スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[R-18] 復讐日記 (Black Dog'sシリーズ)



同シリーズ

改造手記
Black Dog's Corporation HP案内
巴の告白



85 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:11:07 ID:HFxVc3L20

50レス強お借りします。

タイトルは「復讐日記」です。


86 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:11:22 ID:HFxVc3L20

長年かけてつけられた日記というものは、その人物の人生そのものの縮図だという。

          ,. ‐''"``'' -、
       .r''"       ,>
       ///// ‐ _.,.. ‐''":/
      /////   /::::::::::/
      / /     /:::::::::/
      / '     /:::::::/´ヽ
     ///    /::::, '-、  ノ
    .///  // /::::/ ,ノ/ヽ
   ./ /    /:::::::ゝ'"  ノ
   ./     /::::::i´、ノ ,/ヽ
  ///  /, /::::::::`ァ‐'"  ,.ノ
  ///  ///::::::::::,へ、,. イ



それならば僕のこの日記帳――もう何年も使っている――は、僕の人生の縮図なのかもしれない。

                    ,斗-、
                 > ´   \     パラッ
.             r‐、/        \
    _______| |\\          \
  rく         `V〉,\\__       \
  Vヘ           V〉, `ー―┘      _,\
  Vヘ          V〉,        , ≦,斗‐''
   Vヘ             V〉,    , <>'
   Vヘ             V〉,   < /
    Vヘ           V〉 〈//
    Vヘ、 ______  ,∧_/
     Y≦三三三三三三≧厂

――そして数日前から、僕が書き記すのは自分だけの事ではなくなった。



いつか書き記すことが無くなる日まで、僕はこの日記帳を僕と彼の事で埋めていくつもりである。

                (__)Xヽ
                   >、.ノ::::\   -- 、   カリカリ…
                 , ‐-\::::::::::::::>'´    〉
             /   __\_/       /
             /    '´ ̄     l/}
           /             '  |
          ,'               ノ
          |                 /}
          |               /
,  -―‐-  、 _ノ                   イ
        丶 `丶、              ノ
           \ _ \        /::
           ノ \ 丶      / .:::::
           /    ', l  .  '´ .:::::::::
       /      | |≦ .:::::::::::::::::
     /        l.ノ .::::::::::::


87 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:11:41 ID:HFxVc3L20

僕が最初に彼――マリヤと出会ったのはハイスクールの頃だった。

彼は日本からの交換留学生で、一通りの行事を体験するために、
一年間を僕たちのスクールで過ごす予定だった。

             ,  ≦ ミ ´   マ   ≧、_
           /ア ´ , {  ヽ ヽ ヾ ̄   {  \
            //'   /  i  i     }  `、 ノノ.}   `、
       , イ/./  , /  i  l l   lヽ  ',  ム   .`、
     /   //  .{ il    ムィ―イノ }  .',, イハ j   ',
    //   ,/ i   l .lマ   { j /」/.}./i i .L// }    .i
   //  /} .,l .l .lマ´{∨  }i .ィf示 ̄アi  } i l  .l/   .}.l
  {/i  / i /l  { { ,,ィァャ\マ  弋ツ ,l  '}/} ./   /},l
    | /  {.,' {   ', ヽ弋ノ l        } i Y/  ,ィヽ リ
.. ,  | /   .{i ∨ .lミヽ    __   /  j/ .,, ≦ハ. ヾ、
. ハ .{'    {  ∨ { ハ     マ   .i  / /,, ≦i i l  \ ヽ
V i        }ヽY. ヽ   ヽ  '  i /7 .|.ノ {  {.  ヽ\
.} .l        i ./j     ` 、_  彡 il ム ノj \ \  ヽ
.j  ',       .{ {イ    ./ ハ≧ 、_,-マ j」≦}―ァ≦ト、ヾヽ `
  \    , ´{.i  ./_,,-{≧=- 、-ミ- {―-、 .i{  /' \\ヽ
ヽ   ` 、 ´/ `{// // {    ,トイ    / {{  .{{   マ.',
.、     .',-、 /Y   // /L_/i/ ヽ  ノ .}}  .}} ./  }
 .\   / l     .,/' {{ /  /.l   i`' .}}  .}}/   ノ /
 /  .}/   l  j   /' .{{ ' .ヘ { ii/ヽ } ,,ィミ  .}},  ´/
 .>、     Y/  ,イ  7ミュ,  }  彡ッィ ´  ., 彡  /
/ノ}ミ、 ,,,'  ∨/  .// ヽ ` ==彡 イ} ,  ´/  /
/ i iハ     Y   //   `/ '  j ´ ./ i  ./ マ、
  .l l {     {   i.{        / ./  .{ /  j.∨ ./
  j i  }       ∨  .{{        { ,ム   マ{  /i ノ/
 .ハ .ノ     ∨  マ,        {' {{  _ ヽ .ハ j_
 i .∨ ∨     }Y_マ、        マ/  マ_{/  、`
 | /  }        } l` -}}     ` -/   ,,  マ-、    ',
 i /   il       j  }}      / ,/  ノ  ヽ ∨
  `    l 、    , / }  .}}      ̄ノ /   ノ  マ∨ノ j
     ∨ i-- ' .∨ l  }}     ,  ' ヽl   /  , ィ ∨ ./


88 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:11:52 ID:HFxVc3L20

学業成績もよく、生活態度も品行方正。

          / _ `V´_ /  >‐     ‐ミ 、 ヽ、
         ″ ´ _,ソ´ ̄/  /        ′\ \ \
          //  / 〃i \/  /  /  ′   i|  l ヽ ヽ Y⌒ヽ、
.         //  /  ,″ \.′〃  ,/ ,/    l|  |  ハ  Ⅵ、`ヽ|
        //  /  {{\ .′ {{、_i{__ j{    l|  |  i |   !| |  i |
.        ' ′ .′  '}}\`i  {{ハ 人 `ハ.   リ  |  l | /' !| |  l |
        |i   {    〃f⌒|  亥f芹ミ心{リ、 i| /jオナメj l,'  !| |  l |
        |l  :   |i八 (|  i{ 込_ク    Vル'´rf斧ミ刈  ,リ| ! !
        |l.   、  |l  iヽ|  |{、         {   込,ク ' ソ  〃 ,′//
        ヾ.   \ |l  l |i l |i |             ・彡' 〃 / //
         \、  '|l  l |l | !',j               /イ 〃 ,′//
           }i  |l  l |l | !∧    ` ー     イ l {i / //
           |l  |l  l |l |  ∧、       /´!´ i    l|′//
           |l  |l  l |l ∧ l l| >--- イ| |  ! l  l|i l i
           リ   |l  l |l ′i  l|[>‐r‐<}| |  ! l  l|i l |
         〃  |l  l | i/|  ll`冖岔冖´| |} i l  l|i l |
       〃  ,/!l ,r≦| l  |  l|_{_}_! {`ト{ i  l|i l |
       {{   {{/ .\刈/|  リ  /{`V⌒ ヽV' リ   リ≧x|_
       ,r┴‐r≦、    ヽ \l /' ∧`〈/´⌒ , ∨ |  / // ,  `,
.      |l `ヽ \\    \レ'、 / ∧/ /¨二、 }i リ / // /   |

何故か女の子の格好をしているという点を除けば全く完璧な生徒、
というのが教師たちの評価だった。


89 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:12:05 ID:HFxVc3L20

だけどそれは、マリヤの表の顔、まわりを欺く仮面に過ぎなかった。

          / _ `V´_ /  >‐     ‐ミ 、 ヽ、
         ″ ´ _,ソ´ ̄/  /        ′\ \ \
          //  / 〃i \/  /  /  ′   i|  l ヽ ヽ Y⌒ヽ、
.         //  /  ,″ \.′〃  ,/ ,/    l|  |  ハ  Ⅵ、`ヽ|
        //  /  {{\ .′ {{、_i{__ j{    l|  |  i |   !| |  i |
.        ' ′ .′  '}}\`i  {{ハ 人 `ハ.   リ  |  l | /' !| |  l |
        |i   {    〃f⌒|   {::::::Y⌒ヾ{リ、 i| /jオナメj l,'  !| |  l |
        |l  :   |i八 (|  i{:::::乂_ノ::::: Vル'´Y⌒ヾ刈  ,リ| ! !
        |l.   、  |l  iヽ|  |{、:::::::::::::::::::::::{:::::::乂_ノ' ソ  〃 ,′//
        ヾ.   \ |l  l |i l |i |         ::::::::: ・彡' 〃 / //
         \、  '|l  l |l | !',j   ト、        /イ 〃 ,′//
           }i  |l  l |l | !∧  トV`ttttィソ^. イ l {i / //
           |l  |l  l |l |  ∧、ヾ__,,,ノ/´!´ i    l|′//
           |l  |l  l |l ∧ l l| >--- イ| |  ! l  l|i l i
           リ   |l  l |l ′i  l|[>‐r‐<}| |  ! l  l|i l |
         〃  |l  l | i/|  ll`冖岔冖´| |} i l  l|i l |
       〃  ,/!l ,r≦| l  |  l|_{_}_! {`ト{ i  l|i l |
       {{   {{/ .\刈/|  リ  /{`V⌒ ヽV' リ   リ≧x|_
       ,r┴‐r≦、    ヽ \l /' ∧`〈/´⌒ , ∨ |  / // ,  `,
.      |l `ヽ \\    \レ'、 / ∧/ /¨二、 }i リ / // /   |


90 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:12:15 ID:HFxVc3L20

言葉巧みにまわりの連中をたぶらかし、時には実家の財力に物を言わせ、
さながらクイーンのように権力をひけらかし、人をいいようにこき使う。

         /  /  /      ,      、  ヽ ハY⌒ヽ、
            ′ 〃 /  /   /       ',   i'  |ハ、  |
         i  /{  ′ / / ,'          i   | ノ|´`| i |
         | ' }V   ハ i |      /   l   |,′|  | l |
         | i |,|   {NVヽj、   イ ノ  |  リ ,ノ|  | l |
         | l {.|   |  `   {ヽレ'/イ .ィ ノ  /く  |  |  .'
.           l | !'|   |.     ! ′ '´ 'イ_r‐{,ノ  |  j  |
           ', l |ハ   !、 、_     /^〈 ヽi 〉 | |  ;
           リ | ∧  Vヽ    ̄ .ィゝ'     /   i|  | /
             ノ ̄{'}ヽ. ',弌.¬=´/   x≦、__  l  l /
            〃  |:| }  }、 `Y}' 〈  ,/  {:} ハ |  l'
        /′  |:| |  | \jノ>'´ ̄ ̄ ̄! j:j' | | ′
          /      !:! ノ ノ_,.イ^ハ      | |:|  | |

そんな支配者体質がマリヤの本性だった。



91 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:12:35 ID:HFxVc3L20

学力評価は全教科において C からせいぜいB-、特にスポーツもやっていないし地域の奉仕活動の
有名人なわけでもない――そんな僕は、彼と彼の取り巻きにとっては恰好の使い走り兼サンドバッグだった。

                               ,、r‐、,、
                                /1lMi|ヘ
                                ,イlmlト、
                               , ィ⌒ヽメ、」
                            /: : : :´ ム__ゝ
                           /:_:_:_:.、: イ: :`.〈
          _,...-‐====‐- ..,      く'´:::::::::::::::\: : : :ヘ
      .,ィ: : : : : : : : : : : : : : : : : : `丶、   _〉::::::::::::::::::::::\: : |ヘ
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .ヽ_/'´::::::::::::::::::::::::::::ヽ:|:∧___________
   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::\;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::Y:.∧二二二二二二二二二ヘ
  ./: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、:.∧             ヘ
  {: : ::_,...-‐===‐- ..,: : : : : : : : : : : .:::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::`:∧―――――――‐┬‐ヘ
  .>'´: : : : : : : : : : : : : : : . :::::.... : : : . . ..:::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::/<: ヘ: . : . : . : . : . : ./マハ. ∧
 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::`ヽ: . : . : . : . : //. マハ. ∧
.,′: : : : : : : : : : _:_: : : : :. ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::;:::::: イ: . : . : . : ..//    マハ. ∧
.{: : : : : -‐ ''  ̄ '' ‐ 、 :.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::|二ニニニニニニニニ.イ.      マハ. ∧
..iγ´              `丶、 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ソ:::::::l         |: :|.        マ:ハ. ∧
 ヽ              `丶、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ::::::::|.          |: :|.        マ:ハ. ∧
  `丶、              `丶 :::_: _::::::ィ:::::::::::::::::::::;ハ:::::::|.         |: :|.        マ:ハ. ∧
      ゙"" ''‐- ..,_           イ二ニ」 、:::::::::::::::::}  ';::::|           |: :|           マ:ハ. ∧
         /   ハ::7 ― --- イ ''"´       `丶、:::/  }:::l             | : !.           マ ハ. ∧
          /    ,ハ::,′      | T '' ‐- ..,_    ノ  /:::::、            | : !.           マ ハ. ∧
        ,/    ハ::,′        !|        ̄     l::::::::::\        | : |            マ ハ.  ∧
       /    ,ハ::,′      |.|             、::::::::::::::ヽ        | : |            マ ハ.  ∧

今でも鮮明に覚えている――マリヤの取り巻きだった、フットボール部でクォーターバックを務めていた乱暴者に
殴り倒され、床に這いつくばった僕の頭を踏みにじるマリヤの姿を。

僕が何かをしたわけではない。

僕を殴った男はその日の試合でのミスをコーチに咎められたイライラを目についた僕にぶつけただけ。

そしてマリヤの方はと言えば、たまたま彼の前に倒れ込んだ僕の頭がちょうどいいところに
あったから――本当にそんな感じで何気なく、当然のように僕を踏みつけたのだ。


92 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:12:51 ID:HFxVc3L20

『ったくだらしねえなあ。男ならちょっとはやりかえして見せろよ』

               . -─-v -─- .
             /     Z     \
            /   _       _   }ヽ
         /∨⌒/´   /     `∨ .ハ ⌒ ヽ
          . ' ∧ ∨ /     l  i   i  ∨ ハ \  \
       / . 'ト、V i .l l li l|  l l ! l l!  ∨ ハ  ヽ   ヽ
.      / / |  !  !十十ト!l  !ィ十十l l l|/ ∧  l l! lli
      l / .リ i{  「斧≦|从 !ハ≧斧k  l| ' ∧ リ i! il|
      | ll   |l lハ Ⅴト‐ソ 人! イト‐ソノ!  l|  '  ∨ リ .リ
      | l|  从 i lハ ハ ""  .  "" / . リ  〈  ∨ル'
      | l| // リリ ハ iト、 ーrェァ‐' イ //   ヽ  \
.      从レ/ __又´: :| l|: :> -∩<: .リ //ーく   ヽ.   \
       「  i  |l: : .| l|: 〈\:.:| |: :_:./ //: : : /7、_   \   \
.       |  : |l: : 从l:〉 \ N |´ / //: : : //  !    \
       /|  ∨: : : : 弋 --'  ∨ //: : : //   |     ヽ
.    /  l|  /: : : : /: : マヌ.   ∨i!: : : //   |
  /  /jl| 从: : : : i: : : : : 人   ∨: : ::Y    .'
./  /  ∧  人: : 从: : : :': : : \_ 〉、: l!/  ∧
  /   //∧  }: : : :i!: : : : : : : 〈    ∨´  ∧∧
.     /// ∧  |: : : : 〉: : : : : : :∧    }  ∧ ∧
    /// / 〈   !: : : i!: : : : : : : i ∧ __ _ノ  / ∨ i    i
    /// /  }ル': : : :j: : : : : : : :l〈     i/i  i! l|    l
   从{ル   /: : : : :/: : : : : : : : i∧     /!  | l|    l
    .人 /: : : : : :/: : : : : : : : : :!:∧   / !   | l|   ノ
     /:\: : : : :/: : : : ー-==j: : : :ー く  l!   | l|  イ
    く: : : : : \ :/: : : : : : : : : : : |: : : : : : } ル ル' イ .メ
    / \: : : : :/> -- .. _:_ :_:_:_j!_ : . :≦∨ // /ルイ
.   /:::::::::::>-'::::::: ::::::::::::::::::::::::::::|     ∨./イ/

