `´  i!liリl i!iヾ`    N
        '/´l/'i   、`、二  |リ リ!ノ|!l!i! L     i !
        ' i ム-_,、ヘ , '" ' ノ 'ノ ト、ー 、   !
           i _二,、ー〉こ>ミ、 ,∧ !|ニ_>、,/
            ,'シ`ンソ `_, ` _v,、_ ' └」/=',〉
             〈  ,' "  ´ ー- ヽ  '´ 'ノノ
           ∨/  ヘ 、    ,  , 、,.イ!          「ま、まあいい。て、てめえの番だ。ふ、振れ」
                | `ー=`, 丶` -‐' ,、! l;リ'       _
              !'",'、_ベ_ 'i |、、 ;;゙' !  , ヘ、_/ `ヘ
               ヘゝ- ツ'´ '_, ';、゙ン i ト、/;'     ,~ー‐, 、_
          ,. '" '〈゙;":;゙;,、,.,、'´゙`   ' | ! /    ,.'  / /`i
              "'i'ヾ- '゙     ,'  i. '!.     /   //., '   ` 、
               ! |       /   ! !   /  ./.', '
                、 丶   /   | ' |   /   /,.'


               ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
               ┃                                  ┃
               ┃  男は震える手でサイコロを私に手渡した。   ┃
               ┃                                  ┃
               ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


253 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:59:29 ID:S5Id85ak

                   / ̄ ̄\
                 /   _,ノ `⌒
                 |    ( ●) (●)
                 .|     (___人__)
                 |        ノ
                  _,.|        |
        , --、―― < / |ヽ      丿
      / : : : : :ヽ : : : : :/ : :| \ __ _ /
     /. : : : : : : :| : : : く: : : :|、 /=|´| :| .\
    / : : : : : : : : : : : : : :> : | `'|::::/|/:,┘ : . ヽ
   ノ : : : : : : : : :/ : : : : ヽ : : |  |:::| / : :> : : : : :丶
  /.: : : : : : : : : ;' : : : : : : :∧: :| /::::|/: :/ : : : :/ : : : |
 / : : : : :-、 : :/. : : : : : : : : :Λ:|'::::::ノ: :/_ : : : / : : : .丶
/ : : : : : : : :`::、 : : : : : : : : : : : ',:|::://. : : ̄;/ : : : : : : . \
\ : : : : : : : : :.\ : : : : : : : : : : : /‐' : : : : : /ヽ、: : : : : : : : .ヽ
  \ : : : : : : : : : \.:./ : : : : : : : : : : : : : :;'  \ : : : : : : : : . \


        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                            ┃
        ┃       サイコロを持ち、私はしばし考えた。              ┃
        ┃    この金を無くしたら、男は死んでもおかしくは無いだろう。    ┃
        ┃                                            ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


254 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 22:59:40 ID:S5Id85ak

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃                                                  ┃
       ┃   だが、この男も私も玄人として、今まで弱者からそういう金を毟ってきたのだ。  ┃
       ┃       これで男が死んだとしても 因果応報という他無いだろう。         ┃
       ┃                                                  ┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                        , ー,r 、_r-、
                        /r-、人, \、\
                      /  ヽ ヽ:`, V,} i
                    / r´\ Λ Vi  レ ト、
                      :::::\ \j, ┤   r }
                       ,' (  ノ ヽ,   i  i  i { '
                     ,   ̄ ヽ___i    ,'  {′
                       V      {      __L_
                    _ハ 、     ヘ、 ,.< :: :: :: ト- _
               -< :: ::{ヽ、 __, <∨ :: :: :: :: :: ::{ :: :: ::ヽ、
        _ x< :: :: :: :: :: :: ::{  /;;;;;\  /〈: :: :: :: :: :: :: ∨ :: :: ::
      ,ィ ,: 〃 :: :: :: :: :: :: :: ::レ´};;;;;∧ヽ/ :: ∧: :: :: :: :: :: :: ト, :: :: :: :.、
     / 〃 / :: :: :: :: :: :: :: :: ::| /;;;;;;;;{  /:: :: :: ∧: :: :: :: :: :: ::∧ :: :: :: {、
  , イ: :: :: :: ::/ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :レ;;;;;;;;;;| / :: :: :: :: :i: :: :: :: :: :: :: ::ヽ==x ::Λ
/: :: :: :: :: :: :/ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: |;;;;;;;;;;;| / :: :: :: :: :: ∨: :: :: :: :: :: :: ::\: ヽ ∧


          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃                                                    ┃
          ┃   狙った目を出せなくなった事からも、もう玄人として終わっているのだ。   ┃
          ┃        ならば……ならば私が引導を渡してやろう。                  ┃
          ┃                                                    ┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