僕の頭を踏みつけて薄笑いを浮かべながら言ったその時のマリヤの姿を、
僕は一生忘れることは無いだろう。


93 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:13:13 ID:HFxVc3L20

ハイスクールの後カレッジに入った僕は、そこですっかり身を持ち崩した。

    .  .  .  .  .
    ,.'"´  ̄ ̄ ̄``ス :
   /       ,,ィシ′ ヽ :
  ./      ィイ      ', :
  i.:.:. :.:.:.:.:..: ,ィイ.        j :
  l.:.:.:.:.:.:.:/⌒彡.       ヽ :
  l.:.:.:.:.:.:.:l い ゙'      ーr' :              __rry
.  ',.:.:.:.:.:.:.ヽ_ノ  ',    ,r‐ ' :  「 ̄ ̄ ̄ ̄二二二「.:.:.:.:ll1
   ヾ.:.:.:.:.:.:/ハ     `''7 :   王7´ 二l>…ェェェ ━━y‐--- 、    _ __ __
    ヾ.:.:.:/ ', `ヽ    〈 :     ̄ ̄  ̄\L(に)」 ("´ノ_,.ィ   `ーr::::::::::::::::::::::::::::::
    _エ´   ',  ``''ーr‐' :           ̄ ̄(´ ̄ _):::i     !::::::::::::::::::::::::::::::::
    / ̄`¨`ー-- 、  !\ :             (´ ̄_)::::l     !::::::::::::::::::::::::::::::::
  ,.イ         /1 ! ト、 ;             (´ ̄)::::::l__ノL:::::::::::::::::::::::::::::::
/   ̄`¨`''ー---' | ', l 」 ;               ̄       ``ヾ::::::::::::::::::::::
             ヽL 1 ヽ ;                        ``ヾ:::::::::::
 ̄ ``ヽ           l/  ', ;                           ``ヾ
     \         l   ', ;
      \        1   ! ;

やばい連中、分かりやすく言えば地元のファミリーの下っ端のチンピラ連中と付き合って
何度も喧嘩沙汰から傷害事件を起こし、ディスチャージ(退学)からファミリーの下っ端へという、
絵にかいたような転落人生だ。

      ゙:,          |                             |         ,:゙
       ゙:,     ,.;-===-;、                        _.,.;-===-;.,    ,:゙
        ゙:,   ,r゙´ ,..;-‐‐-;、 ゙ヽ、                    ,.,r'゙ ,.;-‐‐-;.、`゙ヽ   ,:゙
         ゙V´ ,.r゙    ゙:;、ヽ  ¨゙゙‐┐             ┌‐゙゙¨  ,r' ,.;:゙    ゙ヽ ゙V゙
         ,.-゙゙゙´       ヾ;  o ゙、             ,.゙ o  ;゙,r'       `゙゙゙-、
      ,.-‐´  l、     ,   } .}    h-r゙ニニヽ─‐‐r'ニニ゙r-h    {. {   ,      ,.l  `‐-.,
     /   ゙ヽ、}    ノ  ノ ノ    jF゙ヾニニフ ̄ ̄ヾニニッ゙Fj    ゙;, ゙;,  !、    { ,.,r'゙   ゙i
     ゙;  -‐、 ゙l    r゙-r゙´.}´  o  r゙             ゙r  o  `{.`゙゙;-゙r    l゙ ,.‐-  ;゙
     ./゙;    ヽ{ ,.-‐、 }ヾ, ノ/゙ー-‐┘             └‐-ー゙\(, , /{ ,.‐-、},/    ;゙゙i
     .\゙;   ´゙゙l,;  l /゙ヽ{/                          ゙i},r'゙゙i l  ;,l゙゙`   ;゙/
      ヾ;,    ゙=-‐゙´  ノ                            (,  `゙‐-=゙    ,;ッ
         ヾー‐゙゙´   ,.;゙.ソ                            ヾ.゙;、  `゙゙‐ーッ
          \  ,.;-゙´/                              \`゙-;.,  /
          `゙ヾ.,,/                                 \,,.ッ゙´

幸いにも(と言っていいのかどうか)僕には組織運営の適性があったようで、数年の内に
ファミリーの売春部門を任されるようになった。

マリヤを再び見たのはそんな時だった。


94 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:13:50 ID:HFxVc3L20

日課の人身売買マーケットのカタログの更新分に目を通す作業をしていた僕は、
そこに懐かしい顔を見て驚いた。

     i   i   !    !     !  l   !   l  l l,ゝi ! ,.!        ;;;;;;;i;;;;;;;
.    !   !   l   l     !  ! .i    } l ! l,!!∨'ト     i   ;;;;;;;;!;;;;;;
    l  il    !   !     i  ! .!i  /.! !Vィチリ!/゙;'! i    l  .;;;;;;;;!;;;;;;
    l  .l ゙   ゙、      l  l レl. ,'/'リ乍;;;;刈. / l .! l.   ! .;;;;;;;;l;;;;;;;
    !  l ヽ.   ヽ  、   i!  l. l !//  乂辷ノ,. .! ! l | .! .;;;;;;;;|;;;;;;;
    l  .!  ヽ   \  、  ! ,'l !     _´ ̄´   l ll  !  ! ;;;;;;;;;l;;;;;;;
.     l   !   ;;ヾ、  ヽ\、ヾV!'/ リ           l.! ! !  l .;;;;;;;;;;!;;;;;;
     !      ;;;;;;;ヽ\、 `:::::::::!            〃 l .!   ! ;;;;;;;;;;l;;;;;;;
    l i !  ;;;;;;;;;ヽ::::::::::::::::: !               〃 .l.,'!   !i ;;;;;;;;;;l;;;;;;;
     l :! l   ;;;;;;;;;ヽ:::::::   ヽ               /   リ.l   !l ;;;;;;;;;;l;;;;;;;;
      、 、 !.   ;;;;;;;;;;;;,、                     l  .l,; ;;;;;;;;;l;;;;;;;;;
     ヾ、、   ;;;;;;;;;;;;;\      、  -―-       , 'l  .,; ,;;;;;;;;;!;;;;;;;;;
          ヽ   .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;, 、              / ! .;;;;;;;;;;;;;l|;;;;;;;;;;
           ヽ  .;;;;;;;;;;;;;;;;;;l  :::...、        ,. /  ,! ;;;;;;;;;;;;;l !;;;;;;;;;;
            ヽ  .;;;;;;;;;;;;;;;;;i  ゙、;;;;;;;;;,,、   ,. '/ / l .;;;;;;;;;;;;;l .l;;;;;;;;;;
            、 .;;;;;;;;;;;;;;;;;!  i.;;;;;;;;;;;,<l  _,/i  l/! .;;;;;;;;;;;;;l  !;;;;;;;;
            、 .;;;;;;;;;;;;;;;;;!  l ;;;;;;;;;;;l l ヽ/ l /   l ;;;;;;;;;;;;;!   、;;;;;;
            、;;;;;;;;;;;;;;;;!  } ;;;;;;;;;;;;}\' >'"    l ;;;;;;;;;;;;l /ヽ;;;

表情はすっかり荒んでいたが、それは間違いなくマリヤだった。

カタログによればすでに一年近く売りに出されているのだが、幾度か返品された扱いになっている。

僕にはすぐに分かった。どんな事情でこんなところで売られているのかはわからないが、
マリヤの性格からしておとなしく自分を買った人間の言う事を聞くことは無いだろう。

その美貌と、東洋人特有の何時まで経っても若い見かけから本来のカタログ価格はかなり高目なのだが、
幾度も返品されているためにかなり値引きがされている。

このラインだと、おそらく次に買われた時には奴隷用途ではなくスナッフ・ポルノのモデルにされてしまうだろう。

僕はデスクから自分のスマートフォンを取り上げると、アドレスブックから Black Dog's Corporation の
注文受付用メールアドレスを探した。

             ________
         --、〃::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
          「ヽ Yl:::::::::::::::::===:::::::::::::::::| |
          Lノ  iil::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| |-- 、
.        /    ii「 AT&T..... ̄ ̄ ̄ ̄| | く_i
       /    jl| .  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |   リ
.      /    /ll|             | |フ⌒ヽ
     /    厶ll|             |/ /ヽ /
      /    {- |||             i、_{_//
.     /      人リ |             | iブ´ ヽ
    {       }ll|             |/ <ヽ /
              i||             i{  V/
    i       i||             |丁´ヽ
    |        i|| o二二二二二二二| | r 〉
.   /i       i||:::::::::::::γ⌒ヽ::::::::::::::| ト、り'
.  / 八       .i||:::::::::::::弋.ロ.ノ::::::::::::::|リ
/ /  ヽ      ゞ=========ァ===== '
         \     /    /
                  /
                  /
           -‐


95 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:14:04 ID:HFxVc3L20

マリヤの競り落としに成功したという連絡が Black Dog のカスタマーサービスから届いたのは、
オーダーメールを送った翌週の事だった。

港湾部の倉庫に偽装された作業場の一つで、僕はマリヤとカプセルのガラスシリンダー越しに
数年ぶりの再会をした。

|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三>´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`<三」
 ||                                         ||
 ||                                         ||
 ||                   ,,. -‐===ー-、             ||
 ||           γ⌒y'´ミ'´ー-、三≧ ヽ_           ||
 ||           / /   ̄ `ヽ \彡>}、ヘ.            ||
 ||            / .〃/      ヽ. ∨/ハヽ、\          ||
 ||         /.:,イ !    !ヽ.   Y ∨/∥ハヘ ヽ.      ||
 ||          ,' :/ l ,ハ ∥ ./ ハ  |  Y ムイ1 ',  !..     ||
 ||           i .;' | iト从 / イ「从ハ/|  r=〈「l } } !.       ||
 ||           |ハ. l ヘ心〃/ '´込;ソ'|  トソ'}  ! l.|       ||
 ||         Ⅵ ! ∧ソ ::::::::::::::::::::::l   |イ:.  l  ! l       ||
 ||           ,リ |,ハ`  __     .!   ! |::.  !  !.|        ||
 ||             Ⅵ. 个 、ィ=ミ)  .イ!.  | l::.  l.  |.!.      ||
 ||               |l: . l ,r `ー≦rtf .l   !、::::. ゝ、リ      ||
 ||               li: . |{- 、 {≧≦ニ.l   ! ―- 、.          ||
 ||          / .!l::. |  、《_// フ| リ      V       ||
 ||     //   { ...|:. /         .! /        }.        ||
 ||.   //     !./!/           .l/      ..V      ||
 || . /        r:::´    /             .′   ハ      ||
 ||.           〉':::     ′   ..::;、:.   .′    ′.      ||
 ||            '.       {    .::ゞ'::   |     .′      ||
 ||         !               .イ    /     //. ||
 ||          |             / .′   .'   //..  ||
 ||            ′           / リ   /.  /       ||
 ||                    ,イ   ./ ヽ {             ||
 ||          }            .{   .′  .!.            ||
 ||.          }            ヽ |    ハ           ||
 ||         ′   i            \  ,.′            ||
 ||.       ′    i}            ヽ              ||
 ||.        ′    .!              Vニ=‐-ォ         ||
 ||        ′ .{           /        Vニ/l|         ||
 ||         ヽ. '.          /          Vニニ|        ||
 ||            '.       ′         Vニl|        ||
 ||      !.゙_,. -‐ '´.       /           ....}ニ|        ||
 ||     ノ}}´       ,,;;;,,___.           ...|ニ|        ||
 ||... Y´::::,リノ   _ソ`Y,.'´  V       i    . 八_l|        ||
 ||  >ー'´  ̄ {  {   /        ...ij  . ...ニニ|        ||
 ||..  |ニ≧=-  >-ー-イ            ...イニニl|        ||

もっともマリヤの方は僕の顔など覚えてはいなかったようで、カプセル越しに
にらみつけられただけだったのだが。


96 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:14:25 ID:HFxVc3L20

作業の準備が進められていく間に、Black Dog の社員が僕にオーダーの最終確認をする。

|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三>´ ̄.!ニニニ.「 ̄. | |  ̄ | |.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| | ̄ ̄ ̄.| | ̄`<三」
 ||     |ニニニ!   | |    | |           | |.   \. |.     ||
 ||     |ニニニ!   | |    | |           | |    \\.     ||
 ||     |ニニニ!   | |    | | >... ̄ ̄  \.| |.      |\\.... ||
 ||     |ニニニ!   | | /゙´           | |.      | |..\.   ||
 ||     |ニニニ!   |./.      ___.    /./ ‘    | |.     ||
 ||     lニニニ|   /....  >'´    `ヽ....././.   '... /./.     ||
 ||     lニニニ|.  _ > ´ニニニニ≧x  \_ . ハ././      ||
 ||......\ .|ニニニ|......//ニ三三三三三三≧x |: : : ::`ヽ ̄`ヽ      ||
 ||.    \ニニニl.....| |三三三三三三三三 }.!:.: : : : : }}   |..    ||
 ||....  \\ニl.....| |三三三三三三三三ノ ヽ:.: : : //__/.      ||
 ||..    {l\ニ{ . | ヽ三三三≧ ―-、  /{ ̄> } l.|     ||
 ||    ∨ニ∧. \ ≧  /..r.―.-. 、.  ̄ ! |::.  !  !.|        ||
 ||      \ニニ\. \_/゙..゙! : : : : : : Y.!  .| l::.  l.  |.!.      ||
 ||       \ニニ≧=--=≦{.:\:_:._.:ノ.l   !、::::. ゝ、リ      ||
 ||          ` <.ニニニ> 、 {≧≦ニl   ! ―- 、.          ||
 ||          / .!l::. |  、《_// フ| リ      V       ||
 ||     //   { ...|:. /         .! /        }.        ||
 ||..  //.      !./!/           .l/      ..V      ||
 ||..../       r:::´    /             .′   ハ      ||
 ||.           〉':::     ′   ..::;、:.   .′    ′.      ||
 ||            '.       {    .::ゞ'::   |     .′      ||
 ||         !               .イ    /     //. ||
 ||          |             / .′   .'   //..  ||
 ||            ′           / リ   /.  /       ||
 ||                    ,イ   ./ ヽ {             ||
 ||          }            .{   .′  .!.            ||
 ||.          }            ヽ |    ハ           ||
 ||         ′   i            \  ,.′            ||
 ||.       ′    i}            ヽ              ||
 ||.        ′    .!              Vニ=‐-ォ         ||
 ||        ′ .{           /        Vニ/l|         ||
 ||         ヽ. '.          /          Vニニ|        ||
 ||            '.       ′         Vニl|        ||
 ||      !.゙_,. -‐ '´.       /           ....}ニ|        ||
 ||     ノ}}´       ,,;;;,,___.           ...|ニ|        ||
 ||... Y´::::,リノ   _ソ`Y,.'´  V       i    . 八_l|        ||
 ||  >ー'´  ̄ {  {   /        ...ij  . ...ニニ|        ||
 ||..  |ニ≧=-  >-ー-イ            ...イニニl|        ||

心理面では全身を脱力させる反抗防止用キーワードの刷り込みに、反抗心の増強。

肉体面では乳房とペニスの増大、肛門と直腸の拡張に性感の植え付け、筋力の弱体化。

そして疑似妊娠器官――いわば疑似子宮の植え付けだ。


97 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:14:40 ID:HFxVc3L20

この疑似妊娠器官というのは、女性の子宮と似た器官を体内に生成させ疑似的な妊娠状態を可能にする、
全くワンダフルというしかない肉体改造技術だ。

                          ヽ     /    ー-..     ¦
      !                     ー.._ノ    _../   "ヽ   ヽ
     │                       `ー---....:ニ    l  ` 、
     1                          -‐  ''‐、-'     ヽ  '、
     1                          !   '、  ゛-  ‐  │ '、
     │               ,,--‐-''''‐--..,,  ゙   ノ     ''   │  ゝ
     ¦              /          ''ーニ''   ! ̄''ヽ ゝ..  ゙  │
     │             1   疑似子宮 、._      、 |   ヽ ゝ │ /゙
      '、             '       ̄''''ー‐ニ 、  ││   1 |  ! / 1
       '、              \          `¦ | l    !丿''''ノ │ '、
       ゙        .-'''''''''''''''''''''''-ヘ―‐''''''''''''''''''''‐ ゙1│    │| 丨 │ │
        ヽ        、          1''`ー 、    ヽll│    l│ |  |::::::::│
        ヽ        `ー   膀胱       ゛: - │!│直腸 │! 丨 丿::::::::|
                    ''‐          /'´│./ {   丿1 l  /:::::::::::|
         ヽ            ‐..................---‐丿 イ│ │  ¦ / /:::::::::::::::|
          ノ             -‐/  ' ./ン‐ /  f  _/   /:::::::::::::::::::/
        .--‐''''''''''''''ー-,,_____    ∟ !-‐''フ゛    {    /    /:::::::::::::::::::│
       /              ^''ー 、,,冫''''" 前立腺   1       /::::::::::::::::::::::j
       !    ‐" ̄ ̄"''''''ー―-''^ ̄^''''‐       ヽ  !   /::::::::::::::::::::::丿
      │   / /'./ヽ            冫        ''ぃ /::::::::::::::::::::::::/
      │  ノ 丨│ |     ¦''''''ーニ二_        __....-‐'':肛門 ::::::::::::::::::丿
      l   1 / i::::::{ .......... │::::::::::::::::::::::''''''''''''''''''''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
      陰茎   { ノ |::::::::!     '│:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      !   { l / ./      l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::1
      !   { 1│¦ 精巣   1:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│
      ヽ  │ |│ ヽ      │:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::1
       `-....」__亅l:::::::::::‐   ,,-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│
            丶::::::::::::::: ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::│


98 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:15:14 ID:HFxVc3L20

さすがに胎盤が再現できないため胎児を育てたりは出来ないらしいのだが、羊膜と羊水は
再現できるので疑似的な妊娠状態(いわゆる想像妊娠に近いらしい)を作り出すことができるという。

           _..--‐‐‐―‐'''''''''''''ー-
     /     ./ /" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^゙''‐-ヽ、                    ‐
    {     ./ '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー^ヽ.. `‐、._/    丿  ^ヽ 、    '、
     |     ││:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ \ "`ー-,,  '   ./    、  ヽ
    1     l |::::::::::::::::: 疑似子宮:::::::::::::::::::::::::\ ヽ  -‐‐'':-、 /   ヽ   '、
    l     1│:::::::::::::: (妊娠状態):::::::::::::::::::::::::::::::、 '、1     ''-  / ヽ   ゙:
     ヽ    ¦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐_゙lゝ,,  〕   `¦  ゝ   !
      1     ゙: ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ソ ''‐''  !"゛ヽ ゙l  l   | 1
      1     'l. \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ    ゙ 、 ! │ 1  │¦
      ヘ      ー-`ー..............,,__::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..\   1 ¦ ! │  1 l
       ゙ 、       ゛ー 、......--―――ー---=‐ニ''''" `ヽ ゝヽ  |  1 1''‐|   ! ¦
        ヽ          ,,....---‐---....,,     `''''‐. 1 ゙'、ゝ l  ││ |  /   !
           ゙ 、       ヽ..          ー-..    ヽ1 11/   ! 1..¦ ,/:::::::::::|
          '、         ゛\   膀胱      ゝ /1、 !/   │ l¦ /:::::::::::│
            \          \          //  ノ││直腸 丿 |/:::::::::::::::::::│
              1            ヽ..     ..-'./  ノ  | |   /  !"./:::::::::::::::│

この会社から商品を購入するほとんどすべての人間が注文するという、
いわば目玉となる独占技術というわけだ。


99 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:16:07 ID:HFxVc3L20

作業状況の確認のために施設を訪れたのは、前回から二週間後の事だった

 ||          ` <.ニニニ> 、 {≧≦ニl   ! ―- 、.          ||
 ||          / .!l::. |  、《_// フ| リ      V       ||
 ||     //.  { ...|:. /         .! /        }.        ||
 ||.   //     !./!/           .l/      ..V      ||
 ||      /´         /´         / .′  ハ.      ||
 ||     .rイ:::::..         / ...:;、:..        ′   ′     ||
 ||     Y::::::         '{ :::ゞ':::      .八    ....′.      ||
 ||     丶.      八        / イ   . ./.        ||
 ||        ヽ-- <  >   __ .  イ / ..′ ./          ||
 ||          /              V   ヽ .{.'        ||
 ||        /                  ',    |           ||
 ||.       /                 ',   .八        ||
 ||       ′                  |   ハ.          ||
 ||                            | .   ′  ○    ||
 || (_)   {     .,′              ハ  ′.      ○......||
 ||      八..,.::⌒ヽ              ..ヽ     .....0 。 。 ||
 ||..      {:::、::::::`ヽ.              .Vニ=‐-ォ.   o.  ||
 ||        }:!iゝ-- ':{         /      . ..Vニ/l|   。..... ||
 ||..       {:::::::::::::::ハ         /       .......Vニニ|        ||
 ||.   ○。  Ⅷ::::{{::::::ハ.      ′      ......Vニl|        ||
 ||. °O 。 ハ:::::::ゝ、:::ハ,      /          ......}ニ|        ||
 ||.     。 °.V::::::::ヽVハ             ... ....|ニ|        ||
 ||  ○   .!   ヽー‐= ≦ヽ       .i    ...八_l|        ||
 ||..   r―|.   .{  {   /        ....ij  ......ニニ|        ||
 || ..  |ニ≧=-  >-ー-イ           .......イニニl|        ||

『どうですか、もう間もなくカプセルから出せますが』
『……胸とペニスはこれで終わりかね?』
『ええ』
『もうこれ以上は無理か?』
『いえ、専用の細胞分裂促進剤を調整投与すればまだ大きくできます』
『ふむ……。ではそれを頼む。バストはトップサイズをそうだな、50インチ(約127cm)、ペニスは今の倍で頼む』
『それは……。かなり時間もかかりますし、完全に体型のバランスが崩れますよ。せっかくいい素材なのですから、
 綺麗に仕上げた方がお得だと思いますが』
『かまわん。金はいくらでも払う』
『分かりました。ではまた二週間後においで下さい』


100 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:16:39 ID:HFxVc3L20

再び施設を訪れた僕がカプセルの中に見たのは、ビーチボールのようなサイズの乳房と
ハーフガロン(約2リットル)サイズのペットボトルのようなペニス、そして子供を五人ほども
孕んでいるのではないかというほど膨らんだ腹の、フリークスと言ってもいい姿になったマリヤだった。

|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l|
|三>´ ̄.!ニニニ.「 ̄. | |  ̄ | |.  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| | ̄ ̄ ̄.| | ̄`<三」
 ||     |ニニニ!   | |    | |           | |.   \. |.     ||
 ||     |ニニニ!   | |    | |           | |    \\.     ||
 ||     |ニニニ!   | |    | | >... ̄ ̄  \.| |.      |\\.... ||
 ||     |ニ゙○ !   | | /゙´           | |.      | |..\.   ||
 ||     |ニニ 。°. |./.      ___.    /./ ‘    | |.     ||
 ||     |ニニ  °. /....  >'´    `ヽ....././.   '... /./....   ||
 ||     lニニ.. ° _ > ´ニニニニ≧x  \_ . ハ././      ||
 ||......\ .|ニニニ|......//ニ三三三三三三≧x |: : : ::`ヽ ̄`ヽ      ||
 ||.    \ニニニl.....| |三三三三三三三三 }.!:.: : : : : }}   |..    ||
 ||....  \\ニl.....| |三三三三三三三三ノ ヽ:.: : : //__/.      ||
 ||..    {l\ニ{ . | ヽ三三三≧ ―-、  /{ ̄> } l.|     ||
 ||    ∨ニ∧. \ ≧  /..r.―.-. 、.  ̄ ! |::.  !  !.|        ||
 ||      \ニニ\. \_/゙..゙! : : : : : : Y.!  .| l::.  l.  |.!.      ||
 ||       \ニニ≧=--=≦{.:\:_:._.:ノ.l   !、::::. ゝ、リ      ||
 ||          ` <.ニニニ> 、 {≧≦ニl   !  ―- 、.         ||
 ||ィ≦ミ、      ./ .!l::. |  、《_// フ| リ       V      ||
 ||0{//}0}    ..> { ...|:. /         .! /   、     .ハ.     ||
 ||///_.ノ  ○.   .!./!/ ..,       l/   ○ 。°..ハ....   ||
 |||/|  ./ 。°    /   .__       。 ○。°..    ||
 ||{/{ __'__ °      /    ../´_ _ `\   .°。°′.      ||
 ||У':;::.. Y.  °    ...v'⌒Xr=ミ:::  Y    .!     ′.      ||
 ||{l(;.:ノ::::: }      ..{ ,∠=ミ、〉ニ ノ:::  }   .|    /  °O   ||
 ||乂ヽ_::_ノ      /  )/ Y   ..ノ、  ,'  . .'°。°    ||
 ||   ̄ゝ.       .../  //   V..--<///>-=ニ _ .:○  ○。   ||
 ||     `  _ ______/し' /    {    ` <////////> 、。 。...||
 ||      /     /   〈  _! -―. <   ′.! ̄ \./\ミ、 .||
 ||....   |..    //⌒ヽ 〃T            °. .....{0{///l}0}..||
 ||..... //   ..イ   { し'  |          .. . . ..乂≧≦ノ..||
 || //.       |   }/  .....|           ... ../=‐-。      ||
 ||         |   i!.   ..|       ..   ,.:'Vニ/l ○ 。  ||
 ||         ヘ  し'   |        ... ィ >´Vニ○。..  . 。...||
 ||.   ○.。.    入     「    ....-‐ ´  ........Vニl|     ○..||
 ||. °O 。  /  '.  }   彳ヽ         ..............}ニ|       ||
 ||.     。... /    V     ヽ         . . ..|ニ|       ||
 ||  ○   .! {    {        }    ..i   .....八_l|       ||
 ||..   r―|. ヽ    ヽ     ノ     ....ij  ......ニニ| ..//  ||
 || ..  |ニ≧=- `ー‐<>―イ        .........イニニl|//   ||

『……どうですか』

Black Dog の社員がおずおずと声をかけてくる。僕がクレームをつける心配でもしているのだろうか。

『いいね。注文通りだ』
『では、これで完成という事で』
『うむ』

明らかにほっとした様子の社員が差し出したペーパーに、僕はペンを走らせてサインをした。


101 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:16:52 ID:HFxVc3L20

書類にサインをしてから二日後に僕の自宅に届けられたマリヤを、僕はこの日のために用意した寝室に運んだ。

                         ,,. -‐===ー-、
                 γ⌒y'´ミ'´ー-、三≧ ヽ_
                  / /   ̄ `ヽ \彡>}、ヘ
                   / .〃/      ヽ. ∨/ハヽ、\
               /.:,イ !    !ヽ.   Y ∨/∥ハヘ ヽ
                ,' :/ l ,ハ ∥ ./ ハ  |  Y ムイ1 ',  !
                 i .;' | iト从 / イ「从ハ/|  r=〈「l } } !
                 |ハ. l ヘ,赱ミ:、/ ,ィ赱ミ:.|  トソ'}  ! l.|
               Ⅵ ! ∧ソ :::::::::ーぅ.::::l   |イ:.  l  ! l
                 ,リ |,ハ`  __     .!   ! |::.  !  !.|
                   Ⅵ. 个 、Ⅴ `)  イ!.  | l::.  l.  |.!
....               _ |l: . l ,r `ー≦rtf .l   !、::::. ゝ、リ
              ‐/ /ニニニニニー---=≦ニニ≧=-r‐‐ァ
             ,′ {  }ニニニニニニニニ-――-ニニニ/ / `ヽ
             !   { ノヽニニ ´ . .::::::::::::`ヽ  ` 、   !
             !ij  レ´ /   .::::::(::´::):::::::}    ヽ   }
             ! /  ,                   :.   ′
              ´   /               ij   .}  i
         /                           ,  i
         '       {    ヽー、 _        /   !
        /       八     ヽー-   ̄≧=-ァ‐-  _  ,
          {. ,.::::::::: : :     、    ゝニ  __ ノ      }
        i {.::::::::::::::.     ≧s。...。s≦⌒  ≧s。、    ,
         八.r==ミ::::::.        /}        ヽ ≧=-イ
         乂_ソ:::::       , i::}          /.>
          ゝ __      イ::::!:ハ        //、
            i  ≧==≦// \\.   //  ` 、
            |    ,′::/ {  \\,//      ヽ
          /|   , ヽ/   }.    \/

薬が切れて目を覚ましたマリヤが最初にしたことは、自分の体を見てすさまじい悲鳴を上げることだった。


102 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:17:09 ID:HFxVc3L20

それから――精神に強いショックを受け、また筋力を弱体化されているためにまともに動く事も
出来ないマリヤを僕は思う存分凌辱した。

アヌス責め専用の玩具を使って尻穴をもてあそんでやると、マリヤはそれだけでペニスから
透明な粘液を溢れさせた。

                                {    }
                                ゝ _ ノ
                                 (  )
                                  γ  ̄ ヽ
                               {    }
                               ゝ _ ノ
                                (  )
                                  γ  ̄ ヽ
            ,.  ' ´ ̄ ̄ ̄ ̄  `ー <.__{    }__
         ,. '´                 `、 .ゝ _ ノ   ̄` <
          /                     '. (  ).          ` <
       /                    γ  ̄ ヽ              ` 、
    ,.'                        {    }              ヽ
.    /                          ゝ _ ノ               `、
   /                          (  )                      ヽ
.  ,'                           ,'`゙"!                   V
 :′                           ,′ i                     V
 i                          /    !                        i
 !                       ,.'   ヽ                         |
 |                         , '      '.                      |
 |                        ,./     ,ヘ '.                    |
 !                      /     ヽ /  }                     !
 |'.                    ,.イ        }} .,' }                   ,'
  ヘ                    ,'ヽ U    U /   /                     /
.  ',                     ヽ. __,. -r‐ '                     /
    '.                     Y   !   !                      /
    ヽ                      | u    |                    ,イ
      \                  |        |                    /
     { ヾ 、_          _,. イニ |        |               ,.イ
.      \三三≧===≦三彡 '  |   u   |                  ´/
          `、`-=三三三三=-'´   |       ハ≧=-..____,.. -≦ '′
           `、             |      〈 三三三三三三三彡'′
          \              ト、_ヽ  / /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄, '´
           ヽ >―<     ヽ: : : Y: 〉        /
          _,. '´      ヽ.   !  `r个´ ' ´ ̄ < /
           /                 ハ  | |         `ヽ
       /              /  '.  U          `、
      /             /    、O             `、
     /             /      '.                 `、
    /                  /      `、               `、
   /                 /        `、               `
  /            /          ヽ、            、


103 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:17:20 ID:HFxVc3L20

大小の球体で肛門をゴリゴリとこすりあげてやると、そのたびにマリヤは必死になって喘ぎ声を抑えていた。

 ____                           γ´  `ヾ
        `                           {     }
             `  、                   ゝ. _ ノ
                  \               __ (  )
                  ヽ           .γ´  `ヾ´
                ヽ          .{     }
                 ヽ          ゝ. _ ノ
                  ヽ      __ (  )
                    !.  γ´  `ヾ´
                        ヘ. {     }
                         ヘ ゝ. _ ノ
                      ,/;(  )
                .......γ´  `ヾ;/\
             .:.:.:.:.:.:;{     }:.  \
                .:.:.:.:.:.:.:;/;ゝ. _ ノ.:.:.   \
            .:.:.:.:.:.:;ノ;;(  );;/:.:.:.:.      \
          :.:..:.:γ´  `ヾ;/.:.:.:.:.:.:.        \
          .:.:.:.:.:.:;{     }':.:.:.:.:.:.             ヽ
        .:.:.:.:.:.:;/;ゝ. _ ノ.:.:.:.:.:.:.           ヽ
        :.:.:.:.:.:;ノ;;(  );/.:.:.:.:.:.                  ヽ
        :.:.:.:γ´  `ヾ;/:.:.:.:.:.:.:.                   ',
        :.:.:.:.{     }':.:.:.:.:.:.:.                     ',
       :.:.:.:!ゝ, _ ノ:.:.:.:.:.:.:.                    ',
      :.:.:.:.:.l;;;;;;; : :.::.:.:.:.:.                      ',
    :.:.:.:.:.:/;;;;/.:.:.:.:.:.::                        i
    :.:.:.:.:/;;;r':.:.:.:.:.:.:                             |