255 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 23:00:10 ID:S5Id85ak

      ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
      ┃                                    ┃
      ┃   私は12を出すべく丁寧にサイコロを振った。  ┃
      ┃                                    ┃
      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)
     |     ` ⌒´ノ
.      |         }::\
     /ヽ       }:::::::\
   /:::::::::ヽ、____ノ::::::::::::::)
  /::::::::::::::::.ヘ.:.ヤ、:::>7|:::_::/
 |:::::::::::::::::::::::::::ゞ/ ̄ ̄(_)
  \:::::::::::\ /| JJJ (
   \:::::::/:::::ヾ 、/⊂_)


256 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 23:00:37 ID:S5Id85ak

       ______
     / .● ● ●. /|
   /          /  |
 / .● ● ●. / ● |
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ●  .|         ______
 |  ●        |     .|        /   _     /|
 |            |   ●.|      /.  (圭圭)  ./  |
 |            |. ● ./     /      ̄   / ● |
 |        ●  |  /       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ●  .|
 |            |/         |  ●        |     .|
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄           |            |   ●.|
                      |            |. ● ./
                      |        ●  |  /
                      |            |/
                        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




           ト、
          | ヽ  /|
        ト、j.  `¨´ .i  ト、
        |      ヽ-'
     ト、j`
      N.   ___
.      /       \
      /           ',
       |-、_j ヽ._/` .l
       || | | | | | | | | | .|
       || | | | | | | | |  |     「あっ!」
       |  (__人__) u |
..     ',  |::::::::::| u .|
      ', |::::::::::|   ノ
      ,ヽ_ ̄ ̄_,,-''、
       / | ヽ ̄/.| ヽ
     ./  .| /‐<  |  ヽ
.      l   |/〉-〈 ヽ|   .l
.      |     |  .|     |


257 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 23:00:50 ID:S5Id85ak

        ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
        ┃                                                              ┃
        ┃  出目が出た瞬間 男はひったくるかのように素早く板の上の金を掴み取り、ニヤリと笑った。  ┃
        ┃                                                              ┃
        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                       __
                     .<////////`ー─--、
                     ノ////////////////////\
           `=-<////////////////////////∧
              >////////////////////////////∧
             ///////////癶 VVV/⌒ヽヽ////////}
              |//〃//////〃  ヽV/    } }/////// }    「ふ、震える手でもよ、グ、グラサイとすり替えて渡すくらい、
              |//{{///|////{         / レ///////}     で、できるんだよ。
            \ハ,///∧//ゝ      ´ ` / ノイ///⌒Yj:     ま、まだまだ甘ぇなお前」
                八/{  ゝ    ノ  癶、   /// j⌒Y}:::,
              ゝ }`≦ニニフ  /`ゝ 二二ノ/ { 〉 /::::',\
                  /Υ ゝ `=' ゝ 、ノ `≠^フ } / ∧::::::, \
               /   | `--‐ i  ` `-‐  〉   / ',:::::|   |\
              /    |\   、}  、    /  Y   ,::::|  | \
           //    /::::::}  / `ヽ イゝ、 / } ;:;:|     ::|  !
          /:::/ /   ,':::::::∧;:`ヾー====イ / /:;:/    :::|
       /::::::/ /   {:::::::j ゞ、 ゝエエエエイ   //     i:|
     /:::::::::/ ,'    }:::::{   ヽ `ー=‐≠  ,イ      '::|     !
    /:::::::::::::,'    / ̄ ̄\   ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ;/      '::::|     |
  /:::::::::::::::::i   /  ノ⌒ヽ \  ` -──'’ .:     '::::::::|     |




               _____
             /  ̄  ̄\
           /        \
           |     _,.ノ '(ゞ、_|
           .|    ( ー)ヽ ヽ
           ノ| U   (___人_\\__
       ____-‐./l l|、    `⌒(⌒_   \
    ,,-=ニ_::::::、::l ::::! ヽ.      し「、    \
   / ::::::::::: ヽ::::::)::::::| `ヽ. ___´ノ ヽ ヽ、..,,____i_
  i :::::::::::::::::: ヽく::::::::ヽ  /  ̄ lヽl:::::〉::::Y________l_
  l :::::::::::::::::::::: ヽ:::y:::::ヽ/、__l  !:: /::::| ::::::::::::::: |
   ! :::::::::::::::::::::::: l::::\::::ヽ l ヽ.l::: l::::: | ::::::::::::::: |
   ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ:::\::::ヽl  l!::: l:::: | ::::::::::::::: |


             ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
             ┃                                                  ┃
             ┃     グラサイとはイカサマで使う、一つの出目しか出ないサイコロのこと。     ┃
             ┃  私に渡した時に一つは 1しかでないサイコロにすり替えられていたのだろう。  ┃
             ┃            男は、老いてなお玄人だったというわけだ。                   ┃
             ┃                                                  ┃
             ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