104 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:17:41 ID:HFxVc3L20

やがてアナルボールでは手ごたえが無くなってくると、次に僕はマリヤ自身のペニスに匹敵するような
スーパーXLサイズのバイブレーターをツールボックスから取り出した。

                      |  .(二)  .l |
              ,.      ̄ | { .(二)   i |   ̄  <
              ,.        ト、ヘ...(二)  /./}
           / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  L(ー-{  }-‐.フ.i   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \
          / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ゙ヾ:07-、(ニ).rーく.」 っ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   .ヽ
          :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ト、___ハ____ハ //っつ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
        /  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.u.:.:.:.:.:. ';uヘニ(二)ニノuJ  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   .∧
    .   /   :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ij`:::、;;uJj;;;u/  :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.  ∧
           :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.     U 〉:::〈 ij    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...    ',
      ,                 /  u ヽ ヽ                    ,
     .{       u.         /ヽ (    }  ヽ                    }
     .i                   /   U    /   i                    i
      :             /     ,.イ ヽ u .!   U                ,
      ,             ヽ      |  ヽ ノ ー              /
      .',                Y   !   !          l       ./
        ',                 | u    |        ij
                         |        |              /
    .       \               |        |             /
            .\.      -==-... |   u   | -<         ./
               >-、 Y≦===ュ.、|       ハ  ====ミヽ  ,. <
               ム圭圭圭 |      〈  圭圭圭iiY
                /圭圭圭圭  ト、_ヽ  / /  圭圭圭ニム
         >===≠く圭圭圭圭圭 ヽ: : : Y: 〉 圭圭圭>‐‐-<
       .γ圭圭圭圭ム圭圭圭圭ニi  `´`´ 圭圭/圭圭圭iム
        .{圭圭圭圭圭ム圭圭i>´      寸=/圭圭圭圭圭i

それを目にしたマリヤが顔を引きつらせるが、僕はそれをためらうことなくマリヤの尻穴に押し込んだ。

子供の腕ほどもあるバイブレーターが肉穴にあっさりと飲み込まれていく。それが一番奥まで届いたのを
確認すると、僕は電源スイッチを押し込んだ。

コンセントから電源を取られたモーターが、5Wの動力で体内を引っ掻き回すと、悲鳴というよりも
野獣の雄叫びのような声を上げながら、マリヤはベッドの上でのたうった。


105 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:17:58 ID:HFxVc3L20

そのまま十数分ほど放置しておくと、マリヤは小刻みな痙攣を繰り返すだけになった。

スイッチを切ってバイブレーターを引きぬくと、赤く腫れ上がったマリヤの肛門がぱっくりと口を開けている。

                                           ______
                                    >''"´            `゙ ' <
              __/^`'ー- .,___,.  -――-  _,.  ´
         _,/ ̄ ̄/   >'"´          /
        厂/  /  ./            /
    ,.  フ /      /                 '
    /  ´ /      ′            ,
  r             {        u   ,/
  l            ‘,          /:′
.  ,             丶     ,.‐一: : :′
                  ー┴ー‐ <_{
. ′                 __ノ:{
 ′              ,r‐ 弋: :i:_:Vi::|
               /    ト、 \r=:,
,′           /      :| ゝ.,: : ::,       u
         _,./       } (  )  ̄:,
        /             し/ / ∧
       ./            , '  ,'   ∧
      /           u   /      ∧
     ./             i   {     ∧       /
      ./             {   |     ∧   u /
     /             八   ‘,      .∧   /
    ./                  丶  ヽ      >:/
   ∧                 `¨¨:>―‐   /
  / ヽ                   ∧     ′      u
 ./   ∧                    / ∧   i
 '   / .∧                 /  ヽ   |


106 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:18:09 ID:HFxVc3L20

マリヤの腰を持ち上げ、そこに自分のペニスをあてがう。

ちょっと力を入れただけで、マリヤの肛門は僕のペニスをあっさりと飲み込んでいった。

//////////////ニヽ           \ニニニニニニニニニニニニニニハ
/////////////ニニ \              ヽニニニニニニニニニニニニニ ∧
///////////,/ニニニニ、             \ニニニニニニニニニニニニニハ
///////////,|ニニニニニ.、               ヽニニニニニニニニニニニニ:∧
///////////i!ニニニニニニ≧x            、ニニニニニニニニニニニニ:,
///////////,!ニ',ニニニニニニ.≧z__         ヽニニニニニニニニニニニニ:,
///////////ハニ ',ニニニニニニニニニミ、       \ニニニニニニニニニニニ∧
//////////:,′ヽニニニニニニニニニニニヽ-- ..,, __ \ニニニニニニニニニニニハ
//////////,    ',ニ乂ニニニニニニニニニニ\   >=-- ヽニニニニニニニニニニ!
//////////i   乂> ´  ̄ ̄ ´      `ヽニzノ ´       \ニニニニニニニニiー-、
//////////{   /             ,.. :''´               、ニニニニニニニハニニミx
//////////ハ /              /  ... ... ..             ',ニニニニニニニ乂ニニミ、
//////////,∧             / .. .:.:. :.:.: .:.:. .:.           Vニニ ',ニニニニニニニー`- 、
///////////'/,        ___..ノ{ ー== ニニマ二 ...         ヽニニ}ニニニニニニニニニハ
////////////,i  _,,..z≦三三三三:ヾ:、 : : :`ヽi;i;i;i;ヽ: :.: .           `'' <ニニニニニニニニィニ{
////////////,{≦三三三三三三三三ハ : : : : :};i;i;i;i;i;}:.: : :.            `ヽニニニニ彡 ´⌒''<
///////////'/,!三三三三三三三三三}}: : : : :.j!;i;i;i;iノ.:. :.:                            ` <
/////////////!三三三三三三三三ニ,リ: : : :,,ィ≦~:.: : :.
/////////////ハ三三三三三三三,,イ>f彡''"´:. :. :.
//////////////{三三三三三>''´i ⌒´:. :.:.: .:
/////////////,∧三三 >''"´   .',
///////////////.ヽ/´/  '.    \
///////////////// /   {      ヽ
///////////////// {   キ        }
///////////////// ヽ   ヽ     ノ  ヽ
///////////////////`ー‐<>―イ --=\
/////////////////////////ム        > ..          ノ
//////////////////////////ハ           `'' ー--  ..,,_
//////////////////////////.∧                  >z:.,,


107 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:18:22 ID:HFxVc3L20

抵抗できないマリヤの体内を、僕は思う存分蹂躙し、そのやわらかい肉の感触を自らのペニスで味わった。

圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭: : : へ: : ノ=-  ノ     ノ/ ̄ ̄Τ「 }   ‘,
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭r一'       >――<: : :{  ヽ) -=(      )  ̄ ̄}:|_,|_」     ′
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 /   _,.r宀^ア ,.< ̄ ̄\\: ヽ  :})=-  {      } 「 ̄ _」 {      ′
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭{   /   //   `丶、 ヽ ヽ_}__//´ ̄`ヽr     }  ̄「「レァ{       :,
`<圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭 :{:  く  ./ , ’      ト、 ‘, ∨  }/:.ヾ{:.:.:.:.:.:.\_)   }  Lレ / {       :|
   `<圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭}:   } / /    __ノ__>、___ }  /{:.:.:.:){:.:.:.:.:./:.:.)_,  )_ ./_/ .人       :!
      `<圭圭圭圭/   `ヽ圦   ヽ:{ :{    >[__ 「「} } :圦:.:./ハ:/:.:./:____)宀u ヽ/       ;
        `<圭圭{        ヽト、   } :トr― 、ヽ    _」 LL圦 ヽ∨_:/:.:.:.:.::.:.(   (^ー^^ーへL.__   ′
           `<込、      \> ヘ ∨   } 「 ̄___」 トx\ヽ \\:.:.:.{(:.:.:.:. ̄ヽ \:.:.:.:.:.`丶、(`^ー-  __
             `<≧s、     `<:ヘ ∨: ̄ }  ̄「} 「 }「 \\ヽノr个トヽV:.:.:.:.:.:.:.:゚。 {!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\):.:.:′
               `<≧s、       ヽ\\__}  L! | :}{   ヽ.ヽ.`{ (__ ∨ト\:.:.:.:.:.:.゚。 ):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:
                  `<≧s。_    \`ー)   ノノ(    } } } :} ヽ  )k__:.:.:.:.:.:}圦:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
                    `<圭≧s。  \: `ヽ[][]/7/二二二_` } :}   }   ) ヽ<   ゚。:.:.:.:.n:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                       ` ー-=ミ:ー': : : :} /,// ./      ./ ,’、,.ノ }  、  r┸-<丶_ノヽ/:.:.:.:.:.
                            ` < : ヽ/ 〉' 、________/ /\\ }   ‘, `     ̄アヽ.,_
                                \: :/     / ,:   \\   丶     /  :}
                                   /       /   ./ ;> `ー 、 ヽ     \ }
                                   /             / / /  ̄\.\ ゚。     ‘,
                     _     > ´              .イ :{イ    ‘,.Vハ.       ‘,
                   ,´   ヾ¨¨´               / :{ {      } }:} }         ‘,
                  /     ‘,              /   ', ',     / / ,:          ‘,
                ,:‘     } ) :}!             イ      ゚。\___/ ., '            ‘,
                   { rァ     .//   }!        .。<  :{      丶 ___,彡               ′
                 V{   / (  /     _ <       ',                          ′
                / へー彡_,∠  -‐               ',                          ′
               .//   `\ (`^ J                ',                          ′
               し      \)                     ',                           :,

時々僕のペニスがマリヤの中のコリコリと硬いところを突くと、マリヤはうめきを上げてペニスから液体を吐き出した。


108 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:18:37 ID:HFxVc3L20

それからわずか十往復かそこらで、僕のペニスは絶頂を迎え、マリヤの中にスペルマを吐き出した。

//////////////ニヽ           \ニニニニニニニニニニニニニニハ
/////////////ニニ \              ヽニニニニニニニニニニニニニ ∧
///////////,/ニニニニ、             \ニニニニニニニニニニニニニハ
///////////,|ニニニニニ.、               ヽニニニニニニニニニニニニ:∧
///////////i!ニニニニニニ≧x            、ニニニニニニニニニニニニ:,
///////////,!ニ',ニニニニニニ.≧z__         ヽニニニニニニニニニニニニ:,
///////////ハニ ',ニニニニニニニニニミ、       \ニニニニニニニニニニニ∧
//////////:,′ヽニニニニニニニニニニニヽ-- ..,, __ \ニニニニニニニニニニニハ
//////////,    ',ニ乂ニニニニニニニニニニ\   >=-- ヽニニニニニニニニニニ!
//////////i   乂> ´  ̄ ̄ ´      `ヽニzノ ´       \ニニニニニニニニiー-、
//////////{   /             ,.. :''´               、ニニニニニニニハニニミx
//////////ハ /              /  ... ... ..   .: .:. . ..: .:.  ',ニニニニニニニ乂ニニミ、
//////////,∧             / .. .:.:. :.:.: .:.:. .:.  r ,/).:    Vニニ ',ニニニニニニニー`- 、
///////////'/,        ___..ノ{ ー== ニニマ二 ... } レ/.: .:    ヽニニ}ニニニニニニニニニハ
////////////,i  _,,..z≦三三三三:ヾ:、 : : :`ヽi;i;i;i;ヽ: .ノ/.: .:        `'' <ニニニニニニニニィニ{
////////////,{≦三三三三三三三三ハ : : : : :};i;i;i;i;i;}イ´.:.:            `ヽニニニニ彡 ´⌒''<
///////////'/,!三三三三三三三三三}}: : : : :.j!;i;i;i;iノ:.                           ` <
/////////////!三三三三三三三三ニ,リ: : : :,,ィ≦~:.: : :.   ___00   __◎
/////////////ハ三三三三三三三,,イ>f彡''"´:. :. :.    | ∟   └‐┐l   [][]「l
//////////////{三三三三三>''´i ⌒´:. :.:.: .:       |_厂      (ノ    くノ
/////////////,∧三三 >''"´   .',
///////////////.ヽ/´/  '.    \
///////////////// /   {      ヽ
///////////////// {   キ        }
///////////////// ヽ   ヽ     ノ  ヽ
///////////////////`ー‐<>―イ --=\
/////////////////////////ム        > ..          ノ
//////////////////////////ハ           `'' ー--  ..,,_
//////////////////////////.∧                  >z:.,,
///////////////////////////∧                     > z.、
////////////////////////////∧

その感覚は今までのどの射精よりも強烈で、最高級のコールガールを買ったときよりも深い満足感と
快感を僕に与えた。


109 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:18:52 ID:HFxVc3L20

二度、三度と繰り返した射精の後、さらにじっくりとマリヤの直腸の痙攣を味わってから、僕はゆっくりと
ペニスをマリヤから引き抜いた。

             > ´            `  < ゝ、__ > ´        ` <         ,.',////,-。、',/,
         > ´                 `メ、                     `メ、      / .',////,   ',/,
        . "                           ヽ                           '  .',////,   ',/,
    /                                                  \ /    ',////,   ',/,
   /                      ll ||                           У    .',////,   ',/,
.イ                      .,。r=≦|l ll ||                             , "      ',////,   ',/,
                     `¨´ ,.}l!             ,━━━ 、               /  、   ,  ',////,   ',/,
                       r≦'"            .━━━━━━          /     ゝ- '  r ',////,   ',/,
                          γヽ         ./;;;;;', し':....r'   ,ゝ-、___。rz、    ⌒ヽ   {. ',////,   ',/,
                       _rt_ 弋.ノ         '━━━━━━━  ̄ ̄ ̄`マ//ム   。 ',  {.  ',////,   ',/,
                     r≦1lY         lr-f´} {)ノr- = イ }:       /マ//ム    '  ゚。  ',////,   ',/,
              .l|l         r:、 !| r:、        ',━━━━━━━     / (_マ//ム     し', 。 ',////,   ',/,<
              .l|l l|l l|l    t.ノ ¨ t.ノ        ‘〟`つ-、 _.ノ  }ニ==ニ≦  ,r-- マ//ム     }  。 ',////,< ',/,
              .l|===           rt__       .}    ,ノ ゝ-く     し'´    ゞ=ヘ`'' ー― ≦´.',////,、
              .l|l              r:=l|r''~       l .}       __ゝ、_           } ./⌒メ。イ       ゙メ、
              .r===:、        /ll         /~    _  ./   ヽ Y            } {  .,'
              .l!   l!          ・       . ,イ  _  /   ', ',   .} {!            j八 /
              .l!__,.l!          ・     ∠...{ /  } {  / ',  .}  ',           (__.ノ,イ
             rt__             /   } と_ } ゝ-'___,r{__,ノ_  }          /
             r:=l|r''~           /      ( r-',イ  リ   ',  ./ `Y´         . "、
             /ll            ィ"      し' 〈 / ̄ .! {  .!   .!      . "     `゙ ''' ‐-  ..
              ・      . <_{         。八   ,'  ゝJ',   j} ` ̄´                `¨ '' .
              ・  . <       八           /   \/    } }. ム
              . <             \     > "   __∠__,。イ と_
      . <                       >―ゝ   く     ゝ- 、 __ )
- ≦                               厶斗-- '

予想通りのいや、予想以上の量のスペルマがマリヤの開きっぱなしの尻穴からあふれだす。

それを見ながら、ここ十年ほどの間ずっと胸の奥底でくすぶっていた何かが消えていくのを僕は感じていた。


110 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:19:04 ID:HFxVc3L20

気が付くと、マリヤが僕の方を見ている。

もしかしたら、僕の事を思い出しでもしたのだろうかと思い、僕はマリヤに声をかけた。

                               / ̄≫- 、/  ̄ ̄ \___,. -=≦\
                           ___/>≦三三三三三三≧ミ、     ≧=-、
                          // ̄/三三三三三三三三三ニニ\-―――< ̄ \
                        __///三三三三三三三三三三三三三ヽ三三三三><_
                      / ̄/三三三三三三三三三三 r 、,. -'´ヽ三}三三三三三三\\
                      ||  /三三三三三三三三三三三ノ  r- 、  Vイ- 、三三三三三三ヽ〉
                      || /三三三三三三三三三三三( ,.イ/ニ(, V´ ハ ヽ三三三三三三ヽ
                        / :/三三三三三三三三三三三 ノ { {{三ニし' ,/ニヽ   V C三三三三 ∧
                   / ,》./三三三三三三三三三三三 {  乂_)ニ/  /:::ヽヽ  } }}三三三三三∧
         ,.―――< ̄ ̄   《/三三三三三三三三三三三三ゝ{三ニノi! ,イ  }:::}:}   ,'ノヽ三三三三三ニ|
   ,.-r-、__/          ̄>― 》三三三三三三三三三三三三 し'三(_,i! / {{乂ノノ }} /ゝノ三三三三三ニ|
   /=≠ /       rー'     /′三三三三三三三三三三三三三三 !ヽ   {ゞ=彳し'/ニ{  ヽ三三三三三!
 / /,小ヽ\`ー--   `ー    《:i!三三三三三三三三三三三三三三三しヘ /ヾ-'、{ V 三ヽ ノ三三三三三!    __
/ 〃/  ̄ ̄≧=≦三ミ、__ノⅦ|三三三三三三三三三三三三三三三三 Y ノi   V \三し'三三三三三,' ⌒う: : : : : `ヽ
| /  , -―=千ィf㍉C―_ 、\ V! ノ!三三三三三三三三三三三三三三三三 } し'} }} ヽ  \、三三三三,.///´: : : : : : : : : :\
|    -――┼{以{  ̄ヽn\! :| V|三三三三'. 三三三三三三三三三三三/   ノ U :}    \____/ / :{ {: : : : : : : : : : : : : :ヽ
|    、__/__汽´:::::::  } }  〉:!  |三三三三 \:三三三三三三三三三/{  '´    ノ三三三三三三ニ/  U: : : : : : : : : : : : : : : }
|    \____\::::::__  し! /イハしヘ三三三三三 ` <          _,. イ三「 ̄` -=≦三三三三三三三/    ∧: : : : : : : : : : : : :ノ
\    `ー―<{ f㍉::::  }}人  :| r V           ≧=-=≦_,. -=≦:!  / 厂≧=-     ____/     しヘ: : : : : : : : : /_}
 r\    `ー―ヽV炒ぅ≦ ̄ ̄ ̄| !  V=======ニ二三三三三三| / /三三三三三三三三/        ゝ -=ニ彡'  ヽ
_人  ≧=-- 、___-=≦_-―― 、_/  ヽ V三三三三三三三三三三三三三.! / / ミ三三三三三二ニ/         〈         \
   ̄ ̄ ̄\ \ `ヽ   ̄`ー/  ヽ }. V三三三三三三三三三ニ=- '´ / '_/     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´/           ヽ {         \
          }/       / ̄ ̄ ̄ ̄ \V―――――=二       厂ノ三三三三三三三三/             Vヽ        ` 、
               /           } V三三三三三三三三三三ニ/|{三三三三三三三三 /              U \           ̄
               >'_´ ̄ ̄ ̄ ̄〉 ' ,V三三三三三三三三三三,' |}}三三三三三三三/               ヽ  \
              ___〈 /  /  / ,.  / /  V三三三三三三三三三:/ニ||}三三三三三三/                     \  \
          / ̄/V  /  /  !. r'___, V三三三三三三三三ニ:|ニ:||j三三三三三/                      \  `ー
              ヽ__j{_}{_jノ\     V三三三三三三三三 !ニ!|三三三三>―- 、                      ≧=-
                                 `、三三三三三ニ / |三U三三二/三三ニニ\
                                  ヽ三三三三三/三 |三三三三三三三三三三 \

『ん、なんだ?』

『……てめえ、ぶっ殺す』

今の状況と、自分の体がどうなっているかが分からないはずがないのに――あの頃と全く変わらないマリヤに
僕はわけのわからない喜びを感じた。


111 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:19:17 ID:HFxVc3L20

それから僕は、体力の限りマリヤを犯し続けた。

/////ヽニニニニニニニニニニニニ}   ` <///////\   / ./  /
//////,:\ニニニニニニニニニニ.ハ      ` </////乂_ /  /
/////////\ニニニニニニニニニニ}     _  乂////////≧ーァ ./
///////////\ニニニニニニ> - ┴ - <´    `'' <///////≧、 /
`''</////////,≧x、ニ> "´         `     ,.,;.:,:ヽ //////,ム/
ニニ><//////////≧=.、                ,.:.:,#X `''<彡′
ニニニニ≧<///////////`77、__,        、    ;,;.:##',
ニニニニニニヽ/////////⌒ ー '          ',       }
ニニニニニニニマ///////{             }      ,
ニニニニニニニハ///////ム            `ヾ    、/
ニニニニニニニニマ/ム/ム//ム            、__',_   ', __ /  ̄ ヽ
ニニニニニニニニ>^ー`ー ミx               ̄ ´.,       }ヽ..
',ニニニニニニニニハ       > 、               /       ,
ハニニニニニニニニ∧.           ヽ           /      イ
 ',ニニニニニニニニ} ',          ',        .  /     /
  .,ニニニニニニニニ| ',         i:',         /       /
  ',ニニニニニニニ |  ヘ.          | ヽ    ′  /      ,
   ',ニニニニニニニ|   ヘ        .J  ≧=z..{  /      /
   ハニニニニニニニ}ー-- .',          i  八 ./     ,    ヽ                     `'' <
ー -zz,ニニニニニニニi!    ',         | {  /     /  ,. -  ´ ̄                     `'' <
ニニニ,ニニニニニニニ|     ',        | .J ./   __ /ーく       .ィ ´  ̄          /~~`< __
ニニニ:',ニニニニニニ|     ヽ         ,  ′  ´  `''ー ≧z..,,_ ≦_             _〈 / / ., ` <
ニニニニ:}ニニニニニニi!― -- ,,__       ノ___,.i                       ̄ ̄ ゙''ー--  __  ーマ__{ ./ ,ィ   _
ニニニニニニニニニ/       ` ー― ´   ',             __       、 ー-、ヽーァ    `ー'  ̄ ´
ニニニニニニニニ/                 `  ̄ ̄ ̄ ̄         ≧、    、_ ̄ヽヽ\
                                                ` ー--、 \\\ア

丸くてすべすべで、掌に吸い付くような肌触りの尻を思い切りたたき、真っ赤に腫れ上がらせた。


112 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:19:28 ID:HFxVc3L20

『ほら、私に服従すると言え』

               __  __        ゜    ぅ       。      o
           __  {ilili} {ilili}     /   / 〃 __二ニ二 __    /
    rミ、<   ィililミ. {ilili} {ilili} l     > ´//          ` ≪   /
    {iliヘ'  ミ、{ilililill}  ̄!  ¨  .l  // '´       〃           ` 、
    |ilili‘,  ヽ,Ⅵilil}   l    l ,ノ!:.ノ:::: : : : l!:.. .  //           う  丶
    {ililili‘,    Vilil}   l    ‘,::::::::::::::::::::::: : : : .                ヽヾ   /   , -    ̄  つ
`  .、 ‘ilililil‘,    Vilil!  l    ‘,::::::i::::!:::::::::: : : :.     !             ‘,-‐ ≠ - <     _  --
    \‘ililililil,   Vili!   }     .',:::::::::::::::::::::: : : :    .l l! ,    /       ‘,         `: -≪ __
     ‘ilililili,    .Vili./}     ‘,:::::::::::::::::::::: :     i ! l/   〃        }       . . : : : ::::_:`:..、 ̄  ミ
 \    Vililiハ     Vil::/ / \  .}:::::::::::::::: :\ミ、\\/    二 __      __L__      . : : : :::::::::::-‐:::`::.、
_ \   Vililiハ    Vl          l!::::::::::::: : : :〃ヾ ̄ Y /               T ̄     : : : : : ::::::::::::::::::::::::\
  ̄` ヽ   Vililil,    `’  ミ    .}::::::::::::: : :/      ,′              !      : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::ヽヽ
      `  Vililil,               !:::::::::: :/       ,′            7  ̄     : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..、、
`ミ、      ヾilil,          __  ̄ア´      //              //         : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘:,
 ̄ 二ー -    ヾ}          〃il}  `       .彡/              〃   。    : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,
     __     ,ィハ  ,ィミ   /ilili/       //     __       /          : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::‘,
 ̄  _     /ilili/ 〃ilili}  ./ilili/     _/      ̄ =-      ,.::、            .: : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: V  ̄
        /ililil/ /ilililレ’  /ilili/     /  ̄              /ノ:::.           : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.'.  ‐
三 二 ニ  /ililil/ ,イilili/  ./ilili/    ー≠ -                 ,イハ`::.         っ      : : : : :::::::::::::::::::::::::::::::::::: '。    ̄
        {ililil/ /ililil/  /ililil/   __ノ __                   /:: : : :                    : : : : : : ::::::::::::::::::::::::::: :.!
 ̄      `¨´ /ilililノ  /ililil/_, - ≪ /ili} `             ,.'      l:.           ヽ      : : : : :::::::::::::::::::: :.-十  ―
   _   -― ` ̄  _ァ'ililil/     /ilililノ    ミ、       /   ,   l l                         : : : ::::::::.:::::: : :.l  ̄ -
           __ .> ´/ililil/   /ililililil}             〃    l!   .l }                    。    : : : :::::::::::: : : |
      , ≪ ̄     {ililレ’    {ilililィilili/     l l      , '    ,ノ{     |      。      o                   }
 <          //¨´     `¨ {ili/            /     ,/,.:      |                               l

『(ぱあん)いぎっ、誰がっ、あっ、てめえの言うことなんざ、(バシィ)があっ、きくもんかっ!』


113 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:19:40 ID:HFxVc3L20

抵抗できないマリヤを抱き上げ、挿入したままベッドの上に立ち上がる。

     __ .ノ二二二         > ´ ̄ ̄ ''<
  {              . -―- ..,,              ヽ
   ,      ,. :≦/        `''<           \
  . ',__. .:--=≦二二{       \   ヽ            :,
   j , `マ二二二二ハ        ヽ   、_          \
  Y  ̄ ヾ'二二ニニ',ニ}            ',   \ ヽ          \
  ( ̄ ヽノニニニニV ,            ',    ヽ      ー- ..    、
  ゝ江'/ニ\ニニニ!            i     ',        ヽ    ,
  ‘ー≦ニニニヽニニニ|           }       ヽ             .
   {ニニニニニマニニ            ,       \       ',     .
    .ニニニニニVニ}}          /          \        }     ,
    ',ニニニニニVニ!         .ハ             、   ノ      .
    iニヽニニニニⅥ:|        //ム            `''ー く        ,
    .i!ニニ\ニニニニ!        ム///ヽ              \.       ',
     ',ニニニニニニリ        i//////≧==-- - ..          \     ',
     マニニニニニ′         {//////////////////≧=- ..,,     ヽ    '
        Vニニニニ/   ´ ̄    !/////////////////////////≧x、.  ',    |  /
       ∨ニニ/             V////////////////////////////≧ぇ、.  i/   /
       マ彡 '            V////////////////////////////////\!  /
 _ , -―-彡                i//////////////////////////////////,ヽ
Y./                        }//////////>-------------<////////,ハ
乂__        --==- 、        ノニニニニニ',             ヽ'//////〈
   `'' ー ≦  Vニニニ≧=- _ .イニニニニニニハ               \/////}
           iニニニニニニニニニニニニニニ ヘ./  /              ∨//,リ
           {ニニニニニニニニニニニニニニ/ 、 /             }彡′
        /  |ニニ/ニニニニニニニニニニニニ/:>              /
       /    マ/ニニニニニニニニニニニニニニニニ≧。       .ィ
              V/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニ`ヾー - ≦
           /\/ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
         /  /ヽニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ',

さすがに落下の不安を感じたらしいマリヤは、その弱った筋肉の全力で僕にしがみ付いてきた。

『てめえ、おっ、おろせ、おろせ、よっ!』

悪態をつきながらも必死に僕にしがみ付くマリヤの姿に、僕は言い知れない満足感を感じながら
二度目のスペルマを放出した。


114 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:19:56 ID:HFxVc3L20

Black Dog 社から料金支払いとともに僕が受け取ったのはマリヤの身柄だけではない。

          -―━━━―-
       i{            }!
       | ≧=-         -=≦|
       |            |
       人            人
       :.:.:.:.≧s。.,____,.。s≦:.:.:.:
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        |`  ..,__:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__,..  ´|
        |        ̄ ̄ ̄ ̄    |
        |       へ.       |
        |      /   \      |
        |       ¨¨¨¨¨¨¨¨    |
        |      i二二二二!      |
        |`::......________.....::´|
        |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
      〕is。:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.。si〔
            ≧=――――=≦

かの会社の技術で改造された肉体を操るための特殊なホルモン物質のカプセル。

       .,,ィー‐ァ--、
.       /´    _ノ-、
    /  ./ ̄.´/-y′
   / ´ ̄ ̄ ̄`l 〉-ヘ.
  ./  ー――-、/ /  /
  |f  ー- 、   〉イ  /
.  }     \/   /

――マリヤに更なる絶望を与えることができる、僕にとっての切り札となる薬だった。


115 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:20:09 ID:HFxVc3L20

体調維持のためのサプリメントと偽ってホルモン剤を飲ませ始めて数日後、マリヤの体に変化が起き始めた。

                   ,,. -‐===ー-、
           γ⌒y'´ミ'´ー-、三≧ ヽ_
           / /   ̄ `ヽ \彡>}、ヘ
            / .〃/      ヽ. ∨/ハヽ、\
         /.:,イ !    !ヽ.   Y ∨/∥ハヘ ヽ
          ,' :/ l ,ハ ∥ ./ ハ  |  Y ムイ1 ',  !
           i .;' | iト从 / イ「从ハ/|  r=〈「l } } !
           |ハ. l ヘ,赱ミ:、/ ,ィ赱ミ:.|  トソ'}  ! l.|
         Ⅵ ! ∧ソ :::::::::ーぅ.::::l   |イ:.  l  ! l
           ,リ |,ハ`        .!   ! |::.  !  !.|
             Ⅵ. 个 、マ_ァ  ...イ!.  | l::.  l.  |.!
               |l: . l ,r `ー≦rtf .l   !、::::. ゝ、リ
               li: . |{- 、 {≧≦ニ.l   ! ―- 、
          ./ .!l::. |  、《_// フ| リ       V
        > .{ ...|:. /         .! /   、     .ハ
      /   .!./!/ .., '      ..l/   ヽ.′  . ハ
.    :'        /.       _ _              ′
.    ':;::..         .v'⌒X :::::r=ミ:::       !    ′
.  (;.:ノ::::        ,∠=ミ、〉::::ヾ ′::      |    /
    ヽ:::      /  )/ Y          ,'   . .'
.     ゝ    ../  //   V          /  ./
.       `  _ __/し' /    {        /  ヽ {
        /  . ./   〈  _ .ー -―. <   ′.!
.        |  ..//⌒ヽ 〃T             l
        '...:::..イ   { し'  |           ..,.′
      八.. |   }/  .....|           ... ../
        '.,. |   i!.   ..|       ..   ,.:'V
         ヘ  し'   |        ... ィ >´V
.          入     「    ....-‐ ´  ........V
          /  '.  }   彳ヽ         ..... .......}
       /    V     ヽ         . . ..|
          {    {        }    ..i  .........八
.           ヽ    ヽ     ノ     ....ij
.            `ー‐<>―イ        .........イ