258 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 23:01:17 ID:S5Id85ak

       ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
       ┃                                                    ┃
       ┃              それから男には一度も会っていない。              ┃
       ┃ しばらくして再びそのガード下を通った時には 既に男はいなかったからだ。 ┃
       ┃                                                    ┃
       ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

   !〃:::::::::::::|:::::::::i':::i''''''''∨'''´ヾ!.ヾ:!ヘ::::::::i i!.i::::i i::::|三三三,r=、ミミ
    i!.i:::i::::::::::;i:::::::::i!i::{::     :i! .li! .ヘ:::::j ! .!::! .}::i 三三/,r、 ヾミ
    !:i!::::::::ハ:::::::{ ヾ、        .リ  }:;rェ=+ 〃  三ミi i' !  iミ
    l:ト;:::::::i::::\:::!    `i,       ,;r'㌢´       彡 i、,,、r' .!ミ
     ! ';::::::i::::::::`iド-   j  i' `ミ三シ´ー - 、     ."´  ,r 、! .iミ
      ';:::ハ:iヾ、:!∠ェュ彡!、. `ゝィ´ ムーャォ=ァ- 'ニ´.   ( 7ノ }
       ',{ ヾ、_.`ヽ、__,,rェァ{、  ' _,r ヽ、`¨¨´_,,    ,;  γ /
       ゙.       { ゝ-'´,ィ’       ̄       !   'r:-'
              ! `:-'´::!             _,ノ    !:
              l   .::::l    ''ヽ. ミ ー 、__,,r'´|    i::
              ,ゝ、:::::::::!  ,,rィ-'  `ヽ、   ヘ    ,!:
            /::/ 入:::`7''´i ヽ_,,,,,_   )    .}  ,r'::
           /:::::/ /  .i  .,fこシ=-`=、_     ,r'::::
         ,r':::::::::/ /    i (  _,,、r ‐ - '´    ,r'::::::::
        r'´:i:::::::::/ /    ,ゝ、 ̄        ,r':::::::::::
         .,'::::::i::::::,'. .'   i /  `|        /::::::::::::
       ,':::::::::!:::,'     .i! ,   ゝ、_,,,,。r,-‐'´`::ー、
      ,'::::::;:::::i,'      .| ,'    ./:::/::|ll! : : : : : : : i     .i
      ,':::::::i:::::,'      .| ,'   //::::::::!l! : : : : : : :      :ノ


           ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
           ┃                                    ┃
           ┃   住む場所を変えたのか、それとも死んだのか……    ┃
           ┃        それは私にはわからない。             ┃
           ┃                                    ┃
           ┃               ただ……                   ┃
           ┃                                    ┃
           ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


259 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 23:01:33 ID:S5Id85ak

          ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
          ┃                                        ┃
          ┃  どんな死に方をしたにせよ、かつて父と呼んだその男は   ┃
          ┃     きっと死の寸前まで玄人だっただろうと私は思う。      ┃
          ┃                                        ┃
          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

            /   }////   |////      }/////}
          /    }///    |/// _ -‐<////////>
      /  /        j//    |//<//////////////////>
      :: ;::____,,,,,// -‐<////////////>///    j/
      { i ヽ///////////////////////> ¨  /イ      /
   `ゝ.ヘ \\///////////////> ¨
          \////>  / ¨ 「¨≧-‐y . ____
   ⌒ヽ   ヽ、    -=<    ゝ.// ソ     //^ゝ
     i  ヽ         ゝ _   ¨    //
     j    Y  ゝ、  `ヽ.   ¨  -=ニ
     /       !    ヽ                     '⌒ヽ
    /       l       .              /
             |       ゝ           /
   /      |         `  -=ニ __ -'
            |
            |


                                                       第六話・玄人の最期 終わり


260 名前: ◆RYUU.nj4zk[] 投稿日:2015/07/12(日) 23:02:19 ID:S5Id85ak
以上で投下終了です。

途中で出てきた玄人・大柴久作と剣崎六郎は、共に「牌の魔術師」という阿佐田哲也先生の短篇集に登場します。

大柴久作は「天和の職人」というお話で
『彼は”二の二”の第一級の職人として、プロ麻雀打ちの仲間では音にきこえた、積み込みの無形文化財のような男であった』
と書かれています。

剣崎六郎の方は「ベタ六の死」というお話で
『大柴久作を積み込み師の頭目とすれば、ベタ六こと剣崎六郎は、抜き師の頭目であった』
と書かれています。

一体どんな男たちだったのかは、実際に小説を読んでみてください。

「牌の魔術師」は他にも、捕鯨船に乗り込んだダンチの話、盲目の打ち手ブー大九郎の話、ガン牌の達人・印南の話、といった、
マガジンの麻雀漫画・哲也の原作ともいえるお話が盛りだくさん!オススメの一冊です。