みるみる膨らみ始めた腹部にパニックに陥る鞠也に、あらかじめ打ち合わせておいた闇医者が告げた。

『おめでたですな』


116 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:20:22 ID:HFxVc3L20

もちろんそれは嘘なのだが、明らかな体形の変化と、体内のホルモンバランスの崩れが
誘う不安感が、マリヤの判断力を奪う。

                ..___....-------...._..
             .._..-‐'"⌒         `"'''ゝ、_..
          _..‐''´                 "ー 、..
         .:ノ'´  . . .   .  . . .. .: . . .  ..        `\:.
       .:ノ′   .  . .: .:.: .:. .: . .: .: .:. . : .: .:.. : . . .       ゙ゝ:.  こ二ニ==-‐'´ ̄`ヽ、_,
      .:_/   . ..:..:.:.::;:;;';:;';';.: '"´    '  ;.:.. : . .       \:.
     .:/′   .. ..:.:.:;:;';;';'.''´                ;.:. . .       ヽ、:.
    .:丿 . . . ..:.::;';':''                    :.:. : .      ヽ::
    .:丿   .. . ..::;'′                      ,:.:.. . .      '、::
    ::「    .. . .:.;'                      :.:.  .     . i、::   こ二ニ==-‐'⌒丶、_ノ
   ::||    . . ..:.;                           ;.: . . .   ,:: !::
   ::〕       . ..:;                       :.:. . . :';';にニ==-‐'´ ̄`ヽ、_,
   ::|!     ..:.:;                       ;.: :.    `: .!'::        "
   ::卜    .. .:.:,                     .:.:. . .. .     |::′ [][]/7
    ::'、      . .::,                       ,:.: . .     │::     //lニ◎
    ::弋       .. . :.,                   ,.:.: : .      丿::      // ゚゚〃
     ::ヽ       . . .:...                    ,..: .: . ..      _j′         ´ ゚ 。
     ':ヽ、     . .: :': . ..             ,. .:.: . : ..       /′                °
      ':ヽ、       .. . : .: ' : . ...,. .,... . : ' :. : . .        _/:'
        ':ヾ 、       .. : . .: . . : . : .        _/:'    こ二ニ==-‐'⌒丶、_ノ
         ':゙ゝ、          .  .         _ノ'´:'
           ':゙゙'ゝ、_               _..-‐'´:'
              ':゙゙'''ー-...._______....-一"´:'
                     '' ̄`''


117 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:20:35 ID:HFxVc3L20

『私の精子がお前の卵子を屈服させたようだな』

        ./ . : /    ./! V'´// /   ./   !   ',    ヽ : .ヽ ヘ `ヽ、   \
       ./ . : /       ./ l ./ / ,/. :,/ / '.:   |   ',  ', ':,  : .Yヘ   \  .. \
       / . : :/      ,′ ,′ ,/. :〃 '  i: .        i     : . ! }、   \ : .  ヽ
     .,′. : :/         .i:. { _...:::. .:::     : :.    . :/| / ハ }: :| |     ヽ: .  ヘ
    .,' . : :/        .|: . 〃∨ :ト、|ヽ人 !: : .    :/ /! //l / ,、: : | !         ',: .  ハ
      ! .: :,′        .}/ノ 从、!斗=ミ\: : .. |. :/|ィ/≠メ、|,ハ\| }       ',: .  |
     ! : ,′       // /  }k《 芹心ヽ \从/ / 芹心Yヽ ヽ`マ           ',: : ..|
     ',  !          〈 } | .,イ !ゞ込_;ク:::::::::::::::::::::::::::弋;ソ人 \ } |           ', '! !
     ヽ.|、        .∧ | ′l. !| `¨ ´:::::::::::::::::::::::::::::::`¨´・.l ヽ ! | !         リ,l′
      l|\     ./ }  ' ム  ',               ,'  }   .Y        //|
     |!  ヽ    /  ヽ.  ヾ:: . ',                / ./   ,′       //./
        |.!      ,′ . :∧   \ ',     , ‐-‐、     ./ ./    .∧      /イ/
       ゝ     .,′ . :/::∧.    ヽ\    ` =´   / ,/    / ∧    /'゙ 〃
               ,'  . :/::/::∧    |ヘ }> 、     イ' ,ィ    / : . ∧      /'
             ,  . :/::/::ィフ     ノ } |   ` - ´ _| 〃     イ_: : . ∧     /
              ,', ――../ヘ     /,リ、   __,,.-‐''´|ヘ     Vヽ: .  \
         /::::ヽ:/   ヽ   ,イ   ハ ./ヘ       〉、    Уヽー - 、ヽ
        /:::::::::/     \/ |   /' ∨/ }     /:.:ヘ   /   ∨:::::::::ヽ}
      /:::::::::/ ':,         ヽ !>'´:.:.:{:.:.}`丶、 _ ィ`丶,ヽ/     ∨:::::::::::゙:、
      ./:::::::::/    ':,         y::::::::/:/-ヘヽ:::::`丶、ヘ            ∨:::::::::::::゙:、

言葉通りの情景を想像したのか、マリヤの顔色が真っ青になるのを、僕は愉悦とともに眺めた。


118 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:20:48 ID:HFxVc3L20

やがてマリヤの行動に変化が現れる。

        |      ,イ /       ,      ` 、i
        |     i ,/          ヽ        、
        |.      jy              '.        ヽ
.       |    ハi     ...      :.      :::i.::')
       |.    ハ'     ,::r-::.     :        、::ノ
.       i.      |  ' ,    ゞ:`゚::     '       ノ
.     i      |    、        ,ノ`  _ イ ',
      ,'       |.'、.    ` ‐ - ‐ =  _       .i  i
.     |    _.  | ヽ         , ´         ヽ |  ',
    |    ``'‐、. ヽ/   , '            ' .   '、
    |        ヽ,   ,'             ハ.  '、
      ヽ、        `'‐ 、_             ヘ.   |
      `‐.、,_           ``'' ‐‐-、          __|  |
.           `¨フ- 、,_         `ヽ,_  . ,、-'.     |
.            /    `ヽ       ヽ_.) .i}ゝ‐ヽ    .!
.            .'    :   \    ヽ、¨ヽ. '   / /   | _
          ,'            ヽ 、 ヽ ヽi i  / ,r‐' ,...::::::::、
         .       '      ヘ .ハ ヘ. iゝ'  ゝ- ノ!:::::::::::::::}
        ,'         \  `´ ゝ'ゝ'  >‐ ''゙´ 丶::::::::ノ
        i           、`      ~´       ア
        |            ヽ `  、_   〃  . ::イ
        |                 ',  _ ==彳 ..:/
        |         V   `<  __,,.ィ゙´
        |         i          ヽ
        |         ゙i        ノ  )
        |         : ゝ _ .ソ_ ノ

それは父性の転化なのか、それとも本物の母性本能なのか――とにかくマリヤは、
お腹の子供をかばおうとするようなしぐさを見せ始めたのだ。


119 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:21:06 ID:HFxVc3L20

そんなマリヤを、僕は容赦なく犯した。

       ゙l        i
       ゙l        i
        ;;,!      i
        ;;;|       i
        ;;;;|      i
         ;;;;;;'、     i
ll゙.l:::::;;;;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;'、    l
l \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::;゙、   l , ´  ̄ ̄``丶、
    \;;;;;;;:;;;;;;;; ;;;;;;;;'.,  γ          ヽ,
      \,;;;;;:::: : :::::;;;;;;`‐‐' ¨ ¨ヽ、       ヽ
       \,:::::: ::::::::::::::::::、 ゙゙、 ヽ          \
        ゙ヽ::::::::::::: : ::::::ヽ \‐'`           ` 、
            \     、 ヽ, _j:..            丶         _  -==
          ,!/ ゝ、_ヽ_'yr'  、 ヽ                 ̄  ¨
            l            '.
            i             };
           i               ;l_;;
            ,ハ;;           |‐-                    ........
         ,/ i              l           ‐- _ ....: :::: :::: ""
         /   i              i               イ
          /    '.               .'               /.i
          /    __!             i           ノ .'
_ ,.. -‐  ¨   ̄   ̄ `       i           ‘.
                           l`ー -  ´    丶           , '
                             j             `      . '、
.                          /                    ` ゞ;;j ´
 ̄   ー ─-- _____  = ‐ イ

『やめろ――やめて、やめてください、おねがいします、赤ちゃんが死んじゃう!』

『流れたらまた妊娠させてやる』

『いや、いやぁっ!』


120 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:21:17 ID:HFxVc3L20

お腹の子供を守る為に、マリヤは僕の命令を(もちろんいやいやながらだが)きくようになった。

                         . " ::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::::::::::
                     r ・ ‘ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : :::: :::
                      ‘    ::::::::::::::::.......:::::::::::::::::::::
                      .
             .。-― 。     .
           /      \    ', 、
           /         ‘,    ',
          /           :  ノ
          |           ≧, i
          i             八
           )           /  \
          ./            :   |ト、
         八            : /::::::;,
           Y            |/::::::::::::::;,
           .|           /:::::::::::::::::::;,
           ノ             i::::::::::::::::::::::;,
          /           ;:::::: ;; 、::]:::::::;,
          /            ;:: :: ::::::.. .::::::ノ|
         ./             ;::: :: ::r ⌒
        /         / )  i:: :/     , '
       ノ        < <   rノ      ≧ - ― ・ - 、
       )          `ヽ.) /                  <
       /          __冖__
      ./          └ァ -.'、
    /            `r=ノ__
三三三三ニ≧ー 、        冖,l l、
           \       レィ ァ )
             \     /  ア
              \  ./  (⌒⌒)
                \./   \/

例えばフェラチオ。

これならばお腹に負担がかからないと考えたのか、とにかく何とか口で僕のスペルマを搾り取ろうとする。


121 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:21:29 ID:HFxVc3L20

目をつぶり、目じりに涙をにじませながらも僕のペニスを舐めしゃぶり、口に含んで必死に愛撫する。

                /
                 /
               乂
                   ヽ
                 ',
                 i
                 {
                 乂
                   >.、
                 /:.:.:.:.:.:\
                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:} iヽ
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:', 、
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:し:.:.:.:} ヽ
              .r.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.}{:.:.:ノ,  {_)
            乂:.:.:.:.:.:.:.:..:.:..:.:.:.:.:.:,.イ/i}乂__               /
             /:.≧=----- =≦:.:.:/:.リ     >、       /
            ./: : : : : : し} {: : : : :.イ: :/        \   ィ
           _/: : : : : :/{_:.:U: : :/ : :/          ` ¨´
          {:_:_:_: : 二二二彡: : : : :/
          /: : : : : / : : : : : ij: : : :/
         /: : : : :/ /: : : : : : : : /: /
        ./: : : : : し: : : : : : : : :/: /


122 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:21:39 ID:HFxVc3L20

僕が出すスペルマを、溢れ出させてこぼしながらも必死になって飲み下していく。

                                              /: : :
                        乂                       / : : :
                           < __               _ ∨ : : : :
                             /             | Y: : : : : :
                    ////////   ,′            }  !从: : : :
                  ///////     ー 、__.. /⌒V⌒r‐ v__.从八 : : :
                                  ノ : j ): }  | | |: :从八从 : :
                               /: :γ/: :j__.ノ__.イ、_ノ : : 从八: : :
                               ノ /:ー ' (: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                   )         (_ ィ , : :⌒ヽ ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : :
  __           .(_j            } { : : :__: 乂j: : : : : : : : :/: : : : :,′: :
´     ` 、                      ノ j、/   ): : : : : : : : : / : : : : / : : : :
.         \              '⌒U´ ゝ--ィ ≧=―‐=彡 : : : :/ : : : : :
             ヽ     _      イ{ ο    |      , ': : : : : :/ : : : : : :
           :. /´     ̄  )!         |      / : : : : : イ : : : : : : :
     }      i/ 、         ;   O   |     ,′: : : :/ : : : : : : : : :
     し       |   \        (ノ       |     ! : : : : :′: : : : : : : : :
            |    ヽ                  |     乂 : : ,′: : : : : : : : : :

その顔を見るだけで、僕は満足感に胸の内が満たされるのを感じた。


123 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:21:54 ID:HFxVc3L20

『口は飽きた』と言ってやると、今度は一つ一つが膨らませたビーチボールのようなサイズになった
胸を使い、マリヤは僕に奉仕する。

                         `゙'' ..,,
                     ノ丶         `ー- 、
                  > ´                    `'' <
              /    ',      /           <
              {      `''ー、 /´               `'' <
              人                                ` ''ー
               ヽ
                      \                   `  ̄ ̄丁ニ=- ..,,
                     | }    、               __i    __,,..> ´
                __.リ    .j_          `> ´  ` ̄
               弋__/   Y:.:.:.ヽ,    _,,.  ´     ___ .. ---
                   /′    j:.:.:.:.:..}  弋 _  -、    / {
               / ′    マ=彡′       }   /  ',
 ニ≧x           / .|       ',: : i        / / /   乂  _
 ニニニ≧x       し j、      ',: :',       / /i  ′  ,,..≦ニニ
 ニニニニニ≧x、     r,:.:.',        ',: :.     / .イ., 〃 ,,..≦ニニニニ
 ニニニニニニニ≧z.x  `^≧z.. _ ,,.. }: :.\ ____`¨ ./ //≦ニニニニニニ
 ニニニニニニニニニニ≧=z--=xww.リ从从ヽ::._.:.:)ィレ'イニニニニニニニニ
 ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニゞ'ニニニニニニニニニニニ

僕のペニスを胸肉にすっかりうずもれさせ、ゆさゆさと振り立てながら必死に奉仕する無様な姿は、
僕の征服欲をこれまたすっかり満足させるものだった。


124 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:22:10 ID:HFxVc3L20

疑似妊娠促進ホルモンカプセルの投与開始からひと月後、そろそろころあいと見た僕は
与えるカプセルを陣痛促進剤の物に切り替えた。

見た目は全く同じなので、マリヤには薬が切り替わったことは全く分からないはずだ。

      ., - 、      _..、
      ,'  .,'    /   !
     ./‐-/     /⌒i/
    /:::::/    (´ .,/
    ゛‐ '     `.´
        __
       (_|三)


125 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:22:46 ID:HFxVc3L20

薬を切り替えた翌日の未明、ベッドの中のマリヤが腹を押さえて呻き始めた。

『いっ、痛っ、これ、産まれる、産まれちゃうっ……!』

                  ..r'''´     ` 、  ゞ..‐"´   `ヽ 、│     │
                ,r'__ 、                   `│       ,'
               ./ 〈.. 〉 ′         ,'       ,  、   ヘ    /
               l  '-- ′       ,'      ( ー' )   !   /
               |     __,,..................⊥、     '''ー'′  │   /
               ヘ....‐'''"´        `''‐-..、       ノ   /
              ..‐'´     /つ         ゙ゝ、    ノ′ |
              /     ノ,-==,⌒X          ゙'---;ィ"    |
            /′    /  ,∠=ミ、〉 |          'v' !    !
             /    /  /  )/ Y .|/             l 'i     !
ー ..、        ,',.  イ   /  //   V .|!            ! i    │
   ゙ヽ、    │  し'   /し' /    {   |           │ l    l    __
     `'v..、  ',o      /   〈  _!   |           ノ  l _,,..--'' ̄´
        ヘ ^''‐_ '、    //⌒ヽ 〃T´ ,.レ          ノ ,..-'''"
       ヽ   `\  ノ,.イ   { し'  |           ..‐ン′
          ',     し'  |   }/    レ'       ,,..‐" 丿           /
         |      ゙く' |   i!.   ├ 、、   ..-'''´   ./           /
        │       ,. ヘ  し'   |    ,,/     /           /'"
        ノ     -‐ 入     「 ,, ´       ,'           ./
       /         /  '.  }   彳ヽ  ''′    ,'              ,'
....__,,../          /    V     ヽ        !           |
ヽ、               {    {        }        ヘ             〕
  ヽ、             ヽ    ヽ     ノ        ゙\       ..'丿
    `ー 、__       _.. `ー‐<>―イ ゙ 、         `''ー-----,' ,'、、
       `゙''''‐‐┬‐'' ン 「こ/ ュ⊥_ ゙コ-- ン__      _,,....-‐‐" _ノ'' l i i 、
        r‐"´ 厂_ ゝ..r'´ ..′ ヽ  `"''  メ-ニこ^ ̄"´    /     |r\
         メ. ..〒‐--冖..,,__ 、 '- ‐´ 、 ニ-'∟        /′     丶 ``
      ='ゞ" ー"/..   、    . `  ..丿'卜  亅        {
         ゙ '、`‐‐ ' ヽニ..-''^!マ ̄ L..---‐''´        ゙ 、      _../
         -/´`-ニ....--_ >-..ニ-‐"ワ ′            丶.._....-‐´

それから数時間を、マリヤは悲鳴を上げ続けながら過ごした。

と、突然、バシャリという音とともに大量の水がマリヤの肛門からあふれた。

疑似羊膜の袋が破裂し、破水したのだろう。

その瞬間の疑似子宮の収縮の苦痛に耐えられなかったのか、マリヤは白目をむいて失神した。


126 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:23:00 ID:HFxVc3L20

数時間後目覚ましたマリヤに、闇医者が事務的な声で告げた。

.          . : ´      :}      : .
       /        ̄`i´ ̄       :\  /  ̄ `ヽ
     , '          , イ` ---       ∨      八
\             /            リト ,.    ∧
 .:\/:      /   /              ハ \   :∧
   ン     /   /   ,       `ヽ   :.  \  :∧
/ ̄`ハrく:  ,'   /,   /  |       ハ   ',  }   :',
   {     i:   ,' イ   {   |        ',   :}  ∨   }
   i    |   i / l            }      i   l    ',   l
.   ',    |   |    :{  `、     ハ  :l .:|   !    y |
.   v   :|   |  |  ハ  ∧ .:l ハ .:∧ !  :|    } .:!
    ハ   !.:   !  ! :{ j八  ヽ}j丿 ノル'  y:  |     | |
    i `Y´ハ  从jハハ   \. r-┐-‐ 、}八 |     | |
    l .:V ',   {斗=≠ミ  ル' ー'// , \  :|     | .:|
.     ! ハ, ハ  .:ハ と⊃    (`ヽ! / /    \j    | !
.     |    ヽト   :∧         \i_j!_!  rく    \    ソ
.    |    ∧   ∧            ヽ ! ヽ    、 _
     !     ∧   ∧     c  っ    ー'、_}    イ `ヽ
     |:       ∧   ∧\       /   |  `、-- ヽ  ハ
     j ___ ,ノ  \ ∧  >-- イ     {i   ハ    i   ',
.   /           \∧     :}       ソ.:/ l     !   :!

『流産ですな。子供は駄目でしたよ』

「あ、ああ、う、うわああ!」

号泣するマリヤの泣き声は、どう聞いても子供を失った母親の物だった。


127 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:23:10 ID:HFxVc3L20

しばらくして体力を回復し、何とかベッドから身を起こせるようになったマリヤの行動に変化があった。

                  -‐==ニニ==-、
             ,. -=ーv'    -‐===‐- 、 \
             / '//癶 / /       ヽ ハ
.            {// //' /  / ' イ       V小/`\
            | i'/从/  / !{ l         ii {ミハヽ  }
            | { } }i {介マトN、 {/}ハハ不 }} {ミi } }  !
            | | 川 f斤元  }ノ 斗ミ从从 {ミノ {  |
            | | イ'^! !ゞ=='   }   {ム'フ'〉j | /  |   |
            | | 八ハ. | "        `¨ イ {ハ.  |   |
            | | }| l小{   、- 、    / ,'イ   |   |
            | | || l i少、   `ー'´  / / / }   ! ,/
              j,ノ || l i } |7`ヽ..  イ { / /  {  | {
            /    `ヽ.ー‐-=ミ} / /   l   | |
           '        \ 、  }、 / .   l   | |
           {          \ 、. ヽー- _/ ..//
           i            ヽ}.    \、`ヽ
          .j       /     jj__   \ 、
          ′     /    /'  ̄ ̄ `  、/´`ヽ
          i       ,.   /'         \    <
.          ,'´ ̄ `ヽ、 .,  /'            `       、
               iイ  /'                \   \
         ,'      }  /'                   ヽ    ヽ
          /      ,  .{            . : : :::::.ヽ    :.     ∨
        ′   -=ミ{             . : : : f´`ヽ::.    ',    .:::∨
        {、      ヽ            : : : ::乂_ソ::::    }  .::::::::::::r=ミ
        ∧        {           、::::::::::::::::::::::}   ., .>-=ミ:乂リ
        ∧        .',            、:::::::::::::::ノ   ,.´::::::::::::::}:::::}
           .、      ',             ー       /、:::::::::::ノ :::::!
            .、     .\                 ,.:.:.:.:.ー=彡  ,
          _/ \     ∨\              /: : : : : : :/   /
       /  ⌒≧s。、    ∨ ≧s。        。s≦: : : :,/: : :,/   イ
       /         \.   ∨___ ≧=---=≦/    /  ,__ イ
    ,             ヽ〃´    `_7´ /`/        .,
.   /              ! ,ヽ. __   ニヽ`ヽ/    /   /
   /  u            { {     ̄ `ヽ}\}        /
                 { {       /        ./
  {                 { {      /        イ 、
.  !                 { {     {' ゞ、    /    ヽ

僕に反抗しようとせず、何でも素直にいう事を聞くのである。


128 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:23:30 ID:HFxVc3L20

『では今日はビーチに行くか』
『は、恥ずかしいです、ご主人様……』

                 ,  ァ≦ ̄ ̄ミ=- 、
              /   ∠― 、      ミュ、
            .__//  i      `ヽ   ヽ   } ´\
              / // i  ',   ヽ  i ',   ',  彡マ  ヽ
           ././ .{ .l .i     i  .} .}   ',  } }.∨ ∧
           i .j   | {   i  }, -イi },',   } ノ i ∨ .i
            i il  t┼‐マ、  {、 lマ、ハ}jム  l_, ィリ  ∨i
          i l l  .{ iマヽママ 、{ マィ芋芋ハ  .l ヽ } }  .マ}
           i l .l  {、{示芯.      辷ツ,.l  lノノ i .i   マ
           i } .l  .iヽ マツ j    : : : :l  i'  i./   }i
          j ハ ‘, .ト',: : : : `      i  {  ./   i l
         .ム'  `ミュ、 ',ヽ    ャ ァ   イ   i  /   j i
        .,.イ  , -'-.ャマヽ=-。    ,.ィム.i  j  ハ   / i
         __ >ー‐ 、   _} トミ-彡  {__ __⌒ <
           //   ニニヽ __"´       >`゙  __ ` 、 .ヽ
           '/  _  ー‐---,ゝ'__     __ 彡ニニ ̄ `゙ __ \ . Ⅷ
         //_  "´___ イ  ̄   `ヽ /    ̄ `ー--  `゙  __ Ⅷ
       __ "´               、                `゙ <
    -=≦ /               ヽ/´                 ヽ≧ュ、
  /     {                  |                       }!  `ヽ
  }        、                  |                  /     ,)
 j{       \_______________!____________/      }
 {i  >   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄⌒ <       }
 {i/                       |                   ` 、 .リ
. {                         |                        \,}
  {                           |                       ,′
. 从                         |                         /
   .、                    /\                        ′
   { 、                 イ: :|   、                 イ}
  .ム \               イ    :|   >              < ,′
    ハ  ≧=--    --=≦        |      ≧=--------=≦     /

『なに、プライベートビーチだ。見られるとしてもファミリーの身内だけさ』
『はい……』


129 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:23:46 ID:HFxVc3L20

どちらかというと小柄な体に不釣り合いな巨大な乳房を揺らし、下半身からは水着に入りきらない
ペニスをはみ出させている――そんな恰好のマリヤを僕は人気のないビーチに連れ出す。

               . _ _
       / \_ -=´=- , - = ≧
       /  ,イア、    / 〃´/ ´ ヽ
      / . :〃/  ヽ. /  /  / /   ヘ \ __
     / . :/{i/ ハ. ∨   ./  / {     .ハ ヽ `ヽ
    / . :/ / /: : } /   ./从/≧メ、   / .// ハ:. ヘ
    ,′ :/ { l:_:_,':_,′ / ==ミ、 ヘVイ≠/   }:.  !
    l  ;  .}´「γヾi  ,′       ノ_,,/イ/ ハ:: |
    |   ! / ;':.{、r |   !         ⌒Vイ / l:  !!
    |i | l ;: : ヽ、!   !          '´   ’'イ l| |!
    ',.  l !  : : : ::l   l      r=‐-     /'||| |
       | li  . : : : l  l      `ー'´   イ: :  | | |
      ヽ 、   . : : : :|  !`: 、     イ ! |: :  |. |  |
      /∧} ヽ : : : : !,ハ !  、` r‐ 个: :|||: : ,′!  !
      ,       .ilレ    ,′,. : ´¨`ヽ、: : /   | /
     ,         ilヽ   / ヾ、     、:/  | /
     i         il  \ ` /ヾ    :}   /
     i      i   il        iヾ  _j_
     .     {/  il   ` 、   '¨゚ ̄   ` 、
     ,    /   il     `ヽ、          、
     ',     ,′  ノヾ、      丶          ;
      ',   ,:   /   `ヽ      ',        ,:j
      ',   {   i      \    i      /゙`:、
       ゙   、  {    ;   `、   }    ./   ,}
        、  ヽ__!        ゝ===一==≠゛    ./
       !   i ! ̄`ヾ.,. __,,:,:/   /   ヾ、,:__:イ
       |  ,′\          , '         :/
       i  ;    ` . ___ ., ‘  ,ヾ.____, :. : ´
        j/              /
      /               ,.'
     /ヽ、           .  /
   /   ヾヽ、        ´  /

誰かに見られるのではないかとびくびくしながらも、強い日差しを浴びて微笑みながら目を細めるマリヤは、
僕にとってこの世のどんな女性よりも美しく見る存在だった。


130 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:24:02 ID:HFxVc3L20

そしてもちろん、夜のマリヤは僕の専属超高級コールガールだ。

例の疑似妊娠以来、母乳が出るようになったマリヤの胸は僕にとって最高のおもちゃだ。

                        _/ ̄ ̄' 、_
                       /       "‐‐-..,,_
                      ′      - ′  〕 `∟-..
                     ..            ../  .;′.;,二ヘ_......---‐‐‐--------......、
                     卜  ..      ......   ../.;.;.. `'、   丶      、      ゙'、
                     │  `  、 _     _..-´.;.;丿  、    1     ゙ 、       '、
                     } __....-ー‐‐""''''―‐'.;.;.;.;.;!   '、   ;      ヽ       ヽ
                _,,....-一‐'' ̄  ‐ -.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.; |  ′  「               |
          ,_....--"`               ゛.;.;.;.;.;.;.;.;.;ゝ    ''''''            、  ´ ノ
      _..-‐‐"                        .;.;.;.;.;`'''<‐' .. =-―-=--‐‐‐―‐'''''' ̄"‐、
   _..-‐"´                                │'´ 、   ゝ ‐ゝ、       丶 ヽ、
....‐"′                                  丨 - ヘ-    ヘ 、`丶     丿l  ヽ
                                      │  ヘ  ''   ′       - 丶  j
                                       弋   ''―‐"  ''''' ''''''''''    ,´  ,'
                                        ゙' 、         ______..    丶/
                                          ' ^''‐―一‐''''"`  '     /
                                          ヽ   `
                                           ヘ ....---‐'' ̄ ‐''-ー-....,,_
                                            1 ''´``'l、    ‐ -  ゙'''、
                                             1   |       、   1
                                             ゝ   |      `、   │
                                             丶  │       、  l
                                             r_         '__..r''′
                                             1 ゙̄''''''''"" ̄ こ"´\


131 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:24:13 ID:HFxVc3L20

舌先で転がしてやると、小指ほどになった乳首が立ち上がり、一舐めするたびに
マリヤは悩ましいうめき声をあげる。

         ''l )l              |    '、
          ゙'l l             │   │
           "'、.           !     |
            ヽ          ′    |
            ヽ          /    j
             弋 ゙レ          丿
               i ..ヽ、        /′
              ヘ 丶、       ノ
               \  ゙゙''''   /
                `ゝ、_.....r"
                />、::ヘ''‐`''、
                /:::::冫::..:::::::::}
               /::::::::/::ょ、:::::/
          __..-ー''lぅ{'、_,,::`::''〉::::::;L_
       ,..ィ''´:::::::::::::::''` ''ニ と!弋 /‐::``ー、_
  _,,--‐‐''ぅj∟:::::::::::::,..-'′:::::::`::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
-´      冖'::::rン' =∟::::::::::::::::::」::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
          .. ´        -      _ ィJ``ヽ..,,、
         /ソ         ` ┐    ``      `゙'ヽ、
         -'             i '、              ’
                     ヽ ′
                         ゙′


132 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:24:24 ID:HFxVc3L20

じわじわとあふれ出てくる母乳をなめとると、それは最上級のバーボンよりも強い酩酊感を僕にもたらした。

         _                      / ̄ ̄ ̄ ̄\
        (_ヽ、       …        ∠ ├‐°   |
           ヽ`ー ヽ __ -―.:  _ .    |  ̄ ュ   ,′
     ____ノ      /:.:.:.:.:、_.ィ:..ヽ     \____ノ
      :.:.:.:.:.:.:.:.:_`:.    {:.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:.:.}
     :.:.:.:.:.:.:.:.:(_   ̄  !:.:ヽ_:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ::   _/ ̄ ̄ ̄ ̄\
      :.:.:.:.:--'      ヾ  `:.:.:.:.:-' ヽ ;   \ ├‐°   |
      :.:.:.:.._,. ---、        .:.:.:.:.::人     |   ̄ ゅる ッ |
      :.:./    }     ヽ、   ,.  ヽ   (  \____/
      :/     /  _     ̄ ̄    __  ヽ、_
     :.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:ヽ          r ヽ、 て_)   `ー--、、_
      :.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:!  ⌒ヽ    ,.Y  ヽ (         ヽ ヽ
      :.:.:.:.:.:.:.:.:..:!__ノ:.:.:.:.:.:.!  !:.:.:.:.:.!    {:.:.:!   ヽヽ_         ヽ'
     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!  !:.:.:.:.:.:! /:.:ヽヽ:..!    `ヽ ヽ
      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|  !:.:.:.:.:.:! (:.:.:.:.:し':.:|      ヽ ヽ
      ::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.! !:.:.:.:.:.!  !:.:.:.:.:.:.:.:.:!、      、__j
      :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽヽ:.:.:.:.:}  ,}:.:.:.:.:.:.:.:.! ヽ          r-,
      .:.:///:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} !:.:.:.:.:.!  ):.:.:.:.:.:.:.|  ヽ          ヽ_j
       `' ,///////:.:.:.:.:.:.! !:.:.:.:.:.:ー':.:.:.:///ハ  '.,
         `'-,_/////////:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.////  |ヽ .',
            `'''ー-//イ///////////   し'  |
                { {              |


133 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:24:48 ID:HFxVc3L20

胸をたっぷりいじって母乳を十分に出させてから、その母乳をローション代わりにして
胸で出奉仕させるのが今の僕の気に入りのプレイだった。

          l  /     :!   l   :!  :{       :/ /   :,ィ   :/     `ヽ
          ∨ :|    |  ト、  :| ノ.:{.      ∧ /  //  :/  l   !   ',
           ∨{    人从|__ヽ,斗' :{:.    /. ∧:/_,/_,_イ   /  :/     .:!
           Ⅵ    .:} ̄===== . \ト、   / //ノ乂/ / , イ  ,イ     .:|
           ∧     ∧f竓芹ミメ、 u. Ⅵ/ノル' . ===== メ,/ } :/ :!    .:|
           { (∨   :\|乂::r' ン       /   ,ィf竓芹ミメ、 . / :/ ,'       !
            ', `∨   人じ  ̄ ̄`    i    乂::r' ン`リ.//-‐y     ,'
            ヽ`∨  ∧. ////////// ・つ//rく /      :/
.              ¨∨  ∧ ////////// u. ,イ}⌒ /      :/
               ∨  ∧   r、          rr =ミ、/, ノ/     :/
                 ∨  ∧r、 lノ        //   ヽヽ. ----  、---- 、
              , ‐ー-- /_ノ    , -f--、 (/  , : ´ lハ.. :::::::::::::.  ` ヽ、  ヽ
            , : ´  ̄ ̄ // ヽ、-./:::::::::::::::::::ヽ/ ゚´X´rl}-、:.:.:.:.:.:.:.::.   ヽ   ヽ
          /  . .::::::{! l!://., -っ ヽ、::::::::::::::::::::/   /::::::::lハl::::}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.    ヽ  ハ
          /   .:.:.:.:.:.:.:rⅣノ/::::.   ヽ:::::::::::::::/   /::::::::::ゞllノl::::::::::::::::::::      ',  ',
         /   :::::::::::::八/ll:::):::::::::::.    ヽ::::::::/    :::::::::::/}:l!:::ll:::::::::::::::::;      .  .
       /    :::::::::://ゝ-}}':::::::::::::;     ',:::/     ヽ:::::l {::ll::::ll:::::::::::::::;       ,  ,
        /     、:::::l./:::::ll::lハ::::::::::::;     l/      ゝ::ll:::ll:::::lハ:::::::; '        ',   ,
.       /       、::jl::::::::l!::::ll:::::::::;      !        `ll-ll- lノ ll '          l
      l         /、:::::::l!:::l.l; '       l         ll .ll ,/ ll           l  ',
      !       /,   ll .ll         l         ll Y!  .ll           l
      !       //   ll  ll         !         !! l l  .ll            ,    ',
      l       lノ    ll  ll         l         l!  ll  ll      ll     ,    ',
      ∧       l!     l! .ll           l         l!  ll  ll      ll    /
    / ∧      ll    l!  ll        l         l!  ll  ll     (ノ    /      ',
  /  / ヽ     ll    ll  ll         l         l!  ll  ll         ノ^ヽ
./    !  -イ\   lj    (j  ll        !         l!  lj  l!       /    l        ',
      l   _ >、       ll        l         ll     l!      /  \   \     ',
- 、.   ∧      \      lj        ',        ll     l!    / \  ヽ- ハ
   \  ヽ   ー-イ\              ,        ll     l!   /\  ヽ--   /
  ー-`--‐ヽ       >、             ,       lj     l!  ∧   ヽー-   /_ __
        \     /  >、           ∧            lj ./___ヽ      /´
          ヽ  ノ ハ           /  \           ./        /
            ¨  ノ  `  _     . イ      \       . : '´ \    -- '