次回投下は多分来週末。


261 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/12(日) 23:02:37 ID:GAaehw8A

すごいねぇ…


263 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/12(日) 23:03:19 ID:2i/0bens
第6話乙でした。
負けた玄人が幼きやらない夫を捨てて逃げたくだり。
放浪記のドサ健と哲也を思い出させますねえ。


272 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/13(月) 12:20:07 ID:.gfiHASU
雀哲を久々に読み返したくなった


264 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/12(日) 23:04:34 ID:e/skDc82

手が震えても、魂が死ぬまでは玄人か


265 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/13(月) 00:38:16 ID:Np8N7dic

うーん、勝負中毒者らしい死に方だ


266 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/13(月) 01:07:07 ID:M3YnpSvo

乙でした
強かなようなそうでもないような不思議なオヤジだ……



267 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/13(月) 02:22:59 ID:DjL6FHuk
乙でした
どうなったんだろうな


268 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/13(月) 02:30:28 ID:y8jWmQ0M
老兵は死なず、ただ消え去るのみというからな
消えたということは玄人でいられなくなったということさ


269 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/13(月) 06:42:09 ID:D9Qvx2L6
乙でした
やっぱり死んだんだろうね


270 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/13(月) 10:46:27 ID:Rhqf02cw


報いを受ける、惨めな末路を晒す、なんて話の持っていき方じゃないのが面白い


271 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/13(月) 12:06:56 ID:FpFj8lkI
乙でした
手を震わせてたのもブラフだったのかもな


273 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/13(月) 14:57:46 ID:Q5N6Jdxw
>>271
>>257で震える手って言ってるから、それはないと思う


274 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/13(月) 16:33:57 ID:Yuhr1pI.
震えてるのは事実でも、大げさに振る舞ってすり替えは無いと思わせたってのはあるかもしれない


275 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/13(月) 22:36:23 ID:25AzTaiA

乙です
あの…こんな事聞くのは場違いかもしれないんですが…
麻雀のルールがわからないんでもし麻雀を学ぶのにこのサイトがおすすめみたいなのがあったら教えてもらえないでしょうか
非常に新鮮に感じるお話なんですけれど…
ルールがわからなくてその魅力が完全に読み取れないのは悔しいので…



276 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/13(月) 22:47:41 ID:Q5N6Jdxw

>>275
とりあえず基本ルールだけ覚えて、後はフリーのFLASH麻雀ゲーとかやりながら役を覚えていけばいい


281 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/14(火) 21:29:17 ID:kCXOB2es

脱衣マージャンでマージャン始めたって人は多いだろうなw


277 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/13(月) 22:51:08 ID:aUsiApeI
ここと同じ作者さんで
「やる夫で学ぶ麻雀の役」 「やる夫で学ぶ符計算」というスレがあるから、読んでみるといいかも
断じて婦警さんを学ぶスレではないぞ


278 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/14(火) 06:07:00 ID:nfME0vl2
山田くん、>>277さんの座布団3枚取りなさいw


279 名前: ◆RYUU.nj4zk[sage] 投稿日:2015/07/14(火) 21:19:19 ID:8CF3XAbY
>>277

そのスレはあんまりわかりやすく無いので、学ぶ系としては駄作もいいとこなんですよねぇ……

>>275
やる夫スレで自分が一番わかりやすいと思っている作品をあげておきます。
知ってる人に打ちながら教わるのが一番わかりやすいんですけどねホントは。

水銀燈が麻雀を始めるようです
http://mudainodqnment.blog35.fc2.com/blog-entry-763.html


283 名前: ◆RYUU.nj4zk[sage] 投稿日:2015/07/14(火) 21:34:11 ID:8CF3XAbY
あれ、続きが無かった。
本スレのURLの方が良かったか。


水銀燈が麻雀を始めるようです
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1237709103/

水銀燈が麻雀の「待ち」を解説するようです
 (初代スレの「宿題」の解説のみです。)
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1238309137

水銀燈が麻雀を覚えるようです
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1238936841/

水銀燈は麻雀について知りたいようです
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4gep/1265552616/


284 名前: ◆RYUU.nj4zk[sage] 投稿日:2015/07/14(火) 21:43:18 ID:8CF3XAbY
久々に見たがやっぱりわかりやすくて面白いなぁ。


286 名前:名前なんて無いだろ常識的に考えて[sage] 投稿日:2015/07/14(火) 22:09:19 ID:9zkGuwOY

東西南北の並びが揃った時、何かすごいことが起こる

そう思っていた時期が俺にもありました



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2chまとめランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。