134 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:25:10 ID:HFxVc3L20

むろん最後はすっかり性器化したマリヤの尻穴への種付けだ。

こちらに尻を向けさせ、尻穴が良く見えるような姿勢でまずはねだらせる。

                _
 r      .. -‐  ̄ `<   .\
 ヘ    γ               \ \
   Y::7./                \ \
    `.Y                      、 .`>==ー--  .._
     .i      .{             ´             .`.< ̄  ー-
      ',     \         <                     `       >.,
      .ヘ      \     /                             \
      .ヽ        ヽ ,                                   \
        .\     У                           };              .\
            \    ./                           .::.:',
            \ ../                         ,.:.:.:.:.',               ヘ
                y                         ;.:.:.i{:.:.;              ',
                {                         ';.:..}:.:.;              ',
             .i                         ゞ:.ノ                  i
             .|                            ,     ',               }
               ',                           /    i
                ',                        ィ:...    i             /
                ',                       /     Y }              ィ
                 ',                       ノ      :i .i              .i
              ゝ                  ` =イ.`、.___ _ ノ.ゝ              |
               iム、                  /     .i                  i
                    iニ≧ュ、               /i     .l
                   ∨ニニ>  ___        .ィ  |      .|               ,
                   ∨ニニニニニニニ二二二二ii7 ..l      .,                  /
                 〉ニニニニニニニニニニニニニ/   ',     ./                  /
                  /ニニニ>、ニニニニニニニ./    }、........ ∧               ィ
            /ニニニニニニニニー----ニニニノ    \::::::ィニ> __       ...<ニ{
           γニニニニニニニニニニニニニニニニ/         ̄ iニニニニニニニニニニニニニニi
          ./ニニニニニニニニニニニニニニニ>´          .iニニニニニニニニニニニニニ:i
            ./ニニニニニニニニニニニニニ>´               マニニニニニニニニニニニニニニi
           /ニニニニニニニニニニ> ´                   ∨ニニニニニニニニニニニニニ|

『マリヤのぉ、お尻おまんこにぃ、ご主人様のおちんぽくださぁい』


135 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:25:21 ID:HFxVc3L20

ひくひくといやらしくうごめく肛門にペニスを押し当ててやると、マリヤの肛門はまるで自分から
ペニスを飲み込もうとするかのように開いていく。
                                    __
                         /           /  ノ  .ヽ
                     , '             |  `ヽ  |
                      /              |. ┼‐ " .|
                       /               | _ノ こ |
                ..>''"               |  -‐t‐ .|
            >''"´                   | (二   |
           /  _,,-‐‐-..、                | l  ヽ  .!
            ,.-"‐'ミ:::::::::::::::::::::::ヽl/   クチュチュ       | ゝ     |
        /_::::::::::ミミ、::::::::::::::::::::::Y´             | (⌒'⌒) !
   ,, -―''''"二ニ=ヾ、:::::::::::::::::::::ノヽ       u     ヽ.\/ /
-‐''"   : : : ::::::::::::::ミミミヾヽ::://::::}u                ̄ ̄
       : : :::::::::::::::::::::::::::::://::::;:′       u
    -    : : ::::::::::::::::::::://:/    ヾ   ヽ、
:       / /        //ノ    ιヘ\ っ`ヽ、
     / /  ....    / '      ιヘ/ ̄ ̄`'< `ヽ 、,,.._     u
  -‐'" /::::::::::::   /, '′      ヾi       \   ``'ァ-..,,_ u
   -┐l::::    / , '          ノ  (,       イ        ``ー- 、
.      !::    ///             /` \     _人 `'<        、
        , ///            (      `Y´       \
   , , , ////               \     八_      ‐- .,_Y´゙i
  /////                  \__ノ  ≧=- _    、!、人
 / /!                         i        ヽ     ̄`'ー´
/ , '  l                     l , ' ヽ  /  \ て
/  .人                      八.   l / ‐-、 ( \ て


136 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:25:31 ID:HFxVc3L20

大型バイブが簡単に入るまで拡張済みのマリヤの肛門は、僕のペニスを軽々と根元まで飲み込んでしまう。

.  \ \                     /
    \ \                \, '                              _人_人_/ト
     \ \          \/\                              ). .ス   (
 _   l l         ,.・  /\     /l  0 0                      | _ノ ヽ、 .|
  / ∧   ノ    ・ ’ ’  ..>''"     ,-‐'二 こヽ   (ヽ  0 0           ト、_人_j   つ .{
.  ー'     \ つ  >''"´       //,-、! !      ).)              く  _ノ   ─ァ   ゝ
――---_____/___  _っ    ( O ノ.    < <  _          | \    (__  (
:三二ニニ==/― _,,... -―''''""ヾ、    ヽ |   ノン ) ). ヽヽ.  ⊂、ヽ...  |  ,Z、 ,へwへイ
二ニニ==‐, '-―''''"::::::::::::::::::::::::::::つ    じ   レ ⊂ソ  )ノ    ノノ....  |  rノ |
――,, -―''''"二ニ=ヾ、:::::::::::::::::::::::)}       u                      |.l¨7 l¨7|
-‐''"       : : : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::リっ                          | |/ |/ |
           : :/ /:::::::::::::::::::::::::;:ン′       u                   ノ.o  o (
    -      / / : :::::::::::::::::::///, ヾ   ヽ、                       ̄`v-√
:        -‐'" /    : : :::://// ιヘ\ っ`ヽ、
        -┐l::::     /ノノノ,    ヾ;;; / ̄ ̄`'<、,,.._     u
              !::   , '′/       ノ し'{ (,      イ)(``'ァ-..,,_
           / , '/ /       )l /` \    _人 `'<   ``ー- 、
.            //// /          l((     `Y´       \
        , //////              \   八_      ‐- .,_Y´゙i
   , , , ///////             :  ̄    ≧=- _    、!、人
  ////////               i        ヽ     ̄`'ー´
 / /!///                   l , ' ヽ  /  \ て
/ , '/l/                         八.   l / ‐-、 ( \ て
// .人                      ノ  ヽ ノ(    ヽ ) \


137 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:25:46 ID:HFxVc3L20

そのままピギーバック(後背位)でペニスで奥をついてやると、マリヤはペニスの快感に
我を忘れたようにもだえる。

                    _              ト、_人_,从..イ
             /` フ´`≦-、`ー 、_          く  土 ヽ >
             r、//       ヽ  ハ \  r、     ) (丿 )  {
         / /         l  ハ  ハ  X  ヽ     | ーノ-  |
        /  /  l ト   从   /! /! ',   l ノl',ヽ  ヽ  }  'つ   !
 ト、_人_,从..イ  / l /! .l_l∧ ll ハ`/メ、/ノ ',  .!./ lハ ',  ハ  |  /   .|
く       >  l/从.N  ヽl リ レノノ //`!  .l//l l .l  ハ  | /⌒し .!
 ) 糸色  {   レ lヽ,ィ、.l   イ笊芝メ、  l  !- ' l  l   l ) | 干.°{
. |    イ |  ! l仡メ〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.   l  !´〉l从 l    ノ. レ c!、 .|
. | T.頁  .|   !.リ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l  lノリヽ从 !  / )(⌒⌒) .{
. |. , -,  |   l l    r-‐ 、        !  .l八  l .l / ノ. \/ (
. |  _ノ    !  从    l´  ` ハ     l  l、 \∨ /   ̄ノヘ √Y ^ヾ
ノ.  ッ   .|   ヽヽ   ゝ/ ノ 人    /!   !、`ー-`イノ     ヽ
_) i 7 i 7 {   ト \  l__ イ! l} . イ l   l ゝ _ ノ       l
_メ o'  o' (    ∧ ハヽlj__ リ イj´    l  l/           l
 ̄ノヘ √Y ^ヾ      ∨ l       `ヽ.  l  /      l         !


.  \ \\    _   l l      \ /
    \ \\   / ∧  ノ .   \, '\    (ヽ  /.〉0 0
     \ \\ ー'   \  \/\      ヽヽ'゛/    (ヽ  ◎
 _   l l             ,.・  /\        〉/         ).)
  / ∧   ノ     ・ ’ ’  ...>''"         /./         < <
.  ー'     \ つ  >''"´      ∩     ! l      .ノン ) ) ヽヘ ⊂、ヽ
――---_____ \人_人从/ っノ⌒つ ノつ ヽ二二つ .レ ⊂ソ  )ノ   ノノ
:三二ニニ==/― )  _⊥_ ( ""(、ノ)〉ノ/
二ニニ==‐, '-  <.  | 米 | > (⌒ヽっ
――,, -―''''"二ニ=) ‐ 大 ‐ ( ::::::o() つ    u
-‐''"       : : : <  .l -‐  >  ::rヘっ;
   _人_人_/ト  : :/  ) レ (__ (::::::;:(_ノ    ヽ、 u
   ).   |  (  <   ・    > //, ヾ   ヽ、`ヽ、
:  | └┼┘ | '" /  ).  ・   (///  ιヘ/ ̄ ̄`'< `ヽ 、,,.._     u
   | └┴┘ {  l:<   ・   > ,    ヾi       \   ``'ァ-..,,_ u
   |  ─ァ  .|  !::  ). i 7  (     ノ  (,       イ        ``ー- 、
   |   (__  {  <  レ    >    /` \     _人 `'<        、
.  |   ,Z、 .| /// ) O   (     (      `Y´       \
   |   rノ  .{   / W⌒Y⌒`\   \     八_      ‐- .,_Y´゙i
   | l¨7 l¨7 {  //            \__ノ  ≧=- _    、!、人
   | |/ |/  ゝ                  i        ヽ     ̄`'ー´
 /  ) o  o (                     l , ' ヽ  /  \ て
/ , へwへイ                      八.   l / ‐-、 ( \ て


138 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:27:51 ID:HFxVc3L20

僕のスペルマを注ぎ込んでやると、それに合わせるかのようにマリヤも絶頂を迎えた。

     レ'              ,’/
 レ'   l_                 ; , '     /l  0 0
 l_                     ./   ,-‐'二 こヽ (ヽ
     ノ´〉         ,・ ’ /   //,-、! !    〉 >
 ノ´〉   /      ,・ ’ ..>''"     .( O ノ    /./_
  /          .,’>''"´          ヽ |   '‐-、ヽ
            ,’/                  じ  /⌒ヽノ / ⊂、ヽ
          ,’/         _..,,,、_      ヽ ○ /  ノノ o
.       ; , '         T゙、jノ_ ヽ ))     ヽ-‐'       o
      ; /         ι_{`」::..( ノっ     u            o
.     ; /            o ( ⌒ ju
     ;/          __...,,,ノ ,'U        u
       _,,-‐‐-..、っ、 _..-''" ,,-‐''"U.  ヾ   ヽ、
. ,.-"‐'ミ:::::::::::::::::::::::ヽっ ,r''"     ιヘ\ っ`ヽ、、
/_::::::::::ミミ、::::::::;;;;::::::::::',ノu      ι ヘ/ ̄ ̄`'< `ヽ 、,,.._     uu
二ニ=ヾ、::::::::u::::::::::ノ!.          ヾi       \   ``'ァ-..,,_ u
ι:;;;;::ミミミヾヽ::://::::} l.           ノ  (,       イ        ``ー- 、、
_:::::::::::;;:::ι:::::::://::::;:' {         /` \     _人 `'<        、,
 : : ;;::ι:::;;::::://:/し'          (      `Y´       \
       //ノ               \     八_      ‐- .,_Y´゙i
......     / '                \__ノ  ≧=- _    、!、人
:::   /, '                   l i        ヽ     ̄`'ー´
  / , '                          八.   l / ‐-、 ( \’,
 ///                     ノ  ヽ ノ(    ヽ ) \’,


139 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:28:10 ID:HFxVc3L20

ああ、今日もまた日記が一ページ埋まった。

もうしばらくすれば新しい日記帳が必要になるだろう。

         ,. --、   ,.、,z,ァx、__
  r='ェ、,  __/  t-、ヽフy'//,ィ災彡''7
 .乍ニ三三三ミミヽゝヘ_〉'/イ尨r'´   /
  l r-       ``ミヾヽャ'ィ少"   /
  l i         `丁 ̄!     ,'
  !           | ー '!     ,'
  ',        r 、! i! ,!     !
   ',       i^!. ',!  ,ト、  ト、
   ',        ! ヽ \_,! ', ,.r''´ ヽ、
    L______{ヽ `   ,、i´      !
           ゝ _   ,、!      ,!
             ヽ     . -'



一ページ目からを僕とマリヤの事だけで埋め尽くす日記――今から楽しみでしょうがない。

          ,. ‐''"``'' -、
       .r''"       ,>
       ///// ‐ _.,.. ‐''":/
      /////   /::::::::::/
      / /     /:::::::::/   パタン
      / '     /:::::::/´ヽ
     ///    /::::, '-、  ノ
    .///  // /::::/ ,ノ/ヽ
   ./ /    /:::::::ゝ'"  ノ
   ./     /::::::i´、ノ ,/ヽ
  ///  /, /::::::::`ァ‐'"  ,.ノ
  ///  ///::::::::::,へ、,. イ



                                     ┌─  T   ト、 |
                                     | ̄   ⊥  l ヽ!


140 名前:ABN ◆KILLHOfPSQ[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:30:00 ID:HFxVc3L20

以上です。

最初にジャンルを書き忘れてしまいました(汗

それではお邪魔しました。


141 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 06:55:04 ID:BgRNYxBY0

朝っぱらからなんてものを…いいぞもっとおなしゃす!



142 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 07:30:39 ID:4Jjm3yrU0

中々業が深い


143 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 09:58:45 ID:iJKTsS3E0


ジャンルなんなんだろうかこれw
TSではないし男の娘とも違うし肉体改造系に入るのだろうか


144 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 10:05:33 ID:rfHjtuj60

純愛だよ


145 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 11:21:57 ID:4b5a0Bds0


たしかにこれはジャンル分けに困るな


146 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 13:14:59 ID:A9pgyCWQ0

純愛なんだろうか?
ハイスクールのエピソードから復讐だと思って読んでたけど、
日記を書きつけるくらいだから、強い想いはあったのかな

語り手はアメリカのスクールカーストの最下層(ナード?)ととれたので
マリヤの君臨振りと相まって家畜人ヤプーに匹敵する倒錯を感じた


147 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 14:39:24 ID:FzDwcpBw0
純愛やね


148 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 16:08:33 ID:rjxgn6Hg0

苦手なジャンルのはずなんだが話に引き込まれたw


149 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2015/03/15(日) 20:08:20 ID:0buuA.ck0



このシリーズ好きだわ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

雌堕ちいいな……いかにも管理人が好きそうw

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2chまとめランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